まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ホークアイ」、6話のイースターエッグをピックアップ

投稿日:

2021年12月22日にディズニープラスで配信されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」シーズン1エピソード6「クリスマスがやってきた?」のイースターエッグを中心に原作設定や今後の予想などをご紹介。

※この先はシリーズのネタバレ、および今後の物語のネタバレの可能性が含まれています。ネタバレが嫌な方はご遠慮ください。

sponsored link
 

キングピン/ウィルソン・フィスク

Netflixのマーベル・ドラマ「デアデビル」にてキングピン/ウィルソン・フィスクを演じていたヴィンセント・ドノフリオさんがMCUにも登場しました。しかしNetflix版の吹替は乃村健次さんでしたが、MCU版は玄田哲章さんに変更されています。

2作品のキングピンが同一かどうかについて、バート&バーティ監督はここでは触れないという決断をしている事を海外メディア Polygon とのインタビューにて明かしています。演じているヴィンセント・ドノフリオさんは「僕の中では同じだ」と答えています。

そういうわけで「デアデビル」を未視聴の視聴者が困る事は何一つなく、ニューヨークの裏社会を牛耳る人物として十分に機能しています。

手を切りたいと切り出すエレノアに対して、「この世界に一線などない」と返すキングピンですが、エレノアは資料のコピーがあると脅しをかけ立ち去ってしまいます。この事について後のシーンでキングピンはカジに愚痴をこぼしていますが、日本語吹替では「銀行員のように仕事をやめられると思っている」と言っているのに対して、日本語字幕では「キャリアウーマンのように」、そして英語では「ゴールドマン・サックスの社員のように」となっています。ドラマ「ロキ」ではTVAにて「僕のパパはゴールドマン・サックスの取締役員だぞ」と叫んで剪定されてしまうモブの変異体がいて、ごくごく小さな繋がりになっています。なお、ゴールドマン・サックスはディズニーの顧問としてマーベルの買収に関与し、長い関係を続けています。

エレノアが立ち去り、マヤと会うシーンではキングピンの衣装が変わっています。マヤとのシーンでは「Amazing Spider-Man: Family Business」(2013年)のカバーアートと同じスタイルになっています。

©MARVEL

そして「この街が私のものだと世間に思い出させないと」とキングピンは強硬手段に出る事をカジに命令します。

エレノア・ビショップ

コミックではヴィランのマダム・マスクと裏で繋がっていたエレノアでしたが、MCU版では5話のラストで判明したようにキングピンと繋がっていました。

序盤のエピソードでは娘のケイト・ビショップそっちのけでジャック・デュケインとラブラブする様子が描かれていましたが、そんな婚約者を売ってまでしてもケイトのほうが大切なようです。

クリント暗殺依頼に関しては少し謎が残る所です。エレーナがコンテッサ・ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌ、通称ヴァルの下で働いているのは「ブラックウィドウ」でも明らかになっていますが、そのヴァルへの依頼はキングピンを経由して行われたのか、エレノアがヴァルに直接依頼したのかは明かされませんでした。

危険なトリックアロー

キングピンとトラックスーツ・マフィアとの対決に備えて準備を始めるクリントとケイト・ビショップ。3話でも登場したピムテック製の矢が再登場した他、予告で確認されていたスターク製の矢も登場し、ケイト・ビショップは3話での不便を改善するために「エアバッグ」「凍結」「フラッシュ」「氷壊」などのラベルを用意しています。

準備をしながらケイト・ビショップの覚悟を確認するクリント。ケイトは、スーパーパワーのないホークアイが弓矢でチタウリたちと戦う姿を見て、「ヒーローとはスーパーパワーを持つ人でははなく、正しいことを勇敢にやり通せる人のこと」だと学んだと言います。その覚悟を認めたクリントはケイト・ビショップを同行させて、ビショップセキュリティのクリスマスパーティ会場へと向かいます。

