まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「エターナルズ」、コミックからの性別変更について「チームは人類の縮図にしたかった」と説明

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」の記者会見に登場したスタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏とクロエ・ジャオ監督が、今作の映画においてエイジャックとマッカリがコミックから性別を変更された事について理由を述べました。

sponsored link
 

ジャオ監督はプロジェクトに参加する前からこの変更が決まっていたことを明かしました。

私が最初にこのプロセスに参加したとき、ケヴィン、ネイト(マーベル・スタジオのプロデューサー)、そしてマーベル・スタジオのチームがまとめたと思われるトリートメントを読みましたが、それら(性別変更)の決定はすでになされていました。
私がこの映画に惹かれた理由のひとつは、ただ単にキャラクターの性別を入れ替えるだけではなかったことです。チームのリーダーが母親代わりになるなど、非常に具体的に選ばれていて、その決定はわざわざなされた意味のあるものなのです。

監督はこれらの変更が昨今よく見られる平等論に合わせた適当な変更ではなく、それぞれに意味があった事を説明しました。

また、ファイギ社長はエターナルズが「人類の歴史」をテーマにしているため、「人類の縮図」に似た多様なヒーローを登場させることが重要であると説明しました。

ネイトがこのプロジェクトのために提唱していたように、人類の歴史を描くには、ヒーローが人類の縮図のように見えなければなりません。それが目標でした。

さらに、キンゴを演じた俳優のクメイル・ナンジアニさんは、エターナルズの多様性を扱った監督の方法が興味深いとコメントしました。それは「主張をするためではなく」、「物事が常にそうであった」ことを示すためであり、それは「極めて自然なことだと感じた」と述べています。

クロエが私たち全員に指示した方法で、1つ言っておきたいことがあります。もちろん、キャストやチームの多様性については、私たちもよく話しています。しかし、彼女のアプローチの仕方はとても興味深く、それは主張をするためではなく、『物事は常にこうあるべきだった』と言うためのものでした。極めて自然な感じがしました。

コミックに登場するエターナルズはほとんどが男性でしたが、映画においては男女5人ずつと均等なバランスとなりました。そしてテーマでもある多様性の表現のひとつとして、一部キャラクターは性的嗜好を変更、チームメンバーを演じる俳優には様々な人種から起用されました。

今回、映画化にあたってエイジャックとマッカリが男性から女性へと変更されましたが、コミックではそれに合わせて二人が死亡から復活した際に女性の身体へと変更されました。

コミック、映画ともども新たな外観となるエターナルズの活躍が始まることになります。

映画「エターナルズ」は 2021年11月5日 公開予定です。

ソース:MCU Boss Speaks on Gender-Swapped Characters In Eternals Movie

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

カマラの母親役女優がInstagram更新するも即削除、映画「ザ・マーベルズ」出演か

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ミズ・マーベル/カマラ・カーンの母ムニーバ・カーンを演じる女優のゼノビア・シュロフさんがInstagramを更新するも即削除し、話題となってい …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、米国ディズニープラスの配信日が報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」の米国におけるディズニー …

米国のディズニーショップに映画「ヴェノム2」のグッズが登場し、海外ファンの間で話題に

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 米国のディズニーオンラインショップに、ソニー・ピクチャーズ制作の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のグッズの販売が開始され、海外 …

MCU版「ブレイド」の元脚本家が先日の報道に対して「見たことがない」と言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブレイド」の脚本家として参加していたマイケル・スターバリーさ …

スティーヴン・ユァンさんが映画「サンダーボルツ」降板について「ごめんなさい」─別役でもう一度参加したいとも

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「サンダーボルツ」からスティーヴン・ユァンさんが降板するという …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。