まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

公開まであとわずか!「デッドプール&ウルヴァリン」確認済み&噂のキャラクター49選

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」のこれまでの予告映像や、制作陣、出演俳優らのインタビューから登場が確認されたキャラクターと、その他登場が噂されているキャラクターなどをご紹介。

デッドプールシリーズより

1、デッドプール/ウェイド・ウィルソン

予告に登場済み。

主人公デッドプールを演じるのはこれまで通りライアン・レイノルズさん。米あらすじによるとヒーローを引退して中古車セールスマンとして生計をたてているとの事ですが、予告にもあるようにTVAに連行され、再びスーツを着ることになるようです。

©MARVEL,Disney

ウェイドは「デッドプール2」のポストクレジットシーンで恋人のヴァネッサが生き残る分岐イベントを生み出し、他にも過去を転々とし、様々な時間の枝分かれを生み出しました。ロキと同様にTVAに目をつけられても仕方がない状況です。

予告のウェイドは年配を装うようなカツラを被っていますが、他のキャラクターは時間の経過を演出するような描写は感じられない所は気になるポイント。

誕生会のシーンではヴァネッサやシャッタースターなど「デッドプール2」で死亡したキャラクターが存在しているため、MCUの理論的に考えてウェイドは「デッドプール2」のメイン舞台とは異なるマルチバースに滞在しているようですが、本来そこにいたはずのウェイド(の変異体)がどうなったのか、もしくはこの予告のウェイド自体が「デッドプール2」のウェイドとは異なる人物なのか、実際に映画を見るまではいくつかの疑問が残されています。

2、ヴァネッサ

予告に登場済み。

ウェイドの恋人ヴァネッサを演じるのはモリーナ・バッカリンさん。ずっと再演を望んでいたバッカリンさんですが、昨年のストライキ前は上手くいくかわからないとも語っていました。その後、ストライキ明けには無事に出演出来たと明かしていました。

©MARVEL,Disney

2作目で死亡しましたが、本作のヴァネッサは「デッドプール」1作目や「デッドプール2」の前半で見てきたヴァネッサとは異なる変異体という可能性が強く考えられます。

「デッドプール2」の前半、ヴァネッサが死ぬ直前のシーンでは1作目の「ウェイドは赤が似合う」というやりとりからレッドと呼ぶ(英語版のみ)ようになっていました。そして、二人は赤ちゃんを作ろうとし、子供の名前も考えていました。

予告のヴァネッサはウェイドの事をレッドではなくバディと呼び、会話の内容や仕草もあまり恋人といった感じがしませんし、二人の間に子供がいる様子もありません。

3、シャッタースター 4、コロッサス 5、ドーピンダー

予告に登場済み。

©MARVEL,Disney

左がルイス・タンさん演じるX-FORCEのシャッタースター。シャッタースターの再登場はかなり早い段階でライアン・レイノルズさんが明かしていました。

真ん中が見切れていますが、ステファン・カピチッチさんがX-MENのコロッサスを再演。カピチッチさんはコミコンイベントで公式発表よりも前に再登場をネタバレしていました。

右がカラン・ソーニさん演じるタクシー運転手のドライバーのドーピンダー。一般人ながらデッドプールとは仲が良く、今作でも付き合いが続いているようです。こちらも以前より出演が報じられていました。

6、ユキオ 7、ネガソニック

予告に登場済み。

©MARVEL,Disney

X-MENとしてシリーズに登場していたネガソニックとユキオも再登場。

ブリアナ・ヒルデブランドさん演じるネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド/エリー・フィミスターは1作目から登場。コミックとは外見も能力も大きく異なり、映画ではエネルギーをためて核爆発を起こすミュータントとして活躍。ネガソニックは同性愛者として描かれ、ブリアナさん自身も同様である事を公言しています。