パーティ会場にて

会場に到着した2人に加え、このシリーズの準レギュラーとも言えるラーパーズの面々もウェイターとして参加し、手伝ってくれていました。不思議なことに逮捕されていたジャック・デュケインも釈放されて参加していました。殺人容疑での逮捕から一日で釈放されているのは謎ですが、ジャックもまたニューヨークのハイソサエティな人間のひとりとして、社会的に何か大きな力を持っているのかもしれません。

そして向かいのビルにはカジがライフルを持って現れ、会場となっているビルにはトラックスーツ・マフィアの連中が続々と到着。さらにエレーナも会場に到着、受付を担当していたラーパーズのオーヴィルは素通ししてしまいますが、聞かされていなかったのであれば仕方ありません。

エレノアと合流したケイト・ビショップは「ママを助けたい」と真相を掴んだ事を明かします。その場にジャックも現れますが、エレノアは動揺し、もはやジャックにはお構いなしになってしまいます。

この一帯にこのシリーズの主要キャラクターが集結した所でカジの発砲を皮切りに、視聴者的パーティータイムがスタートします。

エレーナvs.ケイト・ビショップ

会場が騒然とし、来客たちが避難する中、ケイト・ビショップはエレーナを見かけて後を追います。クリントの暗殺をやめさせたいケイト・ビショップですが聞き入れては貰えません。

力づくで止めさせたいケイト・ビショップに対して、エレーナの能力は遥かに上で空回りを続けます。気になるのはエレーナのほうで、実際は彼女のスキルやブラックウィドウのツールを使えばケイト・ビショップを無力化して任務を遂行できるはずです。そうしないのはエレーナのポリシーなのか、あるいはエレーナの所属する組織のやり方なのか、今後の展開に注目となりそうです。

かつては「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の空港シーンや「アベンジャーズ/エンドゲーム」のヴォーミアにてクリントとナターシャの対決を見てきましたが、本作ではやくも二代目同士の対決を見ることになりました。

なお、エレベーターから出る際にエレーナがケイト・ビショップに放った「cyka」という言葉は英語でビッチに相当する言葉で、日本語字幕では「クソ女」と表現されています。「ブラックウィドウ」でナターシャにバイクの鍵を盗まれていた時は英語で姉のことをビッチと呼んでいました。

エレーナとケイト・ビショップの取っ組み合いが始まった 「Tanner, Dees, & Associates」はタナー・ビーンさんとコートニー・ディーズさんの名前を表示していると考えられます。タナーさんは本作の作家兼エグゼクティブストーリーエディターであり、コートニーさんはセットの装飾制作アシスタントとして参加しています。

©2021 MARVEL,Disney

エレーナに続くようにビルから飛び降りたケイト・ビショップでしたが、ヒーロー着地するにはまだ早かったようでポーズは決まりませんでした。

ケイト・ビショップvs.トラックスーツ・マフィア

エレーナには手も足も出ないケイト・ビショップでしたが、トラックスーツ・マフィアに対しては滅法強く描かれました。イマジン・ドラゴンズのファンだったマフィアメンバーは結局マルーン5のライブに行くことで落ち着いたようですが、そんなコミカルなシーンを入れつつも数人をあっという間に倒してしまいます。

加勢に来たマフィアに銃を突きつけられピンチを迎えてしまいましたが、ジャック・デュケインの介入により助けられます。しかし、マフィア相手とは言え、殺人容疑で捕まった翌日に剣を振り回して大丈夫なんでしょうか。古い時代劇のような大げさな出血表現こそありませんが、マフィアのひとりのジャージは真横に切り裂かれており、模造刀などではないことを示しているようです。

©2021 MARVEL,Disney

オウル

窓から飛び出したクリントですがワイヤーが切れてクリスマスツリーに突っ込んでしまいました。その中にはフクロウがいて、不思議そうにクリントを見つめていました。

©2021 MARVEL,Disney

コミックにはオウル(日本語でフクロウ)の異名を持つリランド・オウルズレイというヴィランが存在し、キングピンの金庫番としてスパイダーマンやデアデビルなどと戦いますが特に関係はなさそうです。

