まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ケヴィン・ファイギ氏「トニーとリードが出会えなかった事を残念に思う」と明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオの映画「ファンタスティック・フォー」の制作発表にともない、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)にはリード・リチャーズという新たな天才頭脳が参戦することになりましたが、これまで天才の座に君臨していたトニー・スタークは残念ながらフェーズ3をもって退くことになりました。スタジオの代表ケヴィン・ファイギ氏がMCUの中でこの二人が出会えなかったことについて、残念だと心の内を明かしました。

CinemaBlendのインタビューで、ロバート・ダウニーJrさん演じるアイアンマンがMCUでファンタスティック・フォーのリード・リチャーズに会う機会を得られなかったのは残念ですね、と尋ねられたファイギ氏は素直に「はい」と答えました。

続けて、「そうだね、つまり、コミックがいつもそうしてきたように、新しい物語が語られようとしている時点での連続性を継承しているんです。そして、それが(MCUの中で)私たちがいるところなんです。物事を見られないことを悲しむよりも、ワクワクすることを考えている時間の方が長いんです」と語り、悲観するよりも前進する姿勢を見せました。

アイアンマンがMCUにデビューしたころ、ファンタスティック・フォーはマーベル・スタジオではなく、当時の20世紀FOXのもとに権利がありました。その後ディズニーがマーベルを買収し、つづいて20世紀FOXも買収したため権利が実質一本化され、マーベル・スタジオ版「ファンタスティック・フォー」が制作されることになりました。

コミックにはマーベルユニバースの知性派を集めたチーム「イルミナティ」が存在し、トニー・スターク、リード・リチャーズ、X-MENのプロフェッサーXやドクター・ストレンジなどがメンバーとして活動するエピソードもありますが、MCUでの実現は難しいのでしょうか。それとも、リードの頭脳をもってすればトニーが戻ってくることもありえるのかもしれません。

sponsored link
 

映画「ファンタスティック・フォー」の公開日は未定です。

ソース:Marvel CCO Is Sad Robert Downey Jr’s Iron Man Won’t Meet Fantastic Four’s Mister Fantastic

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

【噂話】映画「デッドプール&ウルヴァリン」、ポストクレジットシーンに関する続報

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」のポストクレジットシーンに関して、先日はアイアンマンに関する計画が断念されたと報じられてい …

映画「ザ・マーベルズ」は今後のアベンジャーズに影響していくとプロデューサーが語る

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ザ・マーベルズ」のニア・ダコスタ監督とプロデューサーのメアリー・リバノスさんが、海外メディア Total Film M …

Tideと映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のコラボCMにデヴィッド・ハーバーさんが出演

P&Gの衣料用洗剤TideとMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のコラボCMに、映画「ブラックウィドウ」(2021年)で …

イマン・ヴェラーニさんがミズ・マーベルが勧誘するべき次のヤングアベンジャーズメンバーについて語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」でミズ・マーベル/カマラ・カーンを演じているイマン・ヴェラーニさんが、海外メディア Screen Rant と …

ジェームズ・ガン監督、「ガーディアンズ3」は更に重い話になるとコメント ─ ホリデースペシャルの進捗も

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督が、海外メディア Entertainment Weekly とのインタビューの中 …

PREV
映画「ホームカミング3」、トム弟が目撃、デアデビルは撮影終了?
NEXT
マット・デイモンさんがシドニーに到着、映画「ソー:ラブ&サンダー」に参加すると報じられる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。