まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「デッドプール&ウルヴァリン」、新予告でセイバートゥースと対決

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」の新たな予告動画「Old Bubs」が公開されました。この予告では、20世紀FOXが2000年に公開した映画「X-MEN」からタイラー・メインさん演じるセイバートゥースが紹介されています。

2023年9月、映画「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」(2009年)でセイバートゥースを演じたリーヴ・シュライバーさんが戻ってくると報じられていましたが、12月になって撮影現場では今回の予告に登場したタイラー・メインさんの姿が目撃されていました。

今回の予告のタイトルのようにウルヴァリンとセイバートゥースが兄弟分として描かれたのは「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の方ですが、今回はそうではない方の再登場ということになるようです。

コミックのセイバートゥース/ヴィクター・クリードはウルヴァリンの宿敵の一人であり、ウルヴァリン同様に、ヒーリングファクターによる超回復能力と、アダマンチウムの爪、そしてセイバートゥースはそれに加えてアダマンチウムの牙を武器としています。

能力と戦闘スタイルがウルヴァリンと酷似している事から、コミックでは一時期、セイバートゥースはウルヴァリンの父親という設定もありましたが、これは捏造された記憶であり、現在は事実でない事が確定しています。

タイラー・メインさんが「X-MEN」で演じたセイバートゥースは特にウルヴァリンとの因縁が描かれることもありませんでしたが、「デッドプール&ウルヴァリン」のセイバートゥースの変異体との間にはどのような化学反応を見せてくれるのでしょうか。

「デッドプール&ウルヴァリン」の米公式あらすじは以下の通りです。

中年の危機を経験しながら職業上の挫折に直面した後、ウェイド・ウィルソンはデッドプールを正式に引退し、中古車のセールスマンになることを決意しました。しかし、友人、家族、そして全世界が危険にさらされているとき、デッドプールは引退生活から刀を持ち出すことを決意する。彼は、自分たちの生存だけでなく、最終的には彼らの遺産のために戦うために、消極的で警戒心のあるウルヴァリンをスカウトします。

本作はライアン・レイノルズさん(デッドプール)とヒュー・ジャックマンさん(ウルヴァリン)に加え、 「デッドプール」シリーズからカラン・ソーニさん(ドーピンダー)、レスリー・アガムズさん(ブラインド・アル)、モリーナ・バッカリンさん(ヴァネッサ)、ステファン・カピッチッチさん(コロッサス)、ブリアナ・ヒルデブランドさん(ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド)、忽那汐里さん(ユキオ)、ロブ・ディレイニーさん(ピーター)の再登場が確認されています。公開されている公式予告では他にも多数の再登場キャラクターが確認されています。

sponsored link
 

そしてエマ・コリンさんがヴィランのカサンドラ・ノヴァを演じています。

ショーン・レヴィ監督のもと、脚本はライアン・レイノルズさん、レット・リースさん、ポール・ワーニックさん、ゼブ・ウェルズさんらが手掛けました。

映画「デッドプール&ウルヴァリン」は 2024年7月26日 に米劇場公開予定、日本は 2024年7月24日 に世界最速公開です。

-映画
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

「アベンジャーズ・アッセンブル!」、OSCARS CHEERMOMENTに「アベンジャーズ/エンドゲーム」と「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」がノミネート

アカデミー賞2022から新しく設けられた「OSCARS CHEERMOMENT」にノミネートされた5作品が発表され、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」 …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、ネイモア役テノッチ・ウエルタさんがネタバレしそうになる

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」に出演するテノッチ・ウエルタさんが、海外メディア Deadline とのインタビュ …

映画「デッドプール3」には20世紀FOXのマーベル映画が関係している事を監督が認める

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」のショーン・レヴィ監督が、海外メディア Total Film とのインタビューの中で、「デッドプール3 …

映画「スパイダーマン:NWH」脚本家がドラマ「ロキ」との関係について言及

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の脚本を担当したエリック・ソマーズさんとクリス・マッケナさんが、海外メディア The Wrap とのインタビ …

映画「クレイヴン・ザ・ハンター」のカメレオン役キャスティングが報じられる

ソニー・ピクチャーズが制作を予定しているSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「クレイヴン・ザ・ハンター」にフレッド・ヘッキンジャーさんが参加すると、海外メディア Deadline が報 …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。