まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

デイジー・リドリーさん、映画「スパイダーウーマン」参加の噂について語る

投稿日:

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で主人公レイを演じたデイジー・リドリーさんが、ソニー・ピクチャーズが制作するとされている映画「スパイダーウーマン」でスパイダーウーマンを演じると噂があることについて、海外メディア comicbookmovie.com とのインタビューで語りました。

sponsored link
 

リドリーさんはインタビューで以下のように話しました。

最近、誰かにスパイダー・ウーマンの噂を聞かれて、”ああ、それはいいわね “と言いました。どうやらそのせいでスパイダーウーマンの最有力候補だと思われているようですが、それは事実ではありません!基本的には、オファーがくれば、もちろん何でも受け入れます。私はワンダヴィジョンを見終えたばかりです。マーベル・スタジオがやったことはとても素晴らしく、これまでとは異なっていて興味深いものでした。常に変化し、再構築されていくあの世界に身を置くことは、とてもエキサイティングなことだと思います。

リドリーさんはスパイダーウーマン出演の噂を否定しつつも、スパイダーウーマンやMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に出演することについては前向きな姿勢であることを示しました。

海外のネット上ではデイジー・リドリーさんはスパイダーウーマンだけでなく、X-MENのジーン・グレイやローグにも適任だという声もあり、MCUに登場する日が楽しみだと注目されています。

スパイダーウーマン制作に関する噂は数年前からあり、2020年の末にはオリヴィア・ワイルドさんが監督としてソニー・ピクチャーズエンタテインメントと契約を締結したと、海外メディア Deadline が報じていました。ソニーはシルバーセーブルやブラックキャット、マダムウェブ、シルクなど他のスパイダーマン関連の女性ヒーローを主役とした作品を展開していく予定と伝えられています。

そんなスパイダーマンの最新映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2021年12月17日 米国公開予定です。

ソース:CHAOS WALKING Star Daisy Ridley Addresses SPIDER-WOMAN Rumors And Joining The MCU – Video EXCLUSIVE

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ムーラン」、日本でも9月4日からプレミアアクセス開始─劇場公開は当面予定なし

ウォルト・ディズニー・ジャパンが劇場公開を延期していた映画「ムーラン」を9月4日から動画配信サービス「Disney+」(ディズニープラス)で独占公開すると発表しました。会員向けに2980円(税別)の追 …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」プロデューサーがタイトルに込められた意味を解説

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、本作のタイトルに込められた様々な意味について、プロデューサーのリッ …

サム・ライミ監督、映画「スパイダーマン4」の制作に対して完全にオープンだと言う

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のサム・ライミ監督がYoutube番組のMoviepilotに出演し、ライミ監督の代表作でも …

【映画紹介】「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」ストーン争奪戦いよいよ開幕【MCU Vol.19】

※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 2018年公開の映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は12秒のLGBTQIA+シーンの削除を拒否したと言う

サウジアラビアがディズニーに対し、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」から「LGBTQIA+に関する言及」をしている12秒間のシ …

PREV
クリス・エヴァンスさん、ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」を見るのが待ちきれないと言う
NEXT
ハズブロのマーベル・レジェンドからドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」版のU.S.エージェントのフィギュアが予約開始

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。