まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

アニメ「What if…?」、3話のイースターエッグをピックアップ

投稿日:

2021年8月25日配信のアニメ「ホワット・イフ…?」シーズン1エピソード3「もしも…世界が最強のヒーローたちを失ったら?」のイースターエッグを中心に原作設定や今後の予想などをご紹介。

※この先はシリーズのネタバレ、および今後の物語のネタバレの可能性が含まれています。ネタバレが嫌な方はご遠慮ください。

sponsored link
 

アベンジャーズ計画

今回のエピソードは「アベンジャーズ:プレリュード フューリーズ・ビッグウィーク」を基にしており、このコミックはアベンジャーズ計画の裏でフューリーが忙しくしていた事を描いたものですが、それの「もしも」バージョンとなっています。

フューリーの「ある計画があった(There was an idea)」のセリフから始まる3話ですが、これは映画「アベンジャーズ」(2012年)でロキがコールソンを殺害し逃亡したあとに、フューリーがキャップ達を集めて説明するシーンで使われているものです。

「ホワット・イフ…?」初登場のナターシャの声はスカーレット・ヨハンソンさんではなくレイク・ベルさんに、吹替版では米倉涼子さんか樋口あかりさんへと変更されています。

トニー・スターク

月曜日。映画「アイアンマン2」でのシーンがほぼそのまま再現され、BGMも同様に Beastie Boys の「Groove Holmes」が採用されています。

©2021 MARVEL,Disney

トニーの声はミック・ウィンガートさん、吹替版は森川智之さんが担当しています。

ナターシャはトニーの事を「年中二日酔い」と表現していますが、これはコミックのトニーがアルコール中毒の設定があることを基にしています。MCUでは「アイアンマン2」で泥酔し、ローディーとやりあうシーンが描かれていますが中毒に関しては言及されていません。

ナターシャがスターク・インダストリーズにスパイとして潜入していた事を責めるシーンは省略されていますが、全体的に「アイアンマン2」のやり取りがそのまま行われます。トニーに関しては「もしも」な要素はなく、神聖時間軸とまったく変わり有りませんが、分岐イベントの影響でトニーは殺害されてしまいます。

トニーが死んだまま「アイアンマン2」のポストクレジットシーンへと飛び、コールソンがムジョルニアが落ちてきたニューメキシコに到着します。コールソンの声は英語、日本語ともに変更なく、クラーク・グレッグさんと村治学さんが担当しています。

映画のコールソンは当時主流だったスリムなガラケーを使用していますが、このアニメ版ではスマホを使用しているようです。

ナターシャの移送

ナターシャはトニー・スターク殺害容疑で移送される事に。

©2021 MARVEL,Disney

ブロック・ラムロウとジャック・ロリンズ、他S.H.I.E.L.D.のエージェントが登場し、ナターシャをアレクサンダー・ピアースのもとへ連れて行くと言います。

彼らは神聖時間軸においてS.H.I.E.L.D.のS.T.R.I.K.E.チームでありピアースはS.H.I.E.L.D.の理事でしたが、その実態はヒドラでした。このアニメにおいて彼らがヒドラであるかどうかは言及されませんでした。

ブロック・ラムロウは「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」と同様にフランク・グリロさんと水内清光さんが担当しています。ジャック・ロリンズはセリフがありましたがキャストはクレジットされていません。

ナターシャがトラックの中でエージェントに囲まれているシーンは全体的に「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」のスティーブとS.T.R.I.K.E.のエレベーターのシーンをオマージュしています。

ソーとムジョルニア

火曜日。舞台はニューメキシコ、ムジョルニア落下地点に急設されたS.H.I.E.L.D.の仮設基地に変わります。ここは「マイティ・ソー」(2011年)をベースにしています。ただし映画ではフューリーはここには登場しません。

