まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブラックウィドウ」のO.T.ファグベンルさん、謎に包まれたメイソンについてコメント

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

来年公開予定の映画「ブラックウィドウ」に登場するリック・メイソンは、ポスターには姿と名前があるにも関わらず、予告編には一切登場していない謎のキャラクター。このメイソンを演じる俳優のO.T.ファグベンルさんが、ブラックウィドウ公式映画スペシャルブック内のインタビューで、自身のキャラクターについて語りました。

ファグベンルさんはインタビューの中で「メイソンは必要なものは何でも見つけることができる。彼はブラックウィドウのためにその仕事をしていて、彼らにはちょっとした関係性があるんだ。純粋に仕事だけの関係ではなく、二人の関係には何かがあるような気がしていて、それが常にミックスされているんだ」と話しました。

映画「ブラックウィドウ」の日本語公式サイトでも、メイソンはブラックウィドウを支える調達屋と記されており、インタビューにもあるようにナターシャを支援していることが伺えます。

「メイソンの物語は、ナターシャが逃亡しようとしているときに始まり、彼女は隠れる場所を必要としていました。それで私たちは少しの間ともに過ごしました。その後、彼女がトラブルに巻き込まれたときに、また私に電話をかけてきた。それで私はチヌーク(ヘリ)で彼女を助ける、ヘリが必要なら私に頼めばいいし、彼女が困った時は私に電話をしてくる。メイソンは窮地に陥った時の味方です。ナターシャは、彼が何かを提供してくれる機会を積極的に利用しています。彼女はいつも「貸しにしといて」と言ってくる。今頃、かなりの額になっていますよ。私は支援者なんです」と続けました。

メイソンはS.H.I.E.L.D.時代の同僚であることがわかっていますが、一方でMCUでは正体不明のタスクマスターではないかと言う声も上がっています。なお、コミックのメイソンはS.H.I.E.L.D.のエージェントであり、タスクマスターではありません。

インタビューからわかるのはナターシャの困った時の頼れる人物のようですが、例えば映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の頃には救援要請出来ない理由があったりするのでしょうか。また、映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」や映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」にメイソンが登場しないのは、やはり劇中で死亡するか、あるいは決裂してしまうのでしょうか。

sponsored link
 

映画「ブラックウィドウ」は 2021年4月29日 公開予定です。

ソース:Black Widow Star Tease Natasha’s Romance With Mysterious Mason

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」のドラックスの身体の模様は〇〇だった

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズにおいて、ドラックスは常に上半身裸で登場していますが、目を引くのはその模様でした。 ©MARVEL タ …

ドラマ「シークレット・インベージョン」、リットソン大統領が「キャプテン・アメリカ4」の次期大統領について言及

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」でアメリカ大統領のリットソンを演じているダーモット・マルロニーさんが、海外メディア Com …

映画「エターナルズ」は2つの時代について描かれるという

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」は2つの時代について描かれる事が公式のプレスリリースより判明したと報じられました。海外メディア The Di …

「アベンジャーズ/エンドゲーム」、米ディズニープラスで削除シーンが新たに公開

2019年公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の新たな削除シーンが米ディズニープラスに追加されていると、海外メディア Giant Freakin …

映画「アントマン3」の公開が2022年と報じられる

映画「アントマン」シリーズの監督をつとめるペイトン・リードさんが Yahoo!Entertainment とのインタビューで、最新作となる3作目の公開時期が2022年であることを明かしました。 spo …

PREV
ジョン・バーンサルさん、「パニッシャー」再演の可能性について語る
NEXT
エリザベス・オルセンさん、映画「ドクター・ストレンジitMoM」の撮影が12月から始まることを明かす

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。