まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

MCUにサノスは戻ってくる?「アベンジャーズ/エンドゲーム」ジョシュ・ブローリンさんが再演について語る

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)、「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019年)などでサノスを演じたジョシュ・ブローリンさんが SiriusXMのJess Cagle Showに出演した際、スタジオが望めばサノスとして再演する意欲がある事を明かしました。

sponsored link
 

ブローリンさんは「彼らの計画が何であるかは知りません。私たちは10年かけてこのサーガを終わらせました。最初に関わったときはそんなつもりはなかったから、とても嬉しかったし、それに関わることがとても好きでした。サノスというキャラクターは、もともとはカメオ出演で、彼らはそのキャラクターをとても気に入っていました。彼らは、自分たちが作っている作品にとって十分な量の悪役がいるとは思っていなかったし、それを見つけたと感じたんだと思う。そして、それを中心に展開する2本の映画ができたんです。とても楽しくて、とてもうまくいったよ。」と語りました。

再演について質問されると「もしマーベルから声がかかったら、彼らが何を考えているのか必ず聞きたいと言います。興味がないという意味ではありません。彼らは自分たちの軌道を気にしていて、もし僕にやってほしいなら、きっとやるだろうけど、彼らが何を考えているのか読めないんだ。」と次は計画全体を把握しておきたいと明かしました。

最後に「サノスはとても恐ろしくて邪悪なことを話しているのに、それを正当化する人たちがいて、その背後にある論理を理解できると言っているんだ。また、観客は自分自身をこの場所に置いて、「この状況だったら自分はどうするだろうか」と考え、観客参加型になっているんだ。最高のシナリオだよ。」とこの役と作品の魅力について語りました。

サノスは「アベンジャーズ/エンドゲーム」でその出番を終えましたが、その爪痕はその後の作品にも色濃く反映されている他、「エターナルズ」ではサノスの弟も登場したことで、マルチバースを利用しなくともあらたなエピソードが描かれる可能性は充分に考えられています。

コミックでは息子もいるサノスですが、MCUに彼が再び戻ってくる事があるのでしょうか?

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」、「アベンジャーズ/エンドゲーム」はディズニープラスで配信中です。

ソース:Josh Brolin Will Play Thanos Again If Marvel Wants Him To

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ニュー・ミュータンツ」の新しい劇中写真が公開

旧社名20世紀FOXが手掛けた最後のX-MENシリーズの映画「ニュー・ミュータンツ」の新たなスチル写真が公開されました。 人気のビジュアルエフェクト雑誌Cinefexが公開したもので、アニャ・テイラー …

MCUの次期計画は7月23日のSDCC2022メガパネル内で発表と報じられる

今月開催されるサンディエゴ・コミコン2022において、マーベル・スタジオのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に関する次の計画に関する発表が、現地時間の23日午後5時からの「マーベル・スタジ …

映画「ブラックウィドウ」、劇場とディズニープラスで同時公開の可能性は?

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」に関して、ディズニーは従来の方針にしたがって劇場公開する見込みであることを、先日も海外メディア Deadline が報じていまし …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」脚本家が第3の目について語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の脚本を担当したマイケル・ウォルドロンさんが、海外メディア Roll …

ヒュー・ジャックマンさんがファンに感謝 ─ 3月3日はローガンの日、デッドプールからも祝辞

2000年代の大ヒット映画シリーズ「X-MEN」で、17年にわたりウルヴァリンことローガンを演じてきた俳優のヒュー・ジャックマンさんが、映画「ローガン」の全米公開日の3月3日を祝って、ファンに感謝の言 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。