まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

シネコンで公開された「デッドプール&ウルヴァリン」のフッテージ映像の全貌が判明

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

先日ラスベガスで開催されたシネマコン2024の会場で公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」のフッテージ映像の全貌が各種メディアによって明らかとなりました。公式の予告やあらすじを詳細にしたものといった程度ですが、現時点での本編映像の一部の説明となりますので、ネタバレを避けたい方はここで引き返してください。

※これより先は「デッドプール&ウルヴァリン」のネタバレを含んでいます。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」のBGMが流れる中、ウェイド・ウィルソンは、中古車販売のセールスマンとして働いており、4人家族を相手に接客。車の中で2人の子供に挟まれながら、その車を悪態をつきながら紹介しています。ウェイドは「あまり女遊びはしない」とジョークを言いますが、その下品な発言は家族連れを不快にさせてしまいます。

ロッカーの前でウェイドを見つけた同僚のピーターは、スーパーヒーローに戻ることを勧めます。しかし、ウェイドは「もうやめた。辞めたでいいんだ」と拒絶。しかし「これが俺ちゃんが望んでいた人生なのか? クソったれ、全然違う」と本音を漏らします。

別のシーン、ピーターとウェイドが自転車に乗っています。「俺たちがデッドプールだ!」とピーターが言いますが、ウェイドは否定します。通りを挟んで誰かが写真を撮っていることに気付き、ウェイドは自分が誕生日のせいで変になっていると否定します。

彼の自宅アパートでは、サプライズパーティーが待っていました。「5年前だったら、みんな殺してたな」と冗談を言います。シャッタースターも参加していますが、ドーピンダーの話には興味がありません。ブラインド・アルはウェイドのセールスの状況を尋ね、金をもらうのが待ち遠しくてイライラしています。

「毎日、神様がお前さんを焼き尽くしてくれるように祈ってる。神様がやる気のない分まで、火事で始末してくれるといいんだけどね。」と、彼女は辛辣な言葉を浴びせます。

コロッサスは「グレート・ブリティッシュ・ベイクオフ」というイギリスの料理番組を見ていました。ネガソニックとユキオは相変わらず付き合っている。ブラインド・アルはコカインをやりたがっているが、ウェイドは「ファイギ(マーベル・スタジオ社長)がコカインだけは許さないって言ってただろ!」と止める。

ウェイドはヴァネッサとも再会するが、彼女にはダーモットという新しい彼氏が出来ていました。落胆したウェイドは仲間たちと話をする。「ここ数年は大変だったけど、幸せなんだ。それはみんなのおかげだ。愛している人たちと同じ部屋に居られて、俺ちゃんはなんて幸せなんだろう」と誇らしげに感謝の気持ちを伝える。そして、ろうそくの火を吹き消して願い事をした直後、ドアをノックする音がする。TVAだ。

ウェイドはストリッパーだと思い込み、TVAが持っているタイムスティックをショーの道具と勘違。直後にポータルが開き、ウェイドは引きずり込まれる。目を覚ますと、パラドックスという人物が目の前に座っていました。

「我々は神聖時間軸を守る役目だ」とパラドックスは説明を始めるが、すぐにウェイドに遮られる。「三部作目でこんな大量の説明って、ケーブルの時間移動装置を使ったせいかな?」とウェイドは皮肉を言う。

TVAは「デッドプール2」におけるタイムラインの「乱用」について把握しているものの、今回の件はそれと関係ないようです。パラドックスは、ウェイドが「神聖時間軸全体を救うことができる」と主張。「我々は監視組織だ…神聖時間軸を守る役目だ。君は崇高な目的のために選ばれた。神聖時間軸全体を救うかもしれない存在だ。」

ウェイドは皮肉を込めて「大量の理不尽で不必要なカメオ共演が見られるのか、映画のような展開が待っているのか?」と尋ねます。パラドックスはスクリーンにキャプテン・アメリカの姿を映し出し、ウェイドは敬礼をします。続いて「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」のロキの死のシーンが流れ、ロキの代わりにデッドプールが映りますが、ウェイドは非常に困惑しています。パラドックスは、ウェイドが自分のタイムラインを離れ、ずっと望んでいた世界に加わる準備ができていると信じているようです。

