まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

マーベル・スタジオが「シークレット・ウォーズ」の実写化に取り組んでいるとコミック原作者が語る

投稿日:

マーベル・スタジオがコミック「シークレット・ウォーズ」の実写化に向けて動き出しているようだと海外メディア CBR が報じました。1984年にこのコミックが発行され、当時この企画の発案者であり最高編集者であったジム・シューターさんが先日開催されたコミックイベント「メガコン」にて明かしています。

sponsored link
 

「シークレット・ウォーズ」の実写化について聞かれたシューターさんは、「実はマーベルから電話をかけてきたピエロがいたんです。彼は編集者ではなく、財産管理の重役だったんだけど、ちょっと奇妙でした。シークレット・ウォーズのノベライズを書かないかと言うんです。」その後、シューターさんは、過去にさかのぼって雇われる仕事の契約を送られ、結局それを断ったと言っています。その後、デビッド・ボガートという人物からフォローアップの電話があり、前の電話のことを謝りたいと言ってきたと明かしました。

遡及した新たなオファーは1万ドルでしたが、シューターさんは、前の契約が雇われ仕事であることを十分に認識していたので、最初は断ったとの事。さらにシューターさんは、ビヨンダー、ティターニア、スパイダー・ウーマン、スパイダーマンの黒いシンビオートのコスチューム、その他のシークレット・ウォーズのキャラクターをマーベルが所有しているという紙切れを持っていないと述べました。また、ボガート氏は「金を受け取ってくれ」と主張しましたが、結果的にはその通りになったといいます。

「これって、映画を作るってことだよね?」とシューターさんが尋ねると、ボガート氏は「それは言えないよ。」と答えたそうです。シューターさんもそれに対して「まあ、言えないよね」というやり取りがあったことを明かしました。

シークレット・ウォーズとは

1984年5月から1985年4月にかけて発行された全12号のコミックシリーズで、ジム・シューターさん発案のもと、マイク・ゼック氏が主なアートを担当したマーベル最初の大規模クロスオーバーイベント。本作はマーベル社の主要なヒーローやヴィランが同一の惑星に集められ戦いを繰り広げる月刊シリーズが1年間にわたって刊行され、出版史上最大級の規模のクロスオーバーとなりました。このプロジェクトは大ヒットし、翌年には「シークレット・ウォーズ2」も刊行。以降毎年のように大規模クロスオーバーイベントが行われるきっかけとなった作品です。

©MARVEL

あらすじとしては、神の如き力を持つコズミック・エンティティ、ビヨンダーが遠方の銀河に「バトルワールド」を創造し、スーパーヒーローとスーパーヴィランを強制転移させた。そしてビヨンダーは勝者には何でも叶えてやるとし、善悪入り乱れたバトルが始まりましたが、ドクター・ドゥームがビヨンダーの力を手に入れ、ドゥーム対全員へと流れが変わっていくことになります。

主な登場キャラクターはアベンジャーズ、ファンタスティック・フォー、X-MEN、スパイダーマン、征服者カーン、ウルトロン、ドクター・ドゥーム、ドクター・オクトパス、マグニートー、ティターニア、アブソービングマン、モレキュラーマン、エンチャントレスなどです。

なお、少々ややこしい事に2015年にも同名シリーズが発行されており、こちらはマルチバースの地球同士が衝突、インカージョンが発生し、バトルワールドが誕生。こちらでも中心となるのはドゥームで、神の如き力を手にしたドクター・ドゥームとヒーローたちの戦いが繰り広げられました。

©MARVEL

2015年版はドラマ「ロキ」で在り続ける者やミス・ミニッツが説明したマルチバース・ウォーに似ており、これを再発させないためにTVAを創設し、神聖時間軸をコントロールしていましたが、シルヴィによってこの秩序は崩壊する事になりました。


「アベンジャーズ/エンドゲーム」のルッソ兄弟監督はこの「シークレット・ウォーズ」を是非撮りたいとして、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長にも伝えている事を以前に明かしています。

MCUフェーズ4やフェーズ5に「アベンジャーズ5」のような大型クロスオーバーの映画が発表されていませんが、水面下では何かが動き出しているのでしょうか。今後の情報にも注目です。

ソース:Jim Shooter Says Marvel Is Developing a Live-Action Secret Wars

-映画
-,

執筆者:

関連記事

ディズニープラスの新コンテンツ「Marvel Studios’ ASSEMBLED」が発表

ディズニーが自社のストリーミングサービス「ディズニープラス」向けコンテンツとして「Marvel Studios’ ASSEMBLED」の配信決定を発表しました。米国で2021年3月12日か …

映画「ブラックウィドウ」、日本版のキャラクターポスターが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」から日本向けの新たなキャラクターポスターが日本のマーベル公式ホームページで公開されました。5月に公開された海外版と同じデザインで …

LEGOからサノスの「インフィニティ・ガントレット」が登場

LEGOから映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)などで登場したサノスのインフィニティ・ガントレットを模した「LEGO Marvel Infinity Gauntlet 7619 …

映画「ブラックウィドウ」、劇場公開の計画を維持 ─ 柔軟な対応も視野に

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」が新型コロナウイルスの影響で劇場公開を大きく遅延させていることについて、ウォルト・ディズニーCEOのボブ・チャペック氏は、現状は …

見逃した人向け、ソニーラテンアメリカが昨年末に削除したスパイダーマンの動画 ─ 他、最新の噂など

2020年の年末にソニー・ピクチャーズ・ラテンアメリカが公開し、すぐに削除したスパイダーマンの動画は当時さまざまな憶測を呼びました。あれから約半年、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の新たな情報 …

PREV
映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のワールドプレミアに参加した批評家たちのリアクションが到着
NEXT
アンソニー・マッキーさん、ディズニー&マーベルとの新たな契約の締結を報じられる ─ 「キャプテン・アメリカ4」の正式スタートか

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What if…?関連記事

ロキ関連記事

ファルコン&ウィンター・ソルジャー関連記事

◆2021年9月3日「シャン・チー」MCU
◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本未定)
◆2022年1月28日「モービウス」(日本未定)
◆2022年3月25日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。