まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ナタリー・ポートマンさん、映画「ソー:ラブ&サンダー」撮影のための4ヶ月に及ぶトレーニングでワイルドになったと語る

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」でジェーン・フォスターを再演するナタリー・ポートマンさんが、海外メディア Vanity Fair とのインタビューで本作のためのトレーニングについて明かしました。

ポートマンさんは映画でソー/ジェーン・フォスターを演じるにあたり、その身体づくりはとても楽しかったと述べました。

トレーニングはとても楽しかったです。トレーナーのナオミ・ペンダーガストさんとは、撮影前の4ヶ月間、そして撮影中もずっと一緒に仕事をしました。今までやったことのないようなヘビーウェイトのトレーニングや、プロテインシェイクをたくさん飲みました。もちろん、体を大きくすることを目指したことはありません。非常にフィジカルなトレーニングだったので、敏捷性を高める作業と、筋力を高める作業の両方を行いました。

ポートマンさんは以前にロケ地で目撃され、その写真がリークされていましたが、これまでの華奢な身体とはうってかわって肩幅や腕の太さが強化されていました。この肉体改造が撮影に与えた影響について次のように話しています。

(肉体改造は)キャラクターになりきるのに役立つだけでなく、自分の動き方も変わりました。歩き方も違うし、感じ方も違う。つまり、人生で初めて自分が強くなったと感じることは、とてもワイルドなことなのよ。

ポートマンさんは1994年の「レオン」や2018年の「アナイアレイション -全滅領域-」などアクション映画にも出演し、こういったジャンルの作品には慣れていますが、ここまでのトレーニングは初めてだった事を明かしました。

マーベル女優のトレーニングと言えばキャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァースを演じるブリー・ラーソンさんが有名な所で自身のSNSで多くのトレーニング動画を公開していますが、最近では映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」でデビューするキャスリン・ニュートンさんが撮影に向けたトレーニングの様子を公開し、引き締められたお腹を披露していました。

今作ではナタリー・ポートマンさんがソーになることが発表されていますが、その経緯については明かされていません。コミックのように必要なプロセスを経て雷神へと変化するのか、あるいはマルチバースからやってくるソー/ジェーン・フォスターという可能性もあるようです。

シリーズから引き続きクリス・ヘムズワースさんがソーを演じ、ヴァルキリー、コーグ、ミーク、レディ・シフがシリーズから再登場する他、ガーディアンズのメンバーが登場する事が公式に明かされています。

その他、ラッセル・クロウさんがゼウスを演じる事を明かしています。シリーズでロキを演じているトム・ヒドルストンさんは再登場を否定しています。

sponsored link
 

映画「ソー:ラブ&サンダー」は 2022年5月6日 米国公開予定です。

ソース:Natalie Portman on Summer Reading, Britney Spears, and the Scent of Love

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

【噂話】映画「サンダーボルツ」、脚本の書き直しによって「ブラックウィドウ2」以上のものを目指すという

マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「サンダーボルツ」が、撮影開始直前に脚本の全体的な書き直しが発生している事が判明して約2週間、その理由について海外インサ …

サノス再び!?海外で”サノスリターン計画”の情報

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ1から3までのインフィニティ・サーガにおいて、ラスボスとも称されるスーパーヴィランのサノスはその圧倒的なパワーと行動をアベンジャーズたちに見せつ …

【噂話】ダフネ・キーンさんが映画「デッドプール3」出演にサイン─X-23の再演へ

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」にダフネ・キーンさんが出演契約書に署名したと、海外スクーパーの ダニエル・リヒトマン氏が報じています。 …

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」デイヴ・バウティスタさんが「マーベルとの関係は終わっていない」と語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズでドラックス・ザ・デストロイヤーを演じたデイヴ・バウティスタさんが、海外メディ …

ハルク、ネイモアのソロ映画実現に前進か?権利再取得の交渉に入っていると報じられる

ディズニーがハルクとネイモア・ザ・サブマリナーの権利を買い戻す計画が進められていると、海外メディア The Wrap が報じました。現在このふたつのキャラクターの映画化権はユニバーサルが保持しており、 …

PREV
映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の公開日当日、最新予告と本編映像が公開
NEXT
バサーム・タリク監督、「ブレイド」の制作にあたる事を認める ─ 「実現するとは思っていませんでした」

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。