忽那汐里さん演じるユキオはネガソニックの恋人として「2」から登場。コミックではスーパーパワーを持たない暗殺者であり、X-MENというわけでもありませんでした。

ふたりとも約1年前に再登場が報じられていました。

8、ブラインド・アル 9、バック

予告に登場済み。

©MARVEL,Disney

シリーズの名サブキャラとして、レスリー・アガムズさんのブラインド・アル(中央)とランダル・リーダーさんのバック(右奥)も再登場。ブラインド・アルの再登場については約2年前、ウルヴァリン再登場の発表よりも半年近く早い段階で、ライアン・レイノルズさんがほのめかしていました。

10、ピーター

予告に登場済み。

「2」でピーターを演じたロブ・ディレイニーさんも再登場。ピーターは作中で死亡しましたが、エンディングで行われたタイムトラベルによる過去改変でヴァネッサ同様に生存ルートが採用されました。

©MARVEL,Disney

X-MENシリーズより

11、ウルヴァリン

予告に登場済み。

本作のタイトルにも名前があるもうひとりの主人公、ヒュー・ジャックマンさんが演じるウルヴァリン。

©MARVEL,Disney

第2弾予告ではTVAのエージェント・パラドックスが「このウルヴァリンは世界を救えなかった」と発言しており、このウルヴァリンは「X-MEN」から「LOGAN」までで見てきたウルヴァリンとは異なる変異体と考えるのが妥当なようです。

12、パイロ

予告に登場済み。

「X-MEN2」(2003年)でパイロ/ジョン・アラダイスを演じたアーロン・スタンフォードさんが再登場。

©MARVEL,Disney

最初の予告が公開されるわずか一週間前のインタビューで再演について「熟考する必要がある」と答えていたスタンフォードさんですが、実際はすでに撮り終わっていたようです。

13、レディ・デスストライク 14、アザゼル 15、トード 16、カリスト

予告に登場済み。

2ndトレーラーのアントマンのヘルメットのシーンではこっそりと過去のキャラクターが再登場しています。

©MARVEL,Disney

中央のタラップを降りてすぐ左に立っているアダマンチウムの爪を持つ女性がレディ・デスストライク/ユリコ・オーヤマ。

映画「X-MEN2」のヴィランのひとりで、中国系女優のケリー・ヒューさんが演じていました。本作でヒューさんが再演しているかどうかは不明です。7月に公開された公式スティルは、より近くに写っているものの焦点があっていませんが、ぼんやり見える顔立ちはヒューさんではない可能性が高まっています。

タラップの右にいるのが「X-MEN:ファーストジェネレーション」に登場していたアザゼル。赤い肌と尻尾が特徴的です。こちらも当時の演者であるジェイソン・フレミングさんであるかどうかはわかっていません。

左から2番目にいるのがトード。2000年公開の映画「X-MEN」でヴィランのマグニートーが率いるチーム、ブラザーフッド・オブ・ミュータンツのメンバーのひとり。当時はレイ・パークさんが演じており、パークさんは自身のインスタグラムのストーリーを利用して「私は『デッドプール&ウルヴァリン』にいますよ(笑)。寝ている間に誘拐されたに違いないです(笑)」と出演を認めていました。

一番左には「X-MEN:ファイナルディシジョン」のカリストらしきキャラクター。そこでカリストはオメガと呼ばれるチームを率いており、マグニートー率いるブラザーフッド・オブ・ミュータンツと同盟を組んで活動しました。カリストはミュータントの居場所を特定出来る能力を持っており、本作でもヴィランとして登場するのであれば厄介な相手になりそうです。以前の映画ではダニア・ラミレスさんが演じていましたが、本作でどうなるかは分かっていません。

17、セイバートゥース

予告に登場済み。

2009年の映画「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」からリーヴ・シュライバーさんが演じるセイバートゥースが戻ると報じられていましたが、2023年12月、撮影現場で2000年の映画「X-MEN」からタイラー・メインさんが参加している様子が目撃されました。

