まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

コミック

マーベルが新シリーズ「リージョン・オブ・X」の詳細を発表

投稿日:

マーベルが新たなX-MENコミックシリーズ「リージョン・オブ・X」の詳細を発表しました。ライターのサイモン・スプリエさんとアーティストのジャン・バザルドゥアさんによって描かれるこのシリーズでは、春からスタートするX-MENの新時代「デスティニー・オブ・ X」の一環として、「ウェイ・オブ・X」から続くナイトクローラーが新たなチームを結成します。

sponsored link
 

「X-MEN LEGACY」や「X-FORCE」などの作品を手掛けたスプリエさんが、「WAY OF X」で築いたサーガに再び登場。 クラコアに平和と愛と正義をもたらすために、ミュータントたちの人気チームが、バザルドゥアさんの素晴らしいアートワークでクラコアの美しさと神秘性を完璧に描き出します。クラコアがこれまでに直面した最も危険な内的脅威のうち、リージョン・オブ・Xだけが対処可能な脅威を見ることができるのです。

©MARVEL

公式概要は次のとおり。

ミュータントの聖域であり続けるために、クラコアはその平和を損ない、人々にトラウマを植え付ける者から身を守らなければなりません。失われたものは見つけなければならず、邪悪なものは償い、または報復を受けなければなりません。その火種を絶やさぬよう、魂の剣客ナイトクローラーと、オメガレベルのミュータント軍団が、祭壇と呼ばれるサイケデリックな精神空間でユニークなチームを受け入れることになります。魔法のような若きX-MAN、ピクシー、一騎当千のジャガーノート、最近復帰した謎に満ちたブラインドフォールド、X-MEN専属の超天才ドクター・ネメシスなど、Xフェイバリットたちが集結し、リージョン・オブ・Xはミュータントが幸福と希望を追求する権利を守るために何でもするのです。行方不明のアラッキの神の捜索、無実のミュータントに憑依するスキンジャッカー、祈るに値する悪役など、クラコアがこれまでに直面した最も激しいミッションでチームは門を叩くことになります。
リージョン・オブ・Xがミュータント族の心と魂をむき出しにし、X-MENの象徴的ローグギャラリーに新たに加わるエキサイティングな仲間たちに会うよう備えましょう。

スプリエさんは「マーベル・ユニバースで初めて、このように超人たちが密集し、美しく、そして不安定に、表に出て、一箇所に集まっているのです。確かに平和維持軍は必要ですが……彼らを単なる警官と考えるのは間違っています。クラコアでは、人を殴ったり、銃に手を伸ばしたりすることが想像の限界であっては、遠くへ行くことはできません。ミュータント文明には、違う考えを持つ者が必要なのです。ナイトクローラー、リージョン、ピクシー、ジャガーノートなど、お気に入りのミュータントや非ミュータントのキャストが交代で登場するのです。さらに新キャラクターも登場し、目が離せません。この新しいタイトルを、素晴らしいジャン・バザルドゥアと一緒に指揮できることを、私はこれ以上ないほど光栄に思っています。X-officeの作家たちが、この業界で最も緊密な、タイトルを超えた創造性を付加する細胞を形成していることは、周知のとおりです。リージョン・オブ・Xで遭遇する出来事は、ドミノ倒しであり、その連鎖は現代のコミック界で最大の地震を引き起こし、それは今まさにあなたに向かって壊滅的な音を立てている、といっても過言ではないでしょう。」とコメントしています。

クラコア最強のプロテクターたちが登場する「リージョン・オブ・X #1」は 2022年4月20日 より発売予定です。

ソース:公式

-コミック
-

執筆者:

関連記事

ウェポンプラス計画について、あなたが知っていること、知らないこと

あなたはウェポンプラス計画についてご存知でしょうか? FOX制作の映画「X-MEN」シリーズのおかげで、ウェポンXについてはご存知の方も多いハズ。このXとはX-MENのXではなく、ローマ数字の十のこと …

コミック「S.W.O.R.D.」の新シリーズが発表─イベント「X・オブ・ソーズ」のスピンオフ

マーベルはX-MENのイベント「X・オブ・ソーズ」のスピンオフとして「S.W.O.R.D.」を発表しました。ライターのアル・ユーイングさんとアーティストのヴァレリオ・スキッチさんによって描かれます。「 …

マーベルがコミック「キャプテン・カーター」のソロシリーズと新コスチュームを発表

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ…?」(2021年)に登場したキャプテン・カーターがコミックでソロシリーズ化されることをマーベ …

コミック「エイリアンズオムニバス」発売決定 ─ オリジナルのコミックも収録

「エイリアン」フランチャイズの象徴的で恐ろしい世界を舞台としたクラシックコミックの物語が、2021年4月に「ALIENS OMNIBUS Vol.1」として発売されることが発表されました。 spons …

マーベル社のオフィスに描かれたアレックス・ロス氏による壁画の制作過程が公開

伝説的アーティストのアレックス・ロスさんが描く、マーベル社オフィスにある壁画の制作過程をおさめた動画が公開されました。 sponsored link   このアートは9月から「タイムレス」ヴァリアント …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。