まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

コミック

コミック「シークレット・インベージョン」の続編が発表

投稿日:

マーベルは2008年に制作されたコミック「シークレット・インベージョン」の続編を発表しました。ライターのライアン・ノースさん、アーティストのフランチェスコ・モビリさんが共に、この限定シリーズイベントを担当すると報じられています。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)では前作を原作とするディズニープラスシリーズが現在撮影中です。

sponsored link
 

IGNとライアン・ノースさんのインタビューの中で、ノースさんは「それは最初のものと同じマーベルユニバースで行われ、物語の中で誰もが最初のものが起こったことを覚えているという点で続編ですが、彼らはすべてその冒険から学んだと彼らはエイリアンの侵略者に地球を失うところ、それが2回同じように行くのを見ることに興味を持っていないので、それは独立した物語のようなものです。」と語っています。「もちろん、これを楽しむために2008年シリーズのどれかを持っている必要はありません。本はあなたが知る必要があるすべてを教えてくれます。しかし、あなたが前作を持っている場合、あなたがキャッチするいくつかの小さなコールバックがあります。」と述べました。

©MARVEL

また、ノースさんはこの新作がマリア・ヒルの物語になると明かしました。「私は彼女を、自分の仕事をこなす有能でとても賢い女性、それも変身するエイリアンの侵略から地球を守ることができる女性だと考えています。私が興味を持ったのは、もし、A)地球が以前にスクラルが何をしたかを知っていて、B)それからの時間を使って準備した場合、エイリアンの侵略ストーリーがどう展開するのか見ることです。」と説明しています。

続けて「アベンジャーズVSアベンジャーズというよりは、どんなに資金力のある最高のシステムでも、想定外の負荷がかかったり、人間の基本的な性質が原因で故障することがあるということを探る物語です。とはいえ、この作品にはアベンジャーズとアベンジャーズの殴り合いがあるので、陰謀と崩壊のエキサイティングな物語と、クールなヒーローとのクールな戦いの両方の長所があると言えるでしょう。」とコメントしました。

その他の詳細としては、アイアンマンがマリア・ヒルとニック・フューリーと組んでスパイゲームをすること、ノースさん曰く「この終わり方はかなり面白い方法で現状を変える」、そしてファンに人気のあるシークレット・ウォリアーズは続編には参加しないが、「しばらく見ていなかった90年代の別のチーム、このチームが少しリバイバルする」・・・と新作の内容を少しだけ明かしました。

ソース:Secret Invasion: The Skrulls Return in Sequel to Marvel’s 2008 Crossover

-コミック
-

執筆者:

関連記事

サンディエゴ・コミコン2020が開催中止の可能性が浮上 ─ オンラインでの開催も検討

毎年、アメリカ/サンディエゴで開催されていた「サンディエゴ・コミコン」が中止になる可能性が出てきました。 夏の恒例行事となっていたコミコンは、2020年も7月に開催が予定されていましたが、新型コロナウ …

ウェポンプラス計画について、あなたが知っていること、知らないこと

あなたはウェポンプラス計画についてご存知でしょうか? FOX制作の映画「X-MEN」シリーズのおかげで、ウェポンXについてはご存知の方も多いハズ。このXとはX-MENのXではなく、ローマ数字の十のこと …

マーベルがコミック「プレデター オムニバス」を発売 ─ カバーも公開

マーベルが「エイリアン オムニバス」につづいてコミック「プレデター オムニバス」を発売することがわかりました。2021年の夏に米国で出版予定で、プレデターのマーベルデビューに備えて、レガシーな体験をす …

コミック「テック・オン・アベンジャーズ」の邦訳版が12月より配信開始、単行本は2022年夏発売

2021年8月に米国で発売されたマーベル・コミックスと日本の TAMASHII NATIONS のコラボコミック「テック・オン・アベンジャーズ」の日本語版の発売が発表されました。ライターのジム・ザブ氏 …

マーベルが「エンター・ザ・フェニックス」のイベントの後に世界の再生を示唆

マーベルの編集者トム・ブレブールト氏が先日開催されていたCCXP(コミコン・エクスペリエンス)でのサプライズパネルで、マーベル・ユニバースの次の段階を説明するために「再生」という用語を使用しました。 …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。