まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

コミック

マーベルがデッドプールの死を宣告

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベルコミックはMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」の劇場公開に先立ち、コミック「デッドプール #6」のリリースを予告しました。そして、この最新号にてデッドプール/ウェイド・ウィルソンが死亡する事を明らかにしました。

コーディ・ジグラーさんとロジェ・アントニオさんによる本シリーズではデッドプールの娘が復帰し、デスグリップというヴィランが呼び戻されました。

マーベルコミックの公式 X はこのシリーズの最新号となる #6 のカバーイラストを投稿。

デスグリップの手がデッドプールの胸を貫く画像には、「これは新時代の最初の号であり、デッドプールを今殺すのは正気の沙汰ではありません。だからこそ、私たちはそうするのです。」とテキストが込められています。

ライターのコーディ・ジグラーさんは死を探求するヴィランのデスグリップについて「ネタバレは避けますが、ウェイドは不死身で、何に対してもかなり自由放任主義的な態度をとっています。デス・グリップはそういったことにユニークなアプローチをするキャラクターです」と説明。

sponsored link
 

「彼は、このシリーズの後半で詳しく取り上げますが、ドクター・ストレンジのようなアカデミーで神秘の術を学んだ人物です。ただ、彼は落第しただけです。彼は神秘的な要素とシャン・チーやアイアン・フィストの能力の一部を組み合わせたような人物です」

「神秘的な能力の片鱗を持ち、また格闘技の腕前も持ち、死を追い求め、死の化身を見つけるという概念を軸にカルト的な宗教を築き上げたデスグリップにとって『不死身』な人物よりも魅力的なものは何か。この対立の多くは、デスグリップが不死身な人物から何を学べるかを模索することに基づいています。もしあなたの人生における追求が殺人的な格闘技を学ぶことなら、一見殺せないような人物を相手に練習するより良いことなどあるでしょうか?」

サノスの呪いによって死ぬことが出来なかったデッドプールが何故死んでしまうのか、2024年9月のコミックリリースで明らかになるようです。

-コミック
-,

執筆者:

関連記事

コミック「エイリアン」の新シリーズが2021年3月からスタート

今年の初めにマーベルは映画「エイリアン」シリーズに基づいた新たな物語の開始を発表していましたが、今回、2021年の3月からオンゴーイングシリーズとして開始されることを発表しました。ライターのフィリップ …

マーベル・コミックスが新たなキャプテン・アメリカとなる黒人女性ニシェル・ライトを発表

マーベルが7月発売の「ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・キャプテン・アメリカ」#2 で新たに黒人女性のキャプテン・アメリカが誕生する事を発表しました。キャプテン・アメリカとなるニシェル・ライトは、「セ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のガルガントスはやはりシュマゴラスらしい

マーベルは「シュマ=ゴラス」という名前について権利を保有していない事が明らかになったと、海外メディア Comicbook.com が独占として報じました。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース) …

舞台は日本へ!コミック「X-MEN LEGENDS」でウルヴァリン再び

2021年9月の「X-MEN レジェンズ」 #7で、伝説的なクリエイターであるラリー・ハマさんが、90年代のウルヴァリンを再訪する事が発表されました。アーティストのビリー・タンさんが加わり、ウルヴァリ …

「ジーン・グレイ #2」、ウルヴァリンが新たなダーク・フェニックスに

マーベル・コミックスは、「Fall of X」の一部である「ジーン・グレイ #1」を先週発売し、オルキスによるヘルファイア・ガラへの攻撃中に残酷な死を遂げた後のジーンの物語を続けています。ジーンの精神 …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。