まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」撮影現場で噂のスタントが目撃、衣装は役のヒントか

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」に出演すると噂のジャンカルロ・エスポジートさんのスタントダブルが撮影現場で目撃され、噂が事実である事を大きく裏付けされたと海外スクーパーが報じています。

sponsored link
 

Atlanta Filming はジャンカルロ・エスポジートさんのスタントダブルが撮影現場にいる事を確認、その写真をSNS上に投稿しました。また、写真の彼は衣装を着る前の状態だとして、衣装のスケッチも公開。

それによると、この男は3丁の銃、3本のナイフ、そして斧を携えているとの事で、茶色の裏地が付いた黒いマントを身にまとい、「青みがかった髪のブレイドのように見える」と報告しています。

エスポジートさんが演じるキャラクターについてこのヒントから超能力を持たない傭兵的キャラクターだと推測されており、パラディン、ランス・ハンター、ブルー・ストリークやブルー・マーベルことアダム・ブラシア博士の悪役版、ニック・フューリーの弟ジェイコブ・「ジェイク」・フューリーではないかと、様々な憶測が飛び交っています。

大手海外メディア THR は彼が正式にコールシートに記載されていると出演が真実であると報告、加えて「情報筋によると悪役だと言う」と述べています。

本作は現在追加の撮影を行っている最中で、新たな情報によると撮影期間は22日間を予定。

海外メディア CBM は 「6週間続いた『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』の再撮影ほど大規模なものではないようだし、『マーベルズ』が経験したような高額で大規模な再撮影でもないようだ」としつつ、「実際、ある関係者は『ブレイブ・ニュー・ワールド』の製作費は『ザ・マーベルズ』よりも全体的に大幅に安くなるだろうと語っている。」と報じています。

本作はアンソニー・マッキーさんが主人公キャプテン・アメリカ/サム・ウィルソンを続投する他、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」からダニー・ラミレスさん演じるホアキン・トレス、カール・ランブリーさん演じるブラック・キャプテン・アメリカ/イザイア・ブラッドリーが再登場。

sponsored link
 

その他、ヴィランとして映画「インクレディブル・ハルク」よりティム・ブレイク・ネルソンさん演じるザ・リーダー/サミュエル・スターンズが再登場し、故ウィリアム・ハートさんに代わってハリソン・フォードさんがサディアス・”サンダーボルト”・ロスとして登場。また、リヴ・タイラーさんが撮影現場で目撃されており、サディアスの娘ベティ・ロスを「インクレディブル・ハルク」ぶりに再演すると見られています。

映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」は 2025年2月14日 、米国にて劇場公開予定です。

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ヴィクトリア・アロンソ氏の解雇には重大な契約違反があったと言う

先日からハリウッドに衝撃を与え続けているマーベル・スタジオのヴィクトリア・アロンソ元共同社長の解雇に関して、海外メディア The Hollywood Reporter が氏の重大な契約違反が原因になっ …

マーベル公式がNetflix版デアデビルがMCUの正史であるような記載をする

米マーベル公式サイトが実写版デアデビルのキャラクターバイオグラフィを更新し、Netflix版のドラマ「デアデビル」の詳細なあらすじの後に、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダ …

ケヴィン・ファイギ氏、映画「ドクター・ストレンジ2」はドラマ「ワンダヴィジョン」を見ていなくても楽しめると明かす

マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏がテレビ批評家協会ウィンターツアー2021のパネルで、海外メディア シネマブレンドを介して 、ドラマ「ワンダヴィジョン」との関連で2022年の映画 …

「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」最初の脚本家が制作体験を振り返る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の変更前の脚本を手掛けたジェイド・ハリー・バートレットさんが、海外メ …

続・ハッピーバースデー トニー・スターク

先日、4月4日はトニー・スターク(アイアンマン)を演じるロバート・ダウニーJrさんの55歳のお誕生日でした。 それを受けてマーベル・スタジオのビジュアル開発責任者、ライアン・マイネルディングさんが自身 …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。