「わかったよ。俺ちゃんが救世主だっていうわけだ。マーベルの神だね」とウェイドは悟ったように言います。

ウェイドはカメラに向かって走り寄り、マイクを引き寄せフレーム内に収めます。そして、ヘッドバットでレンズを粉々にします。マイクを掴むと「ファッキュー、FOX!俺ちゃんはディズニーランドに行くぞ!」と叫びます。

別の部屋で、スタイリッシュなヒゲを生やした男から新しいスーツを受け取ります。お尻も叩いてもらってご機嫌です。なんと、アダマンチウムのカタナまで装備されています。

「うん、パンツがきつくなってきたな」とウェイドは満足げにつぶやきます。

映像は別のシーンに切り替わります。ウルヴァリンとデッドプールが一緒にバイクに乗っています。デッドプールはウルヴァリンのスーツをからかい、「X-メンはこんなの着させるのか?」と尋ねます。「友達同士なら、こんなダサい格好で家を出させないだろ」と。ローガンは「口を閉じてろ」と一喝します。


予告で判明していたバースデーパーティーのシーンやTVAとの面会シーンを詳細にしたもので、ここではヴィランやウルヴァリンとの合流の経緯などの映画の核となりうる部分はまだまだ秘密が守られているようです。

ヴァネッサに新しい彼氏が出来ているというのはそこそこなネタバレで、これによってウェイドが元のユニバースと決別する理由を設定しているのでしょうか。

本作のあらすじは以下の通りです。

中年の危機を経験しながら職業上の挫折に直面した後、ウェイド・ウィルソンはデッドプールを正式に引退し、中古車のセールスマンになることを決意しました。しかし、友人、家族、そして全世界が危険にさらされているとき、デッドプールは引退生活から刀を持ち出すことを決意する。彼は、自分たちの生存だけでなく、最終的には彼らの遺産のために戦うために、消極的で警戒心のあるウルヴァリンをスカウトします。

「デッドプール&ウルヴァリン」はライアン・レイノルズさんとヒュー・ジャックマンさんに加え、 「デッドプール」シリーズからカラン・ソーニさん(ドーピンダー)、レスリー・アガムズさん(ブラインド・アル)、モリーナ・バッカリンさん(ヴァネッサ)、ステファン・カピッチッチさん(コロッサス)、ブリアナ・ヒルデブランドさん(ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド)、忽那汐里さん(ユキオ)、ロブ・ディレイニーさん(ピーター)の再登場が確認されています。

また、「X-MEN」シリーズや「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」でプロフェッサーXを演じたパトリック・スチュワートさんが本作の撮影を終えた事をほのめかし、出演を暗に認めていました。

そのほかにも多くの再登場キャラクターがいるとも報じられています。

そして以前には、ソーを演じるクリス・ヘムズワースさんが「デッドプール3」にカメオ出演したいとも明かし、「デッドプール3」の脚本家も実現すればクールだと語っていました。

映画「デッドプール&ウルヴァリン」は 2024年7月26日 に劇場公開予定です。

ソース:comicbook @DeadpoolUpdate 、@GeeklyGoods

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

米政府のコロナ対策により映画「ブラックパンサー」続編のレティーシャ・ライトさんに新たな問題が発生したと報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー」シリーズでワカンダの王女シュリを演じるレティーシャ・ライトさんは8月の …

サイクロップス役のジェームズ・マースデンさん MCUでの再演に意欲的

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ScreenRantのインタビューによると、俳優のジェームズ・マースデンさんがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でのサイクロップス …

「デッドプール&ウルヴァリン」、黒澤監督「羅生門」他、40近いアイデアがファイギ社長に断られたと主演俳優が明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」について、ケヴィン・ファイギ社長 …

映画「キャプテン・マーベル2」には原作でも関係が深いカマラ・カーンとモニカ・ランボーが登場

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2022年公開予定の映画「キャプテン・マーベル2」に、原作コミックでも関係が深いキャラクターであるモニカ・ランボーとミズ・マーベル/カマラ・カ …

映画「スパイダーマン:ホームカミング」、アベンジャーズタワー購入人物に関する新たなレポート

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2017年公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ホームカミング」で描かれたトニー・スタークのアベンジャー …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。