まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

エヴァンジェリン・リリーさん、映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」の脚本は最高だと語る

投稿日:

現在ロンドンで撮影が行われているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」に参加しているワスプ/ホープ・ヴァン・ダイン役のエヴァンジェリン・リリーさんが、海外メディア Collider とのインタビューに応じ、今作の脚本について「最高の作品」と評した上で、ドラマ「ロキ」の感想などについても語りました。

sponsored link
 

リリーさんは脚本の内容については当然言えないとした上で、以下のように述べています。

ジェフ・ロベネスは本作の新しい脚本家です。彼とはこれまで仕事をしたことがありません。彼は驚異的だと思います。今までの脚本家の中でも最高の一人だと思います。彼は声の使い方がとても上手いと思います。だから、ページ上ではすべてのキャラクターの声が聞こえてきて、彼がそれぞれの個性を生かしていることがわかりました。私は、この作品が本当に特別なものになると思っています。本当に良い作品になると思います。今までで最高の作品になる可能性を秘めていると思います。

また、リリーさんはディズニープラスシリーズのいくつかを見た事を明かし、その感想を語ってくれました。

私はスーパーヒーロー映画に出演したいとは思っていませんでしたが、マーベルはそれを正しく行います。彼らはそれを本当にうまくやっています。だから私はファンです。ワンダヴィジョンは驚異的で、女性キャラクターを表現したものとしては最高だったと思います。これまで男性キャラクターを扱ってきた方法で、彼女がとても複雑で欠点が多く、それでいて救いがあり、とても愛すべき存在であることが信じられませんでした。壮大な女性主人公の物語だったと思います。

また、ロキも見たというリリーさんは、次のように述べました。

私の中の科学オタクは、マーベルの頭の良さや、普通のふわふわしたポップコーン映画では取り組まないような巨大なテーマに取り組むという要素が大好きなんです。彼らはカオス理論に取り組みました。それはとても勇敢で、大胆で、かっこいいことだと思います。

また、「What if…?」について「収録は楽しくて、見たくてたまらない作品ですが、まだ見れていません」とも明かしてくれました。ホープが関連するエピソードはどれも暗いものでしたが、実写版とは全く異なるエキサイティングな物語でもありました。その他、映画「ブラックウィドウ」やドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」を今後見ていくつもりであると語っています。

本作は今年6月からロンドンでの撮影が始まっており、アントマン/スコット・ラング役ポール・ラッドさん、ワスプ/ホープ・ヴァン・ダイン役エヴァンジェリン・リリーさん、初代アントマン/ピム博士役のマイケル・ダグラスさん、初代ワスプ/ジャネット・ヴァン・ダイン役のミシェル・ファイファーさんがシリーズから再登場。ヴィランとなる征服者カーンは「ロキ」で在り続ける者を演じたジョナサン・メジャーズさんが演じることになります。

しかし、スコットの泥棒仲間やスコットの元妻、キャシーの養父についてはそれぞれの俳優さんがスタジオから連絡が来ていないと明かしており、「アントマン」シリーズ特有のコメディ要素が維持されるのか気になる所となっています。

映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」は 2023年2月17日 米国公開予定です。

ソース:Evangeline Lilly Praises the ‘Ant-Man 3’ Script and Explains Why She Loved ‘WandaVision’ and ‘Loki’

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ジェームズ・ガン監督がDCトップ就任についてコメント─「両方愛していれば世界は終わらない」

マーベル・スタジオでMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズを手掛けてきたジェームズ・ガン監督が、マーベル・コミックのライバルであるDCの実写 …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、11種類の新たなオフィシャルポスターが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」より、キャラクターポスターやScreenX、RealD 3D、Dolby、IMAX向けポスターなど、 …

米ディズニープラスから「X-MEN」や「ファンタスティック・フォー」が削除されたと報じられる

米国で展開中のディズニープラスにおいて、FOX制作の2000年公開の「X-MEN」や、2005年公開の映画「ファンタスティック・フォー」が削除されて視聴できなくなっていると、複数の海外サイトが取り上げ …

映画「マダム・ウェブ」、ロケ地でダコタ・ジョンソンさんの姿を確認

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」の撮影が行われているボストンで、主演のダコタ・ジョンソンさんの姿が確認されました。先日は映画の米公開予定 …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のプロモアートの高解像度版がリーク

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のプロモーションアートがリークされました。概ね以前にリークされていたものと同じもの …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。