まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

オリヴィア・ワイルド監督の「スパイダーウーマン」は今なお開発中だと報じられる

投稿日:

ソニー・ピクチャーズが開発しているという噂のプロジェクト「スパイダーウーマン」が今なお開発が続いている事を、海外メディア The Hollywood Reporter が報じました。2020年にソニー・ピクチャーズが監督としてオリヴィア・ワイルドさんを起用したと報じられた映画ですが、まだキャンセルになったわけではないようです。

sponsored link
 

記事によると「オリヴィア・ワイルドさんはソニーのマーベル映画の監督に今も関わっている」との事で、プロジェクトが存続している事を示唆しています。

本件は2020年に噂として報じられましたが、SSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)作品の「マダム・ウェブ」などが正式に発表されて以降あまり話題にも上がりませんでした。

2022年の夏に「Don’t Worry Darling」のプロモーション中に噂について直撃されたオリヴィア・ワイルドさんは「何も言えない」としつつも「マーベルの大ファンだ」と話していました。

この「Don’t Worry Darling」にはMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画「ブラックウィドウ」でエレーナを演じたフローレンス・ピューさんと映画「エターナルズ」でエロスを演じたハリー・スタイルズさんも出演していますが、海外メディア Vulture によるとワイルドさんとピューさんの舞台裏での意見の衝突が激化し、関係が非常に悪化したとしています。今のところMCUとSSUという違いはありますが、この事件のマーベル映画への影響は不明です。

「スパイダーウーマン」はコミックのスパイダーウーマン/ジェシカ・ドリューを主人公とした映画になるだろうと報じられており、「マダム・ウェブ」に複数のスパイダーウーマンが登場する事を考えるとスパイダーウーマンたちの中でも特別扱いになっている様子。以前には「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」などで主人公レイを演じたデイジー・リドリーさんがジェシカ・ドリュー役に抜擢されていると報じられましたが、本人はこれを否定しつつもオファーがあればやりたいと語りました。

映画「スパイダーウーマン」の公開日は未定です。

ソース:The Hollywood Reporter’s 2022 Women in Entertainment Power 100

-映画
-,

執筆者:

関連記事

ルッソ兄弟監督「シークレット・ウォーズの映画を撮るならインフィニティ・サーガを超える規模になるだろう」と話す

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019)のジョー&アンソニー・ルッソ兄弟監督は、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)で「シークレット・ウォーズ」を行う場合、MCU史上最大の作 …

ソニー・ピクチャーズ会長が「エル・ムエルト」や「クレイヴン・ザ・ハンター」に興奮していると語る

ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント会長 兼 CEOのトニー・ヴィンシクエラ氏が海外メディア The Hollywood Reporter とのインタビューに応じ、SSU(ソニーズ・スパイダーマン …

ソニーが映画「クレイヴン・ザ・ハンター」などSSU映画3本の公開延期を発表

ソニー・ピクチャーズがSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「クレイヴン・ザ・ハンター」とタイトル未定の無題のマーベル映画の公開日を延期する事を発表したと、複数の海外メディアが報じました …

アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」にダニエル・カルーヤさんがキャスティング

ソニー・ピクチャーズが制作するアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」に映画「ブラックパンサー」(2018年)のダニエル・カルーヤさんが声優起用されたと、海外メディア The Ho …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、テッサ・トンプソンさんがヴァルキリーとハルクはペンフレンドだと語る

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」でキング・ヴァルキリーを演じるテッサ・トンプソンさんが、海外メディア Comicbook.com …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)
◆2024年5月3日「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」(日本未定)
◆2024年7月26日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。