まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」興行収入が10億ドルを突破すると報じられる ─ 2021年1位の作品に

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の興行収入が10億ドルを突破する見込みであると、海外メディア Forbes が報じました。現地時間24日の金曜日の時点で米国内で約4億6000万ドル、世界で約9億2200万ドルの興行収入を上げている本作は、クリスマスには10億ドルの大台を振り切ると伝えています。

sponsored link
 

本作は、2021年最大の世界興収(ほとんどが中国での興収である中国映画「長江湖畔の戦い」の9億400万ドルを上回る)であると同時に、2019年12月の「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(10億7300万ドル)以来の10億ドル稼ぎの作品となります。

さらに、「探偵チャイナタウン3」(6億9000万ドル)、「ハイママ」(8億3700万ドル)、「The Battle at Lake Changjin」などの中国映画が、もはや大量のハリウッド・テントポールを必要としない中国の姿を示していますが、スパイダーマンはすでに、中国から1円も出さずに10億ドルを超える珍しいブロックバスターと化していると記事は伝えています。この「ノー・ウェイ・ホーム」は、世界興行収入で10億ドルを突破した史上49番目の映画ですが、中国抜きでは5番目の映画となります。

昨今の中国映画市場は無視できない大きさになっており、今後「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」が中国での上映を認可されればさらに興行収入を伸ばすと見られています。そうなれば、単独のスーパーヒーロー映画で13億4700万ドルを稼いだ「ブラックパンサー」を追い抜く可能性が高く、クロスオーバー映画である「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」や「アベンジャーズ/エンドゲーム」のように20億ドル近くになる可能性も出てきています。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公式あらすじは以下の通りです。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2022年1月7日 に日本公開予定です。

ソース:Box Office: ‘Spider-Man: No Way Home’ Passes $1 Billion

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」よりサノスの未使用コンセプトアートが公開

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」からサノスがキャプテン・アメリカの盾を破壊する未使用のコンセプトアートが公開されました。 マーベル・スタジオのビジュアル開発責任者ライアン・メイナーディングさんが自 …

映画「キャプテン・アメリカ4」のメインヴィラン役として女優を探していると報じられる ─ レッドスカルの娘とも

先日、計画が進行中であると報じられたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ4」のメインヴィラン役として、スタジオがケイト・マーラさんのような女優を探していると、海外 …

ラムロウ役フランク・グリロさん、映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」で危険なスタントに挑戦したのは「スカーレット・ヨハンソンのせい」と明かす

2014年に公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」に登場したブロック・ラムロウを演じたフランク・グリロさんは、作中の危険なスタン …

【ネタバレ注意?】映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」のあらすじが報じられる【噂話】

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」のあらすじについて、海外メディア the Cosmic C …

ジェームズ・ガン監督、映画「ガーディアンズ3」、ダニエラ・メルシオールさんキャスティングの噂を否定

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」のジェームズ・ガン監督が、先日報じられたダニエラ・メルシオールさんのキャスティングに関する噂を否定 …

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。