6月末の予告にも無事に登場しました。

初登場キャラクター

18、パラドックス

予告に登場済み。

TVAのエージェントであるパラドックスをマシュー・マクファディンさんが演じると2023年夏に報じられました。

©MARVEL,Disney

「ロキ」シーズン2の終わりで変異体の剪定任務を放棄するようになったTVAですが、「ロキ」と本作の前後関係は今のところ公式に発表されていません。

シーズン1のTVAは変異体の剪定を任務としていましたが、シーズン2の終わりでは在り続ける者(征服者カーン)の変異体への対処へと任務を変更していました。

パラドックスの発言はデッドプールを剪定しにきたのではなくスカウトしに来たようであり、かつて「ロキ」のプロデューサーが「TVAはマルチバース版のS.H.I.E.L.D.」と発言していた事と合致していますが、一方で予告の中盤から後半にかけてはデッドプールとTVAとの戦闘シーンも含まれており、彼らの間に一悶着ありそうな予感をさせています。

19、カサンドラ・ノヴァ

予告に登場済み。

エマ・コリンさんが演じると報じられているカサンドラ・ノヴァ。本作のヴィランとされています。

©MARVEL,Disney

カサンドラ・ノヴァはプロフェッサーXの双子の妹にあたる人物ですが、母親の胎内で二人は産まれる前に対決し、カサンドラ・ノヴァの肉体はその時に死亡。しかし残った精神が後に実体化してプロフェッサーXを苦しめました。別のユニバースではX-MENとしてヒーロー活動をするなど、幅広い役を持つキャラクターです。

20、ドッグプール

予告に登場済み。

本作に登場するドッグプールは「イギリスで最も醜い犬」の称号をもつペギーちゃん。犬種としてはパグとチャイニーズ・クレステッド・ドッグのミックス犬で、俗に「パグーズ」と呼ばれています。

コミックのドッグプールは単に雑種という設定ですが、容姿は実写版とはかなり異なります。


以上が公式の予告動画から判明している、登場がほぼ確実なキャラクター。マーベル映画の場合は特に予告と本編が違うケースがあるため、確実とは断言できない点は注意が必要です。

以下は写真やインタビュー、目撃情報、噂に基づくキャラクターです。


その他のキャラクター

21、ジャガーノート 22、ブレイド

公式写真より。

6月中旬に公開された公式写真より、ジャガーノートとブレイドが登場しているのではと話題になりました。ただし確定と言えるほど綺麗に大きく写っているわけではなく、役者についても過去バージョンと同一であるかどうか不明です。

ブレイドに関してはウェズリー・スナイプスさんが再演すると報じられた事もありますが、この写真のブレイドとされる人物はそのように見えないのも気になる所です。

23、エレクトラ

制作陣が関与をほのめかしているキャラクター。

2003年の映画「デアデビル」でジェニファー・ガーナーさんが演じていたエレクトラが再登場すると過去に報じられました。この時、ライアン・レイノルズさんが所有する制作会社で本作にも関与しているマキシマムエフォートの公式SNSがこのニュースを祝い、そして即削除しました。ジェニファー・ガーナーさん自身はメディアインタビューで再演を否定しています。

24、デアデビル

現場で俳優が目撃。

2003年の映画「デアデビル」の主演を務めたベン・アフレックさんが撮影現場で目撃された事が報告されていました。2023年の撮影当時、いくらかのスクーパーは俳優が目撃されたにも関わらず、本作にデアデビルは登場しないと報告するという奇妙な現象となっていました。

2024年になってベン・アフレックさんは別のキャラクターで別の作品で何らかの話し合いが行われているとも報じられています。

25、ハッピー・ホーガン

噂のキャラクター。

本作にジョン・ファブローさんがハッピー・ホーガンとしてキャストされていると報じられた事がありました。ファブローさんは2008年の「アイアンマン」からハッピーを演じていますが、それ以前には2003年の「デアデビル」でフォギー・ネルソンを演じていた事もあり、「もしかすると」とも考えられています。

26、アイアンマン

予告に登場済み?