クリントはムジョルニアを「ジャクソンでも持ち上げられなかった」とフューリーに伝えます。エージェント・ジャクソンは「マイティ・ソー」にも登場しているのですが、一瞬でソーにのされてしまい、顔はほとんど映りません。エージェント・シットウェルが破れたフェンスを調べるよう、デランシーとジャクソンの二人に指示するシーンがありました。ジャクソンはジェイミー・マクシェーンさんが演じていました。

from Thor ©MARVEL,Disney

アニメ版でも数人のS.H.I.E.L.D.エージェントがソーにやられているため、このいずれかがジャクソンかもしれません。

ソーは神聖時間軸同様にムジョルニアのもとへとたどり着きますが、クリントの誤射によって死亡してしまいます。この時ソーはオーディンによって力を封印されているため、地球人よりちょっと強いマッチョでしかなく、一発の矢であえなく命を落としてしまいました。

ナターシャがトニー殺害容疑をかけられたのと同様に、クリントはターゲット殺害の容疑で拘束。さらにクリントが服毒自殺をするという異常事態に発展します。

ベティ・ロス

水曜日。ヴァージニア州のカルバー大学にシーンが変わり、「インクレディブル・ハルク」をベースにした物語が展開されます。MCUでは長らく見かけなかったベティ・ロスが再登場。ベティの声はリヴ・タイラーさんからステファニー・パニセロさんへと変更、日本語は甲斐田裕子さんが引き続き担当しています。

S.H.I.E.L.D.の目から隠れて動いているというナターシャは、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」でS.H.I.E.L.D.から逃走していたときの服装に似ています。

sponsored link
 

スタンリーズ・ピザ・パーラー

スタンリーズ・ピザ・パーラーは「インクレディブル・ハルク」(2010年)にも登場したブルースとベティいきつけのピッツェリアです。

from Incredible Hulk ©MARVEL

©2021 MARVEL,Disney

ブルース・バナー

物置に隠れていたブルース・バナーがナターシャの前に登場。声を担当するのはお馴染みのマーク・ラファロさんと宮内敦士さんですが、「インクレディブル・ハルク」のブルースはエドワード・ノートンさんと水嶋ヒロさんが担当していました。

なお、「インクレディブル・ハルク」のブルースはスタンリー・ピザのユニフォームを着てかつて所属していた大学に侵入し、データを探すシーンがありましたが、ベティと再会するのはその後の話です。アニメ版のブルースはベティに会いに来てしまったようで、トニーやソーが神聖時間軸とほぼ変わらないのに対してブルースはかなり影響が出ているようです。

ロキ

コーヒーを買って基地に戻るコールソンでしたが、突如激しい揺れを感じます。残念ながらクエイクが登場する事はなく、それはビフレストの影響でした。

そしてロキが率いるアスガルドの軍勢が姿を表します。ロキは「アスガルドの王子でヨトゥンヘイムの正当な王」と自己紹介。ヨトゥンヘイムの王を名乗りながらアスガルドの兵士やシフまでもがロキに従っている状況はよくわかりませんが、ソーが殺されたことが一因なのは間違いありません。ロキはトム・ヒドルストンさんと平川大輔さん、シフはジェイミー・アレクサンダーさんと北西純子さんが引き続き担当されています。

せっかくの自己紹介中に携帯の着信音に邪魔されるというなんともロキらしい演出になっています。

ロキはソーを殺された復讐として地球をいただくと宣言し、「マイティ・ソー」に登場したいにしえの冬の小箱を使ってS.H.I.E.L.D.のエージェントを次々と氷漬けにしていきます。

サディアス・ロス

ベティの父サディアス・ロスが登場します。声はウィリアム・ハートさんからマイク・マクギルさんへと変更されました。吹替版は菅生隆之さんのままとなっています。

ロスの指示もないまま発砲されブルースは被弾、ハルクへと変貌していきます。ナターシャは危機を察知し脱出しますが、その着地の際にまた決めポーズを取ってしまいます。こちらでもエレーナにからかわれるのでしょうか。

ハルクは映画と同様にロスと軍を相手に暴れていましたが、突如内側から爆発して死亡してしまいました。実写であればかなりグロテスクになりかねなく、アニメでよかったと思うシーンのひとつでした。