 2020年の現地ニュースによると、クリントが引っかかったツリーのもとになっているロックフェラーセンターのクリスマスツリーは、ニューヨーク州オニオンタで伐採されマンハッタンに運ばれてきましたが、到着してからフクロウが住み着いていた事が発見され保護されています。

このフクロウがクリントに敵対的であればダブルミーニングのようにも考えられましたが、今回はただ実話にインスパイアされただけのように思えます。

ショータイム

ツリーから強制的に降ろされたクリントとケイト・ビショップがスケートリンクで合流し、トラックスーツ・マフィアも集まってきます。この時クリントの背後が映され、以前にジェレミー・レナーさんが公開していたS.H.I.E.L.D.の矢筒を使用している事がわかります。

©2021 MARVEL,Disney

S.H.I.E.L.D.自体が帰ってくる事はありませんでしたが、言及の多い作品になっていました。そして「マイティ・ソー」(2011年)でホークアイがデビューしてちょうど10年、ようやくコミック通りのコスチュームとなりましたが、残念なことにマスクは再現されませんでした。

また、10年目にして初めて見せるトリックアローが画面を彩り、マフィアたちを次々と撃破していきます。最後に突っ込んできたトラックをピム・アローで小さくしますが、戻し方はわからないようでスコット・ラングに聞く必要があるようです。

第2ラウンド

あらかたのトラックスーツ・マフィアを撃退した所へカジたちが到着。クリントは4話でブーメランアローのあとに話題にしていたスプリットアローも今回実用化して採用し、それを用いて応援に駆けつけたマフィアを排除しました。ケイト・ビショップは「それは無理だ」と考えていましたが、さすが師匠と言った所でしょうか。

クリントとカジの直接対決が再び始まると思いきや、影を潜めていた女性陣が割り込んできます。エレーナはクリントに襲いかかり、マヤはカジと対峙します。

「姉さんに何があったのか」問うエレーナ。真相を知りたいという事はヴァルの言うことを完全に信用しているわけではないと言えそうです。「お姉さんは命と引き換えに世界を救った」と返すクリントですが、しかしエレーナはこれも信用できません。そもそも論としてナターシャの死を受け入れられてないようです。

一方のマヤはカジと「すべてを水に流して一緒に生きたい」と明かしますが、カジはこれを受け入れられません。どこかでそうしたいという表情を見せながらも、カジにとってトラックスーツ・マフィアは人生そのものだったようです。

以前にマヤは父親から「ふたつの世界を同時に行き来出来る」と教えられましたが、カジは「両方の世界を歩くことは出来ない」とそれを否定してしまいます。己を貫き、近くにあった矢を拾ったカジは襲いかかりますが、うまく捌かれて自分の腹を刺してしまいました。

ケイト・ビショップvs.キングピン

MCU版のキングピンの能力についてその起源などの説明はありませんが、コミックのキングピンはただ鍛錬によってのみ、その能力を獲得しています。つまりスティーブ・ロジャースのような薬もなければ、トニー・スタークのようにテクノロジーで強化しているわけでもありません。もちろんミュータントやインヒューマンのような特殊な能力もありません。

しかしかつてウィンター・ソルジャーが見せたようなダイナミックな車のドアの開け方を視聴者に見せつけ、エレノアに話をしようと迫るキングピン。そこへケイト・ビショップが到着し、矢を放ちますがまったく効いた様子がありません。コミックのキングピンは力士のように筋肉の鎧に覆われているとされており、MCU版でもそういった設定になっていると考えられそうです。娘のピンチを救うべく、エレノアがキングピンを車で跳ね飛ばしますが、やはりこれもさほど効果がありませんでした。