第2弾予告に登場している車両のエンブレム部分がアイアンマンの顔になっています。

©MARVEL,Disney

トニー・スタークの変異体をロバート・ダウニー.Jrさんが演じ直すのではとも考えられていましたが、その計画は断念されたとも報じられています。

27、メビウス・M・メビウス

撮影現場近くで目撃。

2023年7月、「デッドプール3」撮影現場近くで、ドラマ「ロキ」でメビウスを演じているオーウェン・ウィルソンさんが目撃されました。その後のスクーパーの報告によると、本作にメビウスは登場しないとするものが多いですが、本作にTVAが密接に絡んでいる事を考えると果たしてどうなるのでしょうか。

28、ソー

限定予告で登場済み。

以前にソーを演じるクリス・ヘムズワースさんが「デッドプール3」にカメオ出演したいとも明かし、「デッドプール3」の脚本家も実現すればクールだと語っていました。

2024年のシネマコンのイベント会場限定で公開された「デッドプール&ウルヴァリン」のプロモーション動画に、クリス・ヘムズワースさんが演じるソーが登場した事がイベント参加者から報告されました。

これは本作向けに撮影された映像ではなく、「マイティー・ソー/ダーク・ワールド」の映像にデッドプールを合成した動画である事が判明、クリス・ヘムズワースさんはこの予期せぬ再登場について「マジでクール」とインタビューで語っています。

なお、これが本編映像であるという保証はありません。

29、プロフェッサーX 30、マグニートー 31、ワンダ

撮影済み?

2023年にプロフェッサーX役のパトリック・スチュワートさんが「デッドプール3」への参加を認め、2024年にはインタビュアーの「会えるかもしれないと思っています」とのコメントに「そうなるでしょう」と返し、「プロセスはあった」と撮影が終了している事をほのめかしていました。

それだけでなく、パトリック・スチュワートさんは以前に、マグニートーを演じたイアン・マッケランさんが戻ってくる事も示唆していました。

一方でスクーパーは当初の計画にこれがあった事は認めつつも、2024年6月時点で少なくともマグニートーとワンダは登場しないと報告しています。

32、ビースト 33、ローグ

噂話。

「デッドプール3」にヒュー・ジャックマンさんのウルヴァリンが再登場する事が公式発表されてすぐ、アンナ・パキンさんが演じるローグを呼び戻すのが次の目標のようだと報じられていました。しかし、2022年12月の第一報以降、続報はありません。

また、ビーストを演じていたニコラス・ホルトさんが2020年ごろから再演の意欲を示しており、「マーベルズ」でケルシー・グラマーさん演じるビーストが戻ってきた事で、どちらかのビーストが本作に登場するのではないかとも噂されています。

34、ジーン・グレイ 35、サイクロップス 36、ストーム

噂話。

映画「X-MEN」の初期三部作に出演したジーン・グレイ役のファムケ・ヤンセンさんは 2024年4月 に噂を否定。

2024年3月、サイクロップスとして共演したジェームズ・マースデンさんは「デッドプール3」の撮影時期に近くで別の映画を撮影していた事を認めました。彼はかなり以前からサイクロップス再演に対する強い意欲を見せており、一日程度で撮影が終わるような小さなカメオであれば十分に実現する可能性があるようです。

同じく共演者であるストーム役のハル・ベリーさんも以前より再演を強く希望。SNS上の彼女の写真が長年金髪だったにも関わらず、本作の撮影開始と共にストームと同じ銀髪になっている事で撮影に参加しているのではないかと噂されるようになりました。

しかし、最近になってハル・ベリーさんが出演する「The Union」の予告が公開され、これと同じ姿をしている事が明らかとなり、関係なかったとの見方が強まっています。

37、ヘッドプール 38、キッドプール 39、ベイビープール

グッズから判明済み。

デッドプールの変異体にあたるヘッドプールとキッドプール、ベイビープール。

キッドプールは「デッドプール&ウルヴァリン」のショーン・レヴィ監督の作品「アダムプロジェクト」(邦題:アダム&アダム)でライアン・レイノルズさんと共演した子役のウォーカー・スコベルくんが演じているのではと噂されています。

ヘッドプールは2009年の映画「X-Men Origins: Wolverine」(邦題:ウルヴァリン X-MEN ZERO)に登場したウェイド・ウィルソンの首だと噂されている事から、ライアン・レイノルズさんが演じていると推測されています。

40、レディ・デッドプール

予告に登場済み?

