まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ニュー・ミュータント」のデジタル配信&ブルーレイ発売決定!

投稿日:

20世紀FOXが手掛けた「X-MEN」シリーズの最後にして最新作となるスピンオフ映画「The New Mutants」が、2月3日より先行デジタル配信、Blu-ray+DVDセットが3月31日に発売されることがわかりました。

sponsored link
 

この発表に伴い、日本での劇場公開は断念したものと思われます。また、原題のニュー・ミュータンツから邦題は「ニュー・ミュータント」へと何故か単数形に変更されています。

「ニュー・ミュータント」はつらい過去を背負った5人の若者たちニュー・ミュータンツの姿を描いたSFアクションホラー。未熟さゆえに能力をコントロールできずに極秘施設で訓練を受ける彼らが、さらなる危機と運命に抗うさまを描く。アメリカほか世界各国では8月から9月にかけて劇場公開されており、全米初登場1位に輝いた作品です。

本作は「きっと、星のせいじゃない。」「ハッピーエンドが書けるまで」で知られるジョシュ・ブーン監督の下、「X-MEN」や「デッドプール」シリーズを手がけたサイモン・キンバーグ氏とローレン・シュラー・ドナー氏が製作を担当。

亡き父との思い出を胸に運命を切り開こうとする主人公ダニエル・ムーンスターを新星ブルー・ハントさんが演じたほか、魔法とソウルソードで戦うマジック/イリアナ・ラスプーチンにアニャ・テイラー=ジョイさん、狼人間に変身するレイン・シンクレアに「ゲーム・オブ・スローンズ」のメイジー・ウィリアムズさん、フォースフィールドをまとい高速飛行するサム・ガスリーに「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のチャーリー・ヒートンさん、太陽エネルギーを操るロベルト・ダ・コスタに「13の理由」のヘンリー・ザガさんが扮しました。

© 2021 20th Century Studios. © 2021 MARVEL.

Blu-ray+DVDセットの価格は税込4950円。デジタルセル配信との共通特典として、未公開シーン、メインキャスト5人のインタビューを収めた映像「5人のミュータント」などが収録されています。監督による音声解説はBlu-rayのみの特典となります。

映画「ニュー・ミュータント」のBlu-ray+DVDセットはウォルト・ディズニー・ジャパンより 2021年3月31日 発売、2月3日より先行デジタル配信です。

-映画
-

執筆者:

関連記事

サム・ライミ監督、映画「スパイダーマン4」の制作に対して完全にオープンだと言う

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のサム・ライミ監督がYoutube番組のMoviepilotに出演し、ライミ監督の代表作でも …

ディズニープラスでMCUキャラを振り返る「マーベル・スタジオ:レジェンズ」1月8日から配信決定 ─ 象徴的な瞬間を振り返る

マーベル・スタジオはディズニープラス向けコンテンツ「マーベル・スタジオ:レジェンズ」を発表しました。2021年1月8日からスタートするこのシリーズでは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の冒頭10分の本編映像が公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の冒頭10分間の本編映像が、米ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの公式Youtubeチャンネルにて公開さ …

【ネタバレ注意】映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」であのヴィランが戻ってくる?

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」の台本が届いたことを、ワスプ役エヴァンジェリン・リリーさんが自身のInstagramで報告しました。 …

映画「ブラックウィドウ」脚本家がトニー・スタークのカメオの計画があった事を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の脚本を担当したエリック・ピアソンさんが、 Phase Zero ポッドキャストの中で、アイアンマン/トニー・スタークを演じるロ …

PREV
ヘイリー・スタインフェルドさんがドラマ「ホークアイ」での役柄についてコメント ─ 「ケイトは悪いコ」
NEXT
マーベル・スタジオが大晦日に中国のビリビリ動画で音楽ショーを開催

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。