まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

トム・ヒドルストンさん、ドラマ「ロキ」3話の「愛は短剣」について言及

投稿日:

先日配信されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の3話の中で描かれたロキとシルヴィのやり取りのシーンで、二人の恋愛経験について明かされました。そして愛とは何かという問いかけに「愛とは憎しみ」だと言うシルヴィに対し、ロキは悩んだ末に「愛とは短剣」だと喩えました。

sponsored link
 

「ロキ」の脚本家であるマイケル・ウォルドロンさんと主演のトム・ヒドルストンさんは、Marvel.com とのインタビューの中で、このシーンについて語りました。

インタビューの中で、ヒドルストンさんはシルヴィの「悪いたとえだ」という指摘に同意しました。

これはロキが自然に思いついたことのひとつです。愛と他人を信じること、そして何かの理由で愛することも信じることもできないことについて話し合っていて、ロキは何か深いものを思いついたと思ったんです。
シルヴィにとっては、ロキの尊大さというバブルを破裂させるチャンスなのです。彼はいつも深い事を思いついたと感じているけど、実際には特に深くはないんです。

ウォルドロンさんは、このシーンを書いた時の事を以下のように説明しました。

あれは本当にすぐに書き上げました。結婚式を控えた2週間の間にエピソード3を修正していたのを覚えています。面白いことに、あれはおそらく最もロマンチックなエピソードです。あの時、ロキは少し酔っ払っていました。それが私を解放してくれました。”あまり深く考えないで “という感じで、ロキがここで考えるであろうことを最初に考えました。

ウォルドロンさんは、ロキが納得できるような意味を持つ必要はないことを指摘し、アスガルド人の多くの比喩のように「ほとんど」機能したと認めています。

意味があるようでないような喩えを繰り広げる二人はまさしくロキであり、二人の冒険とTVAの気になる真相は次のエピソードへと持ち越されています。

ドラマ「ロキ」は 毎週水曜日 16時より ディズニープラスで新エピソードを追加配信中。次回、第4話は 2021年6月30日 配信です。

ソース:‘Loki’: The Meaning Behind ‘Love Is A Dagger’

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ホークアイ」の本編映像が公開

来週からディズニープラスで配信されるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」の公式本編映像「Branding Issues」が公開されました。ホークアイ/クリント・バートン …

【噂話】実写版「マーベル・ゾンビーズ」の計画が進行中?コミックライターが気になる発言

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ…?」のエピソード5ではマーベルヒーローたちがゾンビになってしまった世界が描かれました。これは …

ドラマ「ワンダヴィジョン」からMid-Seasonトレーラーと新ポスターが公開

マーベル・スタジオが制作するドラマ「ワンダヴィジョン」の新たなトレーラー「Mid-Season」とそのポスターが公開されました。今回は90秒ほどの動画でこれまでのダイジェストに加え、Sneak Pee …

エージェント・メリンダ・メイを演じたミンナ・ウェンさんがドラマ「ロキ」に言及し、称賛する

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」でシーズン1からファイナルシーズンまでS.H.I.E.L.D.のエージェント、メリンダ・メイを演じたミンナ・ウェンさんが、海外メディア Comicbook.com …

トム・ヒドルストンさん、ロキが死ぬことは「マイティ・ソー/バトルロイヤル」撮影前から知っていた事を明かす

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズでロキを演じるトム・ヒドルストンさんが、ロキの最期についてかなり以前から知っていたことを、Empire Magazin …

PREV
映画「ブラックウィドウ」、日本向けCMでマーベル声優がアッセンブル!?
NEXT
ドラマ「ロキ」、新たな動画”Meet Sylvie Featurette”が公開 ─ ケイリー・フレミングちゃんの姿も確認

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。