なんとか食らいつくケイト・ビショップでしたが、体術ではキングピンには叶わず、矢はすべて奪われて折られてしまいました。しかし隙きを突いてカフスボタンを奪い取り、クリントからならったコインの投擲術を応用して「特上の危険」の矢を起動し、文字通り一矢報いるのでした。Netflixの「デアデビル」のキングピンはカフスをコレクションしていた事もあり、そのカフスが最後の攻撃になっているのはファンサービスだと考えられます。

そしてケイト・ビショップはクリントに言われたようにヒーローとして辛い決断をし、母親を逮捕させる事で母娘の物語はひとまず幕を下ろしました。

クリントとエレーナの決着

「なぜ姉を止めなかったのか」問われるクリントは「彼女のほうが上手だった」答えます。事実として、クリントはエレーナにも手も足も出ない状態で、S.H.I.E.L.D.のエージェントよりもレッドルームのウィドウのほうが戦闘力が高いようです。

とどめを刺すべく銃を出したエレーナでしたが、クリントは咄嗟に秘密の口笛を吹くことでエレーナの手が止まりました。ナターシャが秘密を明かした相手だとようやく認識して、話を聞く態勢へと変化していきます。

結局のところ、エレーナは自分がいればナターシャの死を止められたと悔やんでいました。しかしクリントの「彼女の意志は鋼だ」という言葉に強く共感したエレーナはようやくナターシャの死を受け入れ、立ち去っていくのでした。

エレーナがどのような組織に所属しているのかは不明ですが、任務失敗のまま帰還して無事なのかは心配な所です。あるいはこれがきっかけで組織を抜け、ヒーローへと転じるのでしょうか。

キングピンとマヤ

「特上の危険」の矢を持ってしても、キングピンは一時的に気絶しているだけでした。よろめきながらも現場から逃走したキングピンの前にマヤが姿を現します。

マヤはキングピンに銃を突きつけますが画面は切り替わり、クリスマスの街が映される中でキングピンのセリフを遮るように銃声が響き渡ります。

コミックでも父親殺しの真相を知ったマヤはキングピンに発砲しています。

©MARVEL,Disney

 

MCUのキングピンがこれにて退場になるかは不明ですが、放送されなかったポストクレジットシーンによるとキングピンは生きていると設定されていたようです。ちなみにコミックでもこのシーンのあと、失明はしましたが生存していました。

パーティの結末

なんとか一件落着したトラックスーツ・マフィアによるパーティ会場襲撃事件。

ラーパーズのウェンディがジャックの剣さばきを見てスカウトしていますが、このシーンはコミックではヴィランの二人でありながら、結局は味方という形となった、コミックファンを翻弄する二人でした。

©2021 MARVEL,Disney

救急車の傍らで応急処置を済ませているクリントとケイト・ビショップ。クリントは「時々、自分のあらゆる点をよくする特別な人に出会う」とケイトの事を指して話し始めますが、最後には照れてしまったのか、衣装を作ってくれたミッシーのことにしてしまいます。そして、一人でキングピンと戦った「相棒」に対して「誇りに思う」と告げるのでした。

エピローグと時計の持ち主

クリスマスになんとか間に合ったクリントと、同行してきたケイト・ビショップとワンコ。ここに来てようやくコミック通りにラッキーという名前が与えられる事になりました。

そして第1話から登場していたキーアイテム、ロレックスの時計の謎がここに来てようやく明かされます。

時計の裏にはS.H.I.E.L.D.のマークと共に19の番号が表示されており、ローラ・バートンがS.H.I.E.L.D.のエージェント19だった事を示しているようです。エージェント19とはコミックで言う所のモッキンバードことバーバラ・”ボビー”・モースで、クリントと結婚している時期がありました。ボビーはドラマ「エージェント・オブ・シールド」でも実写化され人気を獲得し、単独シリーズも計画されていましたが、演じていたのはエイドリアンヌ・パリッキさんでした。

細かく見るとコミックではエージェント19=モッキンバード=ボビーで間違いありませんが、「エージェント・オブ・シールド」のボビーはコードネームで呼ばれた事はなく、クリント・バートンとのエピソードは一切ありませんでした。ただし、コミックのモッキンバード同様にバトンによる戦闘を得意としていました。

