まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ジェイコブ・バタロンさんは「スパイダーマン4」に期待していないと言う

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ホームカミング」から「ノー・ウェイ・ホーム」に至るまで、スパイダーマン/ピーター・パーカーの親友ネッド・リーズを演じてきた俳優のジェイコブ・バタロンさんが、海外メディア Collider とのインタビューの中で、スパイダーマン4作目にあまり期待していないという胸の内を明かしました。

sponsored link
 

「ホームカミング」から「ノー・ウェイ・ホーム」までの旅を振り返りながら、ジェイコブ・バタロンさんは次のように語っています。

“最後の日 “は、みんなとても泣いていました。試写会でも、みんな泣いていました。私たち全員にとって、とても美しい経験だったと思います。最初の映画(ホームカミング)を作ったとき、まだ10代でした。そして、映画のアークがひとつになり、すべてのキャラクターが丸く収まるのを見るのは、クレイジーとしか言いようがありません。読んでいてクレイジーでした。アンドリューとトビーが脚本に登場するのもクレイジーでした。脚本に悪役たちが登場するのもクレイジーでした。
そして、あのようなクリフハンガーな終わり方をしたことで、誰もが予想だにしなかった展開になりました。私たちの映画にとって、とても印象的な終わり方だと思います。スパイダーマンの存続を宣言するものであり、それは素晴らしいことだと思います。最終的に私たちは次のシリーズの一部ではないかもしれませんが、とにかく美しい旅でした。

スパイダーマンの新たな3部作が制作されると報道された時、トム・ホランドさんは祝福のコメントをしていましたが、今回のインタビューによると、ジェイコブ・バタロンさんは少しトーンが違うようです。

(スパイダーマン4制作について)俳優は最後に知らされる人たちだと感じています。人々は俳優が常に秘密を隠していると思い込んでいるように感じますが、約束します、私達は何も知らないんです。でもまた、もし適切な場所、適切な時期、今まで一緒にやってきた適切なグループとなら、いいんじゃないでしょうか。
でも、それ以外は、何が起ころうとも、起こるべくして起こることです。その決定は、大ボスや小切手にサインをする人たちがすることです。私たちは彼らの考えを受け入れていますが、それを期待しているわけではありません。みんな自分たちでそれぞれの事をやっています。

バタロンさんは SyFy TV シリーズの「Reginald the Vampire」で主演を務めるなど忙しさを増してきており、少なくともMCUのフェーズ5のスケジュールに「スパイダーマン4」がなかったことで次の出演に関してあまり期待をしていないようです。

sponsored link
 

スパイダーマン自身はアベンジャーズ最新作に登場する可能性はありますが、そこにネッドが登場してもピーターとの再会が描かれるかどうかは不明です。ただし、「ノー・ウェイ・ホーム」でネッドは魔法使いとしての才能を開花させかけており、ドクター・ストレンジがネッドの事を覚えているのなら、ネッドも魔法使い見習い、アベンジャーズ見習いとして何らかの役割を担う可能性はあるかもしれません。

「スパイダーマン4」はいつ制作され、ネッドやMJがどうなるのか、まだしばらくは期待しつつ待つしかないようです。

ソース:Jacob Batalon Reveals His Reactions to That ‘Spider-Man: No Way Home’ Ending [Exclusive]

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】映画「デッドプール3」のカサンドラ・ノヴァはコミック通りの見た目になると言う

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」で、エマ・コリンさんが演じると噂されているヴィランのカサンドラ・ノヴァについて、コミックと同様の外観に …

ソニーが2023年公開予定の映画に2本のスパイダーマンスピンオフを追加

ソニー・ピクチャーズが2023年に公開予定の映画として新たに2本のスパイダーマンスピンオフ映画を追加したと報じられました。SSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)のシリーズ作品と見られています。 …

MCUにジャーヴィスは帰ってくる?「マーベルでは誰も死んでいない」と演者がコメント

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「エージェント・カーター」や映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」でスターク家の執事エドウィン・ジャーヴィスを演じた俳優のジェームズ・ダーシーさんが …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、ヒュンダイのコラボCMがミステリオの存在をからかう

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」と自動車メーカーのヒュンダイUSAとのコラボCMが公開され、その中で前作「スパ …

マーベル・スタジオ、「ゴーストライダー」の実写化を再検討中か

マーベルのダークヒーローの中でもとりわけ人気の高い「ゴーストライダー」の実写化が再検討されていると、海外メディアのThe Directが報じました。 記事によると、現状では映画かドラマなのかはっきりし …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。