まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、ラップギフトがクレアの登場をからかう

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」にクレア・ストレンジが登場するという噂が以前より報じられていましたが、その可能性が急浮上しているようです。制作スタッフが公開したラップギフトが今回の話題の源になっています。

sponsored link
 

ラップギフトとは作品が撮影終了(ラップ)した際に制作に参加したクルーに送られるギフトの事で、本作にスタントクルーとして参加したマーク・ワグナーさんは以下のような写真を自身のSNSに投稿しました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mark A Wagner(@actionwags)がシェアした投稿

投稿された写真はコミックのドクター・ストレンジ」(1974)#48で、投稿コメントによると監督の参考資料として使用されたコミックとの事。

米コミックデータベースによるとこの号のメインキャラクターはドクター・ストレンジ、クレア、ブラザー・ブードゥーで、海外メディア The Direct によると、その他サラ・ウルフなども登場しているとの事。

クレア・ストレンジの登場はかなり昔から噂されており、シャーリーズ・セロンさんがキャスティングされているとも報じられています。

このコミックの表紙で背を向けている女性がクレアで、後にストレンジと結婚し、現行コミックスではストレンジの死後ソーサラー・スプリームを務めています。そのためMCUでも次世代のソーサラー・スプリームを導入する可能性は高く、本作に登場しなくともいずれ登場するだろうと考えられています。

また、フィギュア化された謎の魔術師サラがこの投稿からサラ・ウルフである事も極めて高くなり、コミック同様にウォンのロマンスが描かれるのかにも注目されています。ただし、ウォンの変異体のガールフレンドとして登場し、その関係が深く描かれない可能性も指摘されています。

今回の写真が示すように、クレア・ストレンジは「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する事になるのでしょうか?

本作の公式概要は以下のとおりです。

元天才外科医にしてアベンジャーズ最強の魔術師ドクター・ストレンジは、禁断の魔術によって今とは異なる世界へ通じる扉を開けてしまった。 そこは無限の可能性が存在する“マルチバース”と呼ばれる無数のパラレルワールド。 「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」での激戦の後、この謎に満ちたマルチバースの世界からの新たな脅威が人類に迫る中、ストレンジの前に立ちはだかるのは最凶の魔術を操る邪悪な“もう一人の自分”だった…。

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年5月4日 日本公開予定です

ソース:Doctor Strange 2 Crew Gift Teases Major Unconfirmed Character

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」撮影現場で盾のポスターが発見される

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のロケ地、アトランタにてMCUの象徴的な「盾」のポスターが発見され、海外で話題 …

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」日本公開日が2021年12月3日に決定

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の日本公開日が2021年12月3日となったことがアナウンスされました。この …

映画「アイアンマン」(2008年)よりマーク3の未使用コンセプトアートが公開

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最初の映画作品「アイアンマン」(2008年)より、公開10年以上を経て、この1作目のメインアーマーとなったマーク3のコンセプ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、イルミナティとしてダニエル・クレイグさんが登場予定だったと報じられる

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場したヒーローチーム、イルミナティのメンバーとしてダニエル・クレ …

マーベル・スタジオが新たに「リブート版デアデビル」や宇宙モノ作品を計画中

ディズニープラス向けドラマ「ムーンナイト」や映画ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の公開を控えるマーベル・スタジオの新たな計画が動き出していると話題になっています。2022年3月1 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。