一方で今回はローラ・バートン=エージェント19がほのめかされただけで、他の情報はありません。今後のMCUで新たなエピソードの登場に期待がかかっています。

MCUはマルチバースによってキャラかぶりすら公式に受け入れる世界観を作り上げたため、今後リンダ・カーデリーニさん演じるエージェント19と、エイドリアンヌ・パリッキさん演じるボビーが同時に登場する可能性も否定できません。

そして結局のところ、トニー・スタークはこの件に関して正解でした。映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でクリントの自宅に避難した際に、初対面のローラに対してトニーは「彼女もエージェント、だろ?」と発言していました。バートン夫妻がこれに対して返答する事はなく、この映画から6年を経て物語上で回答が示されました。

ちなみにS.H.I.E.L.D.の全てのエージェントにコードナンバーがあるわけではありません。実写版で有名所だとMCUでシャロン・カーターがエージェント13、「エージェント・オブ・シールド」でウォードと恋仲になったキャラ・パラマスがエージェント33でした。

多くのS.H.I.E.L.D.メンバーはエージェント・カーター、エージェント・コールソン、エージェント・シットウェル、エージェント・メイなどのように名前がそのまま使われています。

そして肝心のケイト・ビショップのコードネームについていくつかアイデアが連呼されましたが、クリントの「いいの思いついた!」というセリフとともにホークアイのロゴが表示され、コミック通りホークアイを名乗ることを示唆しています。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」の印象的な冒頭シーンから始まったクリントの悲劇。その始まりを告げた的にラストでフォーカスされて、この物語は幕を下ろしました。

ロジャース・ザ・ミュージカル

ポストクレジットで流されたのは1話でクリントと子供たちが鑑賞していた「ロジャース・ザ・ミュージカル」の楽曲「Save The City」のフルバージョン。

第1話の配信後に音源のみのフルバージョンがYoutubeなどで公開されていますが、映像もフルに用意されていたようで、マーベル・スタジオからのハッピーホリデーとしてここに挿入されていました。

ちなみに客席に時折映るのは人物は「Save The City」の作曲を手がけたマーク・シャイマンさん。映画「天使にラブ・ソングを…」(1992年)やミュージカル「ヘアスプレー」(2002年)などの楽曲を手がけた人物です。

リース・トーマス監督によると、当初はこのミュージカルが挿入される予定ではなかったとの事で、別の映像が撮影されていたようです。


ドラマ「ホークアイ」シーズン1はディズニープラスで全話配信中です。

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ホークアイ」はエンドゲーム後の2025年が舞台か

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」の撮影が本格的に開始さ、先日は地下鉄駅構内でのロケ現場が目撃されていましたが、今回あらたな目撃情報から、作品の時系列が2025年にな …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のセット写真よりバトロックと謎の女性を確認

ディズニープラスで配信予定のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」は中断されていた撮影が再開され、その様子はキャストやスタッフ達のオフショットやスクーパー達のリークと言った形で日を追うご …

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」ファイナルシーズンの約5分のプレビュー動画が3本公開

米ABC制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ、エージェント・オブ・シールドのファイナルシーズンが今週から米国で放送開始されました。 ABCの公式Youtubeチャンネルにて、そ …

MCUの次期計画は7月23日のSDCC2022メガパネル内で発表と報じられる

今月開催されるサンディエゴ・コミコン2022において、マーベル・スタジオのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に関する次の計画に関する発表が、現地時間の23日午後5時からの「マーベル・スタジ …

「ウェアウルフ・バイ・ナイト」、監督がエンディングについて「彼らの世界の変化を表現している」と解説

マーベル・スタジオ制作のドラマ「ウェアウルフ・バイ・ナイト」のマイケル・ジアッキーノ監督がファンタスティック・フェス2022(Youtubeより)にオンライン参加し、Q&Aにて本作のエンディン …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。