まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ヒュー・ジャックマンさんの後任、新ウルヴァリン役の一番人気はタロン・エジャトンさんに

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」の劇場公開まで約一ヶ月となり、ヒュー・ジャックマンさん演じるウルヴァリンが大スクリーンに久しぶりに戻ってくる日が近づいています。

しかし、ジャックマンさんのウルヴァリンはMCUでそう長くは続かないと見られており、新たなウルヴァリンが導入されると以前から考えられています。

この後任の俳優を巡って、SportsCasting.com はオッズリストを公開。映画「キングスマン」などの主演を務めたタロン・エジャトン(タロン・エガートン)さんが一番人気となっている事を報告しました。

俳優オッズ
タロン・エジャトン+200
トム・ハーディ+300
スコット・イーストウッド+500
ヘンリー・カヴィル+800
ジェレミー・アレン・ホワイト+800
チャーリー・ハナム+900
ジェイミー・ドーナン+1000
ザック・エフロン+1600
ダニエル・ラドクリフ+2000
カール・アーバン+3300

2022年7月、エジャトンさんはマーベル・スタジオと面会した事を認めつつウルヴァリン後任の噂について言及。しかし、「デッドプール3」にヒュー・ジャックマンさんが復帰する正式発表を経た2023年、ウルヴァリン役への興味を失いつつあると話していました。

ヒュー・ジャックマンさんとタロン・エジャトンさんは映画「イーグル・ジャンプ」(2016年)で共演。当時、ジャックマンさんは「タロンは最も才能のある俳優の一人で、彼の演技の幅は驚くほど広い」と英Empire誌にて称賛、一方でウルヴァリン役について「もう少し我慢して待たないといけないね」と将来的にバトンタッチする気持ちである事も明かしていました。

sponsored link
 

「ローガン」以降、ずっと次の俳優に役を譲りたいと発言してきたヒュー・ジャックマンさんでしたが、最近のインタビューではずっと役を手放したくなかった、もう一度やりたかったと内心辛かった事を明かし、「デッドプール&ウルヴァリン」での復帰はヒュー・ジャックマンさんの逆オファーのような形で実現した事も明かしています。

「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」がウルヴァリンの世代交代のタイミングになるのではと考えられていますが、実際にどうなるのか、そして誰になるのか、まだしばらくの間のんびりと待つ必要がありそうです。

ソース:Who Will Play Wolverine After Hugh Jackman? Taron Egerton Tops The List

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」の海外レビューが公開

ソニー・ピクチャーズ制作のアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」が海外批評家向けに上映され、レビュアーたちは各々の感想をSNSを通じてシェアしています。 ※これより先は「スパイダ …

映画「インクレディブル・ハルク」監督がキャンセルされた2と3の内容の一部を明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「インクレディブル・ハルク」のルイ・レテリエ監督が、海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で、当初製 …

トム・ホランドさん、MCU版「スパイダーマン4」のアイデアをマーベル・スタジオに伝えたと語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の米公開が来週に迫る中、主演のトム・ホランドさんが海外メディア Fandom とのインタビューの中で、既に次 …

映画「ブラックウィドウ」日本でも10月6日からディズニープラス見放題配信開始

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」が米国における配信日と同じ2021年10月6日であることが発表されました。MCUフェーズ4の最初の映画で …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」から削除されたストレンジとアメリカ・チャベスの理由が判明

ソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオによるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン・ノー・ウェイ・ホーム」では歴代の3人のスパイダーマンが揃うというサプライズが含まれて …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。