これまでの公式予告の中で、通常のデッドプールと異なるデッドプールの身体の一部が登場しており、コミックの女性版デッドプールであるレディ・デッドプール(レディプール)が登場するのではと考えられています。

©MARVEL,Disney

誰が演じるかについてはスクーパー達も意見が分かれており、ブレイク・ライブリーさん、テイラー・スウィフトさん、モリーナ・バッカリンさんらが主要な候補者となっています。本作で最も強固に守られている秘密のうちのひとつと言えます。

41、サムライプール

撮影現場で目撃。

撮影現場で見たことのないバージョンのデッドプールが目撃されていましたが、その後約半年にわたって続報がありませんでした。しかし最近になってモバイルゲーム向けのアートとして公式に紹介されたことで、没にならずに映画本編にいるのではと期待されています。

42、ダズラー

噂話。

レディ・デッドプールの噂と並行して、テイラー・スウィフトさんがX-MENのメンバーであるダズラーを演じるのではないかとの噂があります。

この噂はとても古い噂を発端にしていて、「デッドプール」1作目と同じ2016年に公開された20世紀FOXの映画「X-MEN:アポカリプス」にマーベルユニバースにおけるミュータントの歌姫、X-MENのダズラーをテイラー・スウィフトさんが演じると報道された事がありました。

この噂はスウィフトさんのファンとマーベルファンの双方に火を点けましたましたが、この噂は実現する事なく、ダズラー自体も登場する事はありませんでした。ダズラーはその後の映画「ダークフェニックス」にてハルストン・セイジさんが演じました。

そして2023年に入り、「デッドプール3」に今度こそ登場するのではないかとされる中、10月にテイラー・スウィフトさんとショーン・レヴィ監督、ライアン・レイノルズさん、ヒュー・ジャックマンさんらが一緒にNFLを観戦する様子が目撃されました。

さらに2024年4月にリリースされたテイラー・スウィフトさんのアルバムの楽曲のひとつにダズラーの原形となるdazzleというワードが歌詞になっていると指摘された他、マーベル公式が一度ならず二度までもこの噂をいじっており、根強いものとなっています。

これに関してスクーパーの意見は分かれており、スウィフトさんは「レディ・デッドプールを演じている」「ダズラー役だ」「本人役として登場する」「そもそも出演自体がなくなっている」と報じられており、これも真相がよくわかっていません。

43、ウルヴァリン変異体

予告に登場済み?

最初の予告にはコミックのウルヴァリンの仮の姿であるパッチの後ろ姿が映されていました。

コミックではあくまで変装中の姿でしたが、この映画では変異体という扱いでヒュー・ジャックマンさんではない別の俳優が演じるとスクーパーは報告しています。

さらにマーベル・インディアがバレンタインに公開したポスター(現在削除済み)は予告のウルヴァリンと手袋が違うということで、パッチの他にもウルヴァリンの変異体が登場する事をほのめかしていました。

「LOGAN」の後、ヒュー・ジャックマンさんはウルヴァリン役の引退を公言しており、その間に後継者として立候補する俳優は数多く現れていました。

そのうちの誰かが登場する可能性はあるのでしょうか。

44、スー・ストーム 45、ジョニー・ストーム

噂レベル?

