まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「モービウス」は繋がりのない独自バース?新たなヴィネットが公開

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」の新たなヴィネットが公開されました。日本語字幕がついたものも併せて公開されており、主演のジャレッド・レトさんは本作でマルチバースの扉が開かれると予告しています。

sponsored link
 

公開されたプロモーション映像では、レトさんがモービウスを「映画では描かれたことのない、マーベルでも傑出した人物」と評しており、本作では「マルチバースが開き、ヴィランたちが集結する」と予告しました。

この「マルチバースが開かれた」というのは映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」内のイベントを指しているのでしょうか、あの時確かに様々なヴィランが集まる様子が描かれていました。

これは逆に考えると、「扉が開かないとヴィラン達が出会う事がない」とも取れる発言で、「モービウス」の世界はどことも繋がっていない独自のユニバースでしばらく展開する可能性も考えられそうです。そして映画のあるタイミング、例えばクライマックスやポストクレジットシーンと言った所でマルチバースの扉が開き、他のユニバースと接続されるのかもしれません。

予告ではモービウスが「俺はヴェノムだ」と発言するシーンや、刑事たちのカーネイジを指しているような「カリフォルニアの大事件以来」という会話、トビー・マグワイアさんのスパイダーマンのポスターや、エイドリアン・トゥームスを演じるマイケル・キートンさんなど、現状ではどこのユニバースを舞台にしているのかはっきりとしていません。その答えは来週の公開まで持ち越される事になりそうです。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)ではヒーロー達がマルチバース化を防ごうと動いているわけですが、SSUでは積極的に広げていくスタンスのようであるのも興味深いポイントとなりそうです。

sponsored link
 

本作の公式概要は以下のとおりです。

天才的な頭脳を持つ医師マイケル・モービウス。彼は幼いころから、治療の術がない血液の難病を患っていた。これまで多くの命を救いながらも、己の病を治癒する方法だけを見出せずにいたモービウスは、自らの身体に実験的な治療を施す。それはコウモリの血清を投与するという、危険すぎる治療法だった。そのまま姿を消したモービウスは、2か月後、ロングアイランド沖に座礁したコンテナ船に突如現れる。病で痩せ細った姿から一変、顔には血色が戻り、隆起した筋肉が全身を覆っていた。さらに、超人的パワーとスピード、そして周囲の状況を瞬時に感知するバットレーダーや飛行能力を手にしたモービウスだが、同時に彼の中で、抑えきれない〝血への渇望“が生まれる。やがて彼の身体に更なる変異が起こる…… このユニバースに生まれ堕ちた彼は、果たして善なのか、悪なのか──

映画「モービウス」は 2022年4月1日 日米同時公開予定です。

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の1分間の本編映像が公開

マーベル・スタジオ制作の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」より1分間の本編映像が公開されました。トレーラーにも少し含まれていた、ビルの外側でのアクションシーンのロングバージョンと言った所で、カ …

ソニーが映画「モービウス」の北米公開を延期、「ヴェノム2」は変更なし ─ 新型コロナウイルスの影響を受けて

ソニー・ピクチャーズが新型コロナウイルスの感染拡大の影響を懸念して、今年後半までに公開予定だった映画の公開日を再設定したと、米国の各種メディアが報じました。 DEADLINEによると、2020年7月3 …

映画「マダム・ウェブ」の新予告とポスターが公開

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」より、新規映像を含んだ新たなトレーラーと、オフィシャルポスターがオンライン上でリリースされました。すべて …

ヒュー・ジャックマンさん、舞台裏映像とともに映画「X-MEN」の20周年をお祝い

20世紀FOX制作の映画「X-MEN」が20周年を迎え、シリーズでローガン/ウルヴァリン役を演じたヒュー・ジャックマンさんがお祝いの投稿をしました。 So here’s the thing. When …

シム・リウさんが「シャン・チー:ホリデースペシャル」のお蔵入りを報告してプチ炎上

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の主演を務めたシム・リウさんが、自身のツイッターで「シャン・チー:ホリデースペシャル」のリリースがキャンセルに …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。