まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「デッドプール&ウルヴァリン」、コミコンで発信された新ポスターに意外なキャラが登場

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」の新ポスターが公開されました。CCXP(コミコンエクスペリエンス)で発表された新ポスターでは主人公のデッドプールとウルヴァリンに並んで少し意外なキャラクターが描かれています。

sponsored link
 

ポスターには5つの祈りのキャンドルが描かれておりそれぞれにデッドプール、ウルヴァリン、そしてモリーナ・バッカリンさん演じるヴァネッサ、レスリー・アガムズさん演じるブラインド・アル、ステファン・カピチッチさん演じるコロッサスがデザインされています。

予告にもあったウェイドの誕生会にTVAが介入して以降のシーンで、ヴァネッサたちに登場の余地は残されているのでしょうか?これにはデッドプールたちが映画の最後にどの世界にたどり着くのかが大きく関わってくる事になりそうです。

本作の制作の経緯について、「ずっとヒューに戻ってきてもらいたかったんだ」とライアン・レイノルズさんは以前のインタビューで説明しました。

「何年か前にディズニーがFOXを買収した時、ケヴィン・ファイギと初めて会いました。その時にデッドプールとウルヴァリンの映画をやろうという話をしましたが、当時は実現不可能でした。そしてたまたまそのタイミングでヒューが電話をかけてきて、『もう一度この作品に戻ってやってみたい』と言ったんです。電話の詳しい内容はヒューに任せます。あなた(インタビュアー)とヒューが近いうちに話すのは必然なので、自分で答えさせましょう。で、彼が復帰に興味を示してくれたので、僕はそれをもう一度ケヴィンに売り込むのが仕事でした。」

しかし、デュオの映画を作りたいと考えているにも関わらず、「ローガン」の結末を史上最高の終わりだと考えていたケヴィン・ファイギ社長は「ヒュー、1つアドバイスをさせて欲しい。戻って来るな。」と伝えたと、最近の Empire とのインタビューで明かしています。

ヒュー・ジャックマンさんは1時間ほどドライブをしながら考え、「何をしたいのか?」を自問自答し、さらに1時間車を走らせた後に停車し、車から降りてレイノルズさんに「ライアン、もし受け入れてくれるなら、私は参加するよ。バーサーカーに備えてくれ。」と連絡したと説明しました。

かなりの期間をかけて練り上げられてきた「デッドプール&ウルヴァリン」が実際にどのような映画となっているのか、劇場公開まで残す所約80日となっています。

本作の米公式あらすじは以下の通りです。

中年の危機を経験しながら職業上の挫折に直面した後、ウェイド・ウィルソンはデッドプールを正式に引退し、中古車のセールスマンになることを決意しました。しかし、友人、家族、そして全世界が危険にさらされているとき、デッドプールは引退生活から刀を持ち出すことを決意する。彼は、自分たちの生存だけでなく、最終的には彼らの遺産のために戦うために、消極的で警戒心のあるウルヴァリンをスカウトします。

「デッドプール&ウルヴァリン」はライアン・レイノルズさんとヒュー・ジャックマンさんに加え、 「デッドプール」シリーズからカラン・ソーニさん(ドーピンダー)、レスリー・アガムズさん(ブラインド・アル)、モリーナ・バッカリンさん(ヴァネッサ)、ステファン・カピッチッチさん(コロッサス)、ブリアナ・ヒルデブランドさん(ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド)、忽那汐里さん(ユキオ)、ロブ・ディレイニーさん(ピーター)の再登場が確認されています。

また、「X-MEN」シリーズや「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」でプロフェッサーXを演じたパトリック・スチュワートさんが本作の撮影を終えた事をほのめかし、出演を暗に認めていました。

そのほかにも多くの再登場キャラクターがいるとも報じられています。

そして以前には、ソーを演じるクリス・ヘムズワースさんが「デッドプール3」にカメオ出演したいとも明かし、「デッドプール3」の脚本家も実現すればクールだと語っていました。

映画「デッドプール&ウルヴァリン」は 2024年7月26日 に劇場公開予定です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

マーベル・スタジオのヴィクトリア・アロンソ共同社長が退社

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 海外メディア The Hollywood Reporter がマーベル・スタジオのフィジカル&ポストプロダクション、VFX、アニメーション制作 …

映画「スパイダーマン」プロデューサーがソニーのMCU参加の選択は「金のため、最悪だった」と語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 実写映画「スパイダーマン」シリーズ、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのプロデューサー、もしくはエグゼクティブ・プロデューサーを務めたア …

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の削除された幻の冒頭45分の存在が明らかに─内容や消された理由も

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベルコミックのアーティスト兼作家であり、サノスの生みの親であるジム・スターリンさんが、Youtube番組 Near Mint Condit …

俳優クメイル・ナンジアニさんが映画「エターナルズ」の新しいリリース日についてコメントを投稿

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ディズニーとマーベル・スタジオは先週末に新型コロナウイルスの影響を受けて、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画スケジュールの大 …

映画「エターナルズ」のサウンドトラックより2曲公開中

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 11月5日の公開を控えているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」から、劇中に使用されているサウンドトラックのう …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。