パスワード

フューリーがロキとの休戦にこぎつけた頃、ナターシャはヴァージニア、マナサスの公立図書館に逃げ込んでいました。そこでS.H.I.E.L.D.のシステムにアクセスしようとしますがパスワードがなく入れません。

コールソンからパスワードを聞き出すと「#stevestevesteveiheartsteve0704」である事がわかります。吹替版では少し異なりますが、0704はスティーブ・ロジャースの誕生日である7月4日を指しています。「アベンジャーズ」でも描かれていたようにコールソンはスティーブ・ロジャースの大ファンであり、この世界でも同様なようです。

ここでジャネット・ヴァン・ダインのファイルへのアクセス履歴がある事が判明。

©2021 MARVEL,Disney

日本語字幕でのナターシャは「希望」が鍵だと言っていますが、英語や吹替ではホープと言っており、ナターシャが見ていたファイルからホープ・ヴァン・ダインを指している事がわかります。

アベンジャーズ

フューリーがナターシャの伝言を受け取ったのはイザベラズ・ダイナー、「マイティ・ソー」に登場した店で、ソーがグラスを割った店です。

©2021 MARVEL,Disney

コールソンはロキを目の当たりにしたことで、S.H.I.E.L.D.で対応できない時のためのアベンジャーズの必要性をあらためて指摘。そして、まだアベンジャーが残っていると「S.H.I.E.L.D.ディレクター」という肩書が添えられたフューリーに告げます。しかし、アベンジャーズは自分だけではないと、フューリーは「キャプテン・マーベル」でキャロル・ダンヴァースから預かった緊急呼び出し用のポケベルを取り出すのでした。

sponsored link
 

デストロイヤー

フューリーがロキのもとへ向かうと、「マイティ・ソー」にも登場したデストロイヤーが門番をしていました。

MCUではデストロイヤーについてあまり説明がなく、アスガルドの宝物庫の番人として登場していましたが、コミックでは「セレスティアルズから地球を守るためにオーディンが作ったもの」でした。実際に目的どおりに運用もされましたが、基本的にはロキに悪用される兵器でもあります。

セレスティアルズは11月公開予定の「エターナルズ」でも登場するので、デストロイヤーが再登場する可能性もあるかも?

ピム博士

木曜日。フューリーが訪れたサンフランシスコの墓地は、「アベンジャーズ/エンドゲーム」でスコット・ラングが訪れたサノスの被害者の共同墓地に似ています。

そこにはS.H.I.E.L.D.のエージェントと書かれたホープ・ヴァン・ダインの墓がありました。そこに父親であるハンク・ピムも登場します。ピムは神聖時間軸同様にマイケル・ダグラスさん、御友公喜さんが声を担当しています。

ピムはイエロージャケットの姿をしていますが、コミックの初代イエロージャケットはハンク・ピムであり、原作オマージュとなっています。ダレン・クロスがイエロージャケットになったのはMCUオリジナルのエピソードです。

オデッサの任務

S.H.I.E.L.D.に妻も娘も奪われたというピム博士に対して、フューリーはホープはウクライナのオデッサの任務で亡くなったといいます。

MCUでオデッサについて触れられた事があり、そのエピソードは「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」で登場しました。ここで語られたのは2009年の任務で、ナターシャ・ロマノフが参加している任務でした。任務の詳細は不明ですが、イランの核技術者とウクライナ・オデッサで同行中にウィンターソルジャーに襲撃され、弾丸はナターシャの腹部を貫通し、イランの核技術者は射殺されたとナターシャは説明しています。これのせいでビキニを着られなくなったと語りました。

今回のエピソードの西暦は明記されていませんでしたが、神聖時間軸でのアベンジャーズ結成が2012年であること、このエピソードがその少し前の話であり、そこから2年前にホープが死んだことを考えるとこの任務の「もしも」バージョンに参加した結果、ホープは命を落としたと言って差し支えなさそうです。

