まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

タロン・エジャトンさん、MCU映画出演への興味を失いつつあると明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

映画「キングスマン」シリーズなどに出演する俳優のタロン・エジャトンさんが、海外メディア Total Film とのインタビューの中で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画への参加にかつてほどの熱量がなくなっている事を明かしました。

sponsored link
 

エジャトンさんは2022年にマーベル・スタジオと面会した事を明かしており、ファンキャストとしてウルヴァリン役を望まれていた事などや、話し合いをしたという秘密のキャラクターについて今後の可能性を質問された所、「まあ、私が言及したものは出来るかもしれませんが、歳を取りすぎたと思います。もうその船は行ってしまいました。ウルヴァリンのことはよく聞かれるんですが、何を言っても、みんながそう言ってほしいと思っていることにされてしまうんです。」と述べ、「私はウルヴァリンを演じる男にはなりません。そうなるような兆候はないんです。そして、僕はもしかしたら・・・わからないんです。もしかしたら、もう自分が望んでいるのはそれではないというところまで来ているのかもしれません。自分の気持がわからなくなってきています。」と現在の心境を語りました。

そして、「絶対にないとは言わないし、あの映画は大好きですよ。この10年、15年の間、本当に楽しんで見て来ました。でも、もう自分にとって(出演する事は)正しいことではないのかもしれません。自分のキャリアにとって、正しいことだと感じられる時期を過ぎてしまったのかもしれませんね。」とこれからもMCUファンとして、見て楽しむ距離感に落ち着いている事を明かしました。

当初、MCUのウルヴァリン役のファンキャスティング候補としてタロン・エジャトンさんの名前がよく挙げられており、エジャトンさん自身もウルヴァリン役を貰えると嬉しいとコメントしていました。しかし、映画「デッドプール3」でヒュー・ジャックマンさんがウルヴァリンを再演するとも発表された事で、エジャトンさんは「船が行ってしまった」と認識し、その熱量が急速に低下してきている事を打ち明けました。

映画「イーグル・ジャンプ」(2016年)でヒュー・ジャックマンさんとタロン・エジャトンさんは共演しており、ジャックマンさんは「タロンは最も才能のある俳優の一人で、彼の演技の幅は驚くほど広い」と英Empire誌にて称賛、一方で「もう少し我慢して待たないといけないね」と将来的にバトンタッチする気持ちである事も明かしていました。

ヒュー・ジャックマンさんのウルヴァリンは一時的なもので、MCU版のウルヴァリンが登場するとの見方が強くなっていますが、今後の展開には注目となりそうです。

ウルヴァリン役について最近もキアヌ・リーブスさんがコメントした他、過去には「パシフィック・リム:アップライジング」のスコット・イーストウッドさんや、「ウォーキング・デッド」ジーザス役のトム・ペインさん「ザ・ボーイズ」でホームランダーを演じるアントニー・スターさん、ソー役クリス・ヘムズワースさんの兄であるルーク・ヘムズワースさんなどが「ウルヴァリンを演じたい」と明かしています。

sponsored link
 

ソース:Taron Egerton Admits He’s Losing Interest In Joining Marvel

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、ブラープの意外な事実が判明

マーベル・スタジオが制作したMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」に登場した謎の宇宙生物。トレーラーにも登場していた彼(?)はその …

映画「ブラックウィドウ」の新しい公開日が決定 ─ フェーズ4のスタートは2020年11月6日に

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の新しい公開日が 2020年11月6日 となることが公式発表されました。 Marvel Studios’ #Blac …

【噂話】映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のトレーラーが今週中にも公開?

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のファーストトレーラーが早ければ今週中にも公開されるのではないかと海外で話題に …

【噂話】「スクイレルガール」実写化計画が再始動中?

マーベル・スタジオが「スクイレルガール」のソロ実写化を検討していると、複数のインサイダーが報告しました。以前は米放送局フリーフォームでの放送が予定されていたマーベルドラマ「ニューウォリアーズ」の一員と …

ポール・ベタニーさんがヴィジョン再演を認める

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」などでヴィジョン役を演じたポール・ベタニーさんが、現地時間の2月3日に行われたメガコン2024のパネル …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。