まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

マット・デイモンさんがシドニーに到着、映画「ソー:ラブ&サンダー」に参加すると報じられる

投稿日:

俳優のマット・デイモンさんがオーストラリアのシドニーにプライベートジェットで到着し、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」の撮影のために検疫に入ったと複数の海外メディアが報じました。

sponsored link
 

デイモンさんは以前に名前のない役で映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」に出演し、アスガルド人俳優の役でロキを演じていました。今回はその役の再演なのか、新たなキャラクターを演じるのかは不明です。

「バトルロイヤル」ではこの後、デイモンさん演じるキャラクターがアスガルド崩壊から逃げ延びることが出来たのかは描かれておらず、その後の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」でサノスに襲われた際もいたのかどうか定かではありません。このキャラクターの再利用は面白いものですが、海外メディアの多くは新キャラクターを演じるだろうとの見解を示しています。

というのも、新型コロナウイルスのパンデミックにより制作現場も大きく影響を受け、映画撮影のために移動した場合2週間の検疫を受けることになります。海外メディアはハリウッドのトップクラスの俳優であるマット・デイモンさんがバトルロイヤルのようなカメオ出演のために2週間を犠牲にするのは無理があると考えているようです。

「ソー:ラブ&サンダー」ではナタリー・ポートマンさん演じるジェーン・フォスターがソーになる他、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが登場し、名優クリスチャン・ベールさんがヴィラン神殺しのゴアを演じることが明かされています。そこにさらにマット・デイモンさんが加わる事でどういう物語が展開されていくのでしょうか。

映画「ソー:ラブ&サンダー」は 2022年5月6日 米国公開予定です。

ソース:Thor 4: Matt Damon Reportedly Cast In Marvel Sequel

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

アンドリュー・ガーフィールドさん、トム・ホランドさんの「スパイダーマン」に対する心境を明かす

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に関する様々な噂ががある中で、2012年公開の映画「アメイジング・スパイダーマ …

ライアン・レイノルズさんが映画「フリーガイ」でのマーベルコラボについて、後悔があると言う

2021年に公開されたFOXの映画「フリーガイ」で主演を務めたライアン・レイノルズさんが、本作におけるマーベルとのコラボレーションについて後悔がある事を、海外メディア Variety とのインタビュー …

映画「ブラックウィドウ」の新たなプロモアートが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新映画「ブラックウィドウ」が新型コロナウイルスの影響により公開延期となりましたが、映画公開に合わせて発売が予定されていた商品などは各メーカーによって様 …

【ネタバレ注意】映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、エンディング、ミッド&エンドクレジット解説

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の話題の最新映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」が本国での公開から3週間遅れの2022年1月7日にようやく日本公開となりました。今回の記事では本作 …

映画「エターナルズ」、キンゴ役クメイル・ナンジアニさんが望むクロスオーバーはミズ・マーベル?シャン・チー?

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」でキンゴを演じているクメイル・ナンジアニさんが、海外メディア Rolling Stone とのインタビューに …

PREV
ケヴィン・ファイギ氏「トニーとリードが出会えなかった事を残念に思う」と明かす
NEXT
ドラマ「ワンダヴィジョン」、先日のメイキングトレーラーからスパーキーの存在が確認される

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。