「ファンタスティック・フォー」からスー・ストームとジョニー・ストームの姉弟が登場すると過去に報じられています。

具体的には20世紀FOX制作の映画「ファンタスティック・フォー 超能力ユニット」(2005年)からクリス・エヴァンスさんとジェシカ・アルバさんが再演すると、2024年4月に報じられ、最新の脚本に残っている可能性は高いようです。なお、ジェシカ・アルバさんは再演に意欲を示し、クリス・エヴァンスさんもスティーブ・ロジャース再演は難しいとしつつもジョニー・ストームならと話していました。

しかし同時期に、2015年の映画「ファンタスティック・フォー」でジョニー・ストームを演じたマイケル・B・ジョーダンさんがデッドプール最新作の予告動画を共有し、それに対してヒュー・ジャックマンさんがリアクションするという奇妙なやり取りがSNS上で発生しました。

クリス・エヴァンスさんはMCUでキャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャースをマイケル・B・ジョーダンさんさんはブラックパンサーのヴィランであるエリック・キルモンガーを演じていましたが、彼らが昔の役割で戻って来る事になるのでしょうか。

46、X-23 47、ガンビット 48、ハンターB-15

噂レベル。

「LOGAN」でX-23/ローラを演じていたダフネ・キーンさんは以前から再演を希望しており、オファーがあればすぐに承諾すると話していました。(関連記事一覧はこちら

しかし、2024年6月に入ってからは出演できない事は悲しいと噂を否定するようなコメントを発しています。

そしてダフネ・キーンさんとは別に、X-23の成長したバージョンをナタリア・テナさんが演じるとも報じられています。

また、X-23と同じく、20世紀FOX時代にスピンオフ映画の計画があった「ガンビット」について、主演予定だったチャニング・テイタムさんが本作に登場するとされています。

「ガンビット」は撮影開始寸前まで開発が進んでいましたが、ディズニーが20世紀FOXを買収したタイミングで計画は白紙に。以降、チャニング・テイタムさんはあまりのショックにしばらくマーベル・アレルギーになっていたと過去のインタビューで話しています。

チャニング・テイタムさんとヒュー・ジャックマンさんがSNS上で交わしたやり取りから、この噂も実現するのではと見られていますが、テイタムさんにとって「デッドプール&ウルヴァリン」は治療薬となるのでしょうか。

そして、「ロキ」からTVAのハンターB-15をウンミ・モサクさんが再演するとも報じられています。TVAからはメビウスも再登場候補になっていますが、ドラマ「ロキ」で親しんだ誰かのうち一人ぐらいは本作に登場するのか、注目です。

49、ハルク

試写で登場か。

コミックで人気の対戦カードであるウルヴァリン対ハルクをベースに、実写での再現がMCUが始まる以前から期待されていました。デッドプールとウルヴァリンがMCUに合流したことでこれに対する期待がさらに大きくなっていますが、上海で行われた公式ファンイベントで上映された映画の冒頭40分の中でこれが実現していると報じられています。

ただし、コミック通りを期待してはいけないともされており、それはまた別の作品で描かれるだろうとも言われています。


おまけ

本作の撮影現場の写真が初めてリークされた際、ライアン・レイノルズさんがミッキーマ◯スやプレデターの登場をほのめかしていました。

この投稿に対してプレデターの監督も追加の投稿をしていました。

さすがにこれらはジョークだと考えられていますが、はたして・・・。

sponsored link
 

映画「デッドプール&ウルヴァリン」は 2024年7月26日 に劇場公開予定です。

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ジェームズ・ガン監督は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」を2023年のつもりで制作していたと明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」のジェームズ・ガン監督が、自身の Threads にて、本作の時系列 …

【噂話】映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のガルガントスはシュマゴラスかもしれない?

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のトレーラーが公開され、謎のタコ型モンスターに注目が集まっています。 …

「シャン・チー」は早くも次の舞台へ、主演シム・リウさんがほのめかす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の主演シム・リウさんが、海外メディア RadioTimes とのインタビューの中で、は …

ディズニー、マーベル・スタジオがファンタスティック・フォーとヤングアベンジャーズを進行中か ─ 新設された制作会社が判明

ディズニー及びマーベル・スタジオが「ファンタスティック・フォー」と「ヤングアベンジャーズ」の計画を進行中であると、海外スクーパーの Murphy’s Multiverse が報じました。複 …

映画「マーベルズ」のキャプテン・マーベルはアイアンマンと同じ道を辿るのか

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」のファイナルトレーラーが先日リリースされて劇場公開を控えるのみとなった中、海外メディア WGTC は本作の中で …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。