まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

「ワーウルフ・バイ・ナイト」続報、ディズニープラスの2022年ハロウィンスペシャル番組と報じられる

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

先日、マーベル・スタジオが開発中と報じられた「ワーウルフ・バイ・ナイト」ですが新たな情報が報じられています。海外メディア The Wrap は、本作向けに30代のラテン系俳優を探しており、2022年のハロウィンスペシャルとしてディズニープラスで配信予定だと伝えました。

sponsored link
 

2022年初頭に撮影開始予定のこの番組では同名コミックの実写化になると見られており、1972年に発行された「マーベル・スポットライト」#2に初登場した後、1977年まで「ワーウルフ・バイ・ナイト」シリーズが制作されていました。主人公ジャック・ラッセルはライカンスロープと呼ばれる神話上の種族の末裔であり、月によって変身。最終的には月がなくても変身可能になり、変身しても知性を維持出来るようになりました。

マーベル・コミックスは2020年に「ワーウルフ・バイ・ナイト」(第3巻)#1でキャラクターの2代目ジェイク・ゴメスを登場させています。

記事によると、このスペシャル番組がどちらのキャラクターを参考にしているかは不明としつつも、この番組の前に2022年配信予定のドラマ「ムーンナイト」で初登場するとの事。

マーベル・スタジオは2022年のホリデースペシャル向け番組として「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデースペシャル」を発表、開発中であり、今後は映画、ドラマ、アニメに加えてこういった単発の映像作品にも意欲的に挑戦していくと見られます。

ソース:Marvel is Seeking Latino Lead for Disney+ Halloween Special (Exclusive)

-ドラマ, 映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のウォンは異なる役割が用意されていた?コンセプトアートが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のウォンの …

【噂話】映画「スパイダーウーマン」主演にアナ・デ・アルマスさんが有力視されているという

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが計画中のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「スパイダーウーマン」の主人公スパイダーウーマン/ジェシカ・ …

MCU版スパイダーマン3の写真とともにキャストがタイトルをリーク? ─ 新たな形の情報戦が始まる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン」シリーズの最新作が、今年の年末公開に向けて …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、VFXSVが話題になったトレーラーの編集ミスについて説明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は公開前から様々な噂が飛び交っていましたが、202 …

ドラマ「アイアンハート」撮影現場で主演のドミニク・ソーンさんの姿を確認

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作しているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アイアンハート」の主人公アイアンハート/リリ・ウィリア …

PREV
アニメ「What if...?」、3話のイースターエッグをピックアップ
NEXT
「ドクター・ストレンジ2」でワンダはウルヴァリンと戦う予定だったと報じられる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。