まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

SSU映画「エル・ムエルト」にホナス・キュアロン監督が起用

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)6作目にあたる映画「エル・ムエルト」にホナス・キュアロン監督が起用されていると、海外メディア The Wrap が報じました。また、ガレスダンネットアルコセールさんが脚本を担当し、開発は初期段階にあると伝えています。

sponsored link
 

ホナス・キュアロン監督はアルフォンソ・キュアロン監督の息子で映画「Gravity(邦題:ゼロ・グラビティ)」の脚本を担当、映画「Desierto(邦題:ノー・エスケープ 自由への国境)」の監督などを務めました。

脚本のガレスダンネットアルコセールさんは、アメリカとメキシコの合作映画「Miss Bala(邦題:ミス・リベンジ)」を執筆しました。

エル・ムエルトはラテン系アンチヒーローで怪力の持ち主。コミックのエル・ムエルトは以下のような概要です。

エル・ムエルト/フアン・カルロス・エストラーダ・サンチェスはスーパーパワーを持つプロレスラーで、この家系は祖先から代々受け継がれるパワーとマスクを守るため、エルドラドに力を証明しなければならない定め。

ある日、フアンの父マーカス・エストラーダがエルドラドに息子を差し出しましたが、フアンは恐れをなしてエルドラドと戦うことができませんでした。父は息子を奮い立たせるため犠牲となって身を捧げます。エルドラドは父の勇気に敬意を表し、フアンに10年間旅をして勇敢になること、そして覆面の戦士と戦ってその覆面を剥がせという使命を与えました。

フアンがその旅の中でニューヨークへ渡った時、スパイダーマンの正体を暴きたいJ・ジョナ・ジェイムソンがプロレスのチャリティ・マッチを企画。スパイダーマン対エル・ムエルトの試合が開催されました。エル・ムエルトはスパイダーマンのマスクを剥がす寸前まで圧倒したところ、スパイダーマンは反射的に麻痺毒を注入してしまいました。入院したエル・ムエルトのもとに、エルドラドが命を奪いに出現した際、スパイダーマンがこれを救出し、2人はタッグを組んでエルドラドを倒しました。

映画「エル・ムエルト」は2018年の「ヴェノム」から始まったSSU作品の6作目にあたる映画。主人公エル・ムエルト役にプエルトリコ出身の人気ラッパー、バッド・バニーさんの起用が発表されています。

映画「エル・ムエルト」は 2024年1月12日 全米公開予定です。

ソース:Jonás Cuaron to Direct Bad Bunny in Sony’s ‘El Muerto’ From ‘Blue Beetle’ Writer Gareth Dunnet Alcocer (Exclusive)

-映画
-,

執筆者:

関連記事

【映画紹介】「アントマン」身長1.5cmのヒーロー【MCU Vol.12】

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のランタイムが判明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の上映時間 …

映画「ドクター・ストレンジ2」では40秒間にアイアンマンの世界など20の世界を旅したと言う

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」 …

映画「ブラックウィドウ」より新たな本編映像”In Pursuit”が公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」から新たな本編映像「In Pursuit」が公開されました。公開された …

「ワーウルフ・バイ・ナイト」続報、ディズニープラスの2022年ハロウィンスペシャル番組と報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 先日、マーベル・スタジオが開発中と報じられた「ワーウルフ・バイ・ナイト」ですが新たな情報が報じられています。海外メディア The Wrap は …

ロキ シーズン2関連記事

 ロキ シーズン2関連記事

ロキ シーズン2の関連記事一覧はこちら

シークレット・インベージョン関連記事

 シークレット・インベージョン関連記事

シークレット・インベージョンの関連記事一覧はこちら

シーハルク関連記事

◆2024年2月14日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。