ただし、ピム博士は「母親と同じ死に方をした」と言っており、これが神聖時間軸と同じ死に方(量子世界に入った事)なのか、こちらでは別の死に方をしたのかは不明となっています。

分岐イベント

1話、2話と違って今回は分岐イベントについて描かれません。ピムが口頭で説明したように、ホープが死んだことに対する復讐の話でしたが、神聖時間軸のホープはそもそもS.H.I.E.L.D.のエージェントではありません。ホープがS.H.I.E.L.D.に入った事で既に分岐が始まっていたようです。

決着

決着はあっけないものでした。最後の復讐を果たそうとするピムでしたが、フューリーの動きを捉えられません。ピムが戦っていたのはロキの幻覚であり、あっさりとお縄頂戴となってしまいました。

演説

金曜日。ロキはニューヨークの国連本部にて世界に向けて演説をします。この演説内容は「アベンジャーズ」でドイツに赴いたロキが行った演説、及びドラマ「ロキ」1話で演説とほぼ同じ内容であり、地球の脅威で有り続ける事が判明します。

そのためアベンジャーズの必要性は変わらず、このもしもの世界ではキャプテン・アメリカとキャプテン・マーベルを軸にアベンジャーズがスタートする事を示唆して物語は幕を閉じます。

ラストシーンでのキャロルの登場は「キャプテン・マーベル」のポストクレジットシーンをオマージュしています。


以上、今回のイースターエッグ、その他チェックポイントでした。

今回の内容はキャプテン・アメリカの状況を見るに、1話の世界とは繋がっていないまったく別のもしもの世界のようです。これまでの3つのエピソードは全て独立しているのかもしれません。

しかし予告動画の中にはキャプテン・カーターとドクター・ストレンジが登場しているシーンがあり、9つのエピソードのうちいくつかは同じ世界を描いている可能性があるため、今後少し複雑になるかもしれません。

しっかりと物語を整理して理解しておくのがいいと考えられます。

アニメ「ホワット・イフ…?」シーズン1、次回エピソード4は 2021年9月1日(水)16時より配信開始です。

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ロキ」、監督が「在り続ける者はイモータスではない」とコメント ─ タイムキーパーの声優も判明

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のケイト・ヘロン監督が、第6話「とわに時を いつでも」に登場した在り続ける者の正体に関するファンセオリーに触れ、そうではないとコメントしま …

バッキー・バーンズの誕生日をお祝いして、セバスチャン・スタンさんがシビル・ウォーの舞台裏写真を公開

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の主人公の一人、ウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズは1917年3月10日に生まれで104歳の誕生日を迎え、それを祝してMCU(マーベル・シネ …

【噂話】デイジー・ジョンソンがMCUに登場すると報じられる

マーベル・コミックのキャラクター、クエイク/スカイ/デイジー・ジョンソンがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に登場すると、海外スクーパーの @NacaoMarvell が Twitterに …

マーベル・スタジオ代表がNetflixのマーベルキャラクターに言及

マーベル・スタジオの代表ケヴィン・ファイギ氏が海外メディアとのインタビューでマーベル・テレビジョンが制作したNetflixドラマのキャラクター達について言及しました。MCU(マーベル・シネマティック・ …

ドラマ「ワンダヴィジョン」のヒット曲「Agatha All Along」の本来のタイトルは違った事が明かされる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」の第7話「第4の壁を破って」で挿入された「Agatha All Along」が元々は違った曲名だったことをマット・シャックマン …

PREV
映画「ブラックウィドウ」の4kUHD、Blu-ray、DVD、MovieNEXの発売が9月15日に決定
NEXT
「ワーウルフ・バイ・ナイト」続報、ディズニープラスの2022年ハロウィンスペシャル番組と報じられる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What if…?関連記事

ロキ関連記事

ファルコン&ウィンター・ソルジャー関連記事

◆2021年9月3日「シャン・チー」MCU
◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本未定)
◆2022年1月28日「モービウス」(日本未定)
◆2022年3月25日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。