まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ソー:ラブ&サンダー」、クレジットシーンはいつもどおり?批評家レビューが公開

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のワールドプレミアイベントが本日開催され、現地で映画をいち早く鑑賞した批評家たちのレビューが解禁されています。また。ミッドクレジットシーンとポストクレジットシーンがひとつずつある事が判明し、今回も最後まで席について鑑賞する事が望ましいようです。

sponsored link
 

Varietyのクレイトン・デイビスさんは「大きな笑いを提供してくれる」と称賛しています。

ソー:ラブ&サンダーは、私が疑っていたよりもはるかに多くのエピソードがあります。大きな笑いを提供してくれます。クリスチャン・ベールの非常にスタンダードでクッキーカットのような悪役、ナタリー・ポートマン&テッサ・トンプソンとのバディ・コップ・コメディ、マット・デイモンはブロードウェイに行くべきだね。ポストクレジットは圧巻。純粋に楽しいです。

TooFabのブライアン・パーティセリさんは「見逃せないクレジットシーンがある」とコメントしています。

本作はマイティ・ソーのコミックに基づいたソリッドな作品だ。ナタリーがハンマーとそれに付随するもの全てを振るうのを見るのは素晴らしいこと。クリスチャン・ベールはMCUのトップクラスの悪役で、クリスとテッサはいつも通り素晴らしい。ユーモアとハート、そして見逃せないクレジットの公開で、またもやタイカ(監督)の勝利だ。

Insiderのクリステン・アクーナさんはナタリー・ポートマンさん演じるマイティ・ソーを絶賛しています。

ワオ!ラブ&サンダーは素晴らしい!フェーズ4でシャン・チーとノー・ウェイ・ホームに次ぐ最高のエントリー。笑いました。泣いた。そしてもっと笑って泣いた、この順番で。ナタリー・ポートマンはついにその価値を認められた。ジェーン・フォスター博士はマイティ・ソーにふさわしい存在です。

The Direct のリチャード・ニベンさんは「予想外にハートフル」と投稿しています。

予想通り陽気な作品だが、予想外にパーソナルでハートフルな作品だ。クリスチャン・ベールとナタリー・ポートマンの演技が本当に光っていて、ワイティティは感動的な物語を提供しています。これは私の好きなソーの映画かもしれません。

プレミアイベントの様子は公式の動画でお楽しみください。

「ソー:ラブ&サンダー」の公式概要は以下の通りです。

アベンジャーズの破天荒なヒーロー、雷神ソーの集大成!
『アベンジャーズ/エンドゲーム』の激闘後、ソーは多くの仲間を失い、戦いを避けるようにガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと地球を後にしていた。 自分探し中の彼に、全宇宙の神々滅亡を誓う“神殺し”のゴアが襲いかかる。 絶体絶命のその時、ソー以上の力を持つ新たな“マイティ・ソー”に姿を変えた、元恋人のジェーンが現れた!
2人のソーがシリーズ最大の脅威ゴアに立ち向かう、破壊力2倍のロック・バトル・アドベンチャーがこの夏開幕!

映画「ソー:ラブ&サンダー」は 2022年7月8日 公開予定です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

サミュエル・L・ジャクソンさんはドラマ「シークレット・インベージョン」、映画「ザ・マーベルズ」の再撮影に入るという

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ザ・マーベルズ」やドラマ「シークレット・インベージョン」でニック・フューリーを演じるサミュエル・L・ジャクソンさんが、ジミー・キンメル・ライブに出 …

ダフネ・キーンちゃんはMCUでもローラ/X-23を演じたい

ウルヴァリンの最期を描いた映画「LOGAN」でローラ/X-23役を演じたダフネ・キーンさんが、海外メディアのcomicbook.comのインタビュー内で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース) …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、撮影現場でネビュラと謎の異星人が目撃される

現在撮影が進められているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」より、DailyMail 経由のセット写真が到着しました。カレン・ギランさん演じるネビュラと …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」アダム・ウォーロック役にキャスティングされたウィル・ポールターさんがコメント

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」のアダム・ウォーロック役に起用されたウィル・ポールターさんが、先日開催されたロンドン映画祭に出席し …

トム・ホランドさん、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」はこれまで以上にバイオレンスだと警告

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」で主人公スパイダーマン/ピーター・パーカーを演じるトム・ホランドさんが、海外のTV番組 TV Globo に …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。