まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

サム・ライミ監督の「スパイダーマン2」、ドラフト脚本がオンライン公開 ─ 当初のタイトルは「アメイジングスパイダーマン」

投稿日:2020年7月6日 更新日:

「ミッション・インポッシブル」(1996年)や「スパイダーマン」(2002年)の脚本をてがけたデヴィッド・コープ氏が、自身のサイトで映画「スパイダーマン2」のドラフト脚本の全編を公開しました。

sponsored link
 

2004年に公開されたトビー・マグワイアさん主演の映画「スパイダーマン2」は、当時の世界興行収入で2位を記録した、サム・ライミ監督の大ヒット映画です。

©MARVEL,Sony Pictures

ドクター・オクトパスのビジュアルインパクトは当時斬新で、体を張って市民を助けるスパイダーマンや、逆にスパイダーマンのピンチを市民が守るなど、16年経っても色褪せない名シーンの数々が含まれていました。

実際の映画と公開された脚本の大まかな違いとしては以下のとおりです。

  • ハリー・オズボーンとジョン・ジョナ・ジェイムソンが懸賞金をかけてスパイダーマンの正体を追う
  • エディ・ブロックの登場
  • ドクター・オクトパスがピーターの両親と関係のある人物であった
  • ピーターとグウェンのデート

これらは後のスパイダーマン映画に取り込まれている要素でもあり、「スパイダーマン3」や「アメイジングスパイダーマン」で同じようなシーンが見受けられます。ピーターの両親は「アメイジングスパイダーマン」ではヴィランとなるリザードとの関係が描かれていました。

映画「スパイダーマン2」にて実際の脚本を務めたのはアルヴィン・サージェント氏。デヴィッド氏が降板になった理由などは明かされていませんが、スパイダーマンは当初から3部作の計画だったため、デヴィッド氏も先を見据えた作りにしていたようです。

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の続編、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版「スパイダーマン3」は 2021年11月5日 全米公開予定です。

また、サム・ライミ監督がメガホンを取る映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年3月25日 公開予定です。

ソース:AMAZING SPIDER-MAN (UNPRODUCED)”

-映画
-,

執筆者:

関連記事

ソー役クリス・ヘムズワースさんがMCUにシャン・チーが来た事を歓迎

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マイティ・ソー」シリーズでソーを演じる俳優のクリス・ヘムズワースさんが、マーベルのプレミアイベントに先駆けてシャン・チーのMCUデビューを祝い、歓 …

映画「エターナルズ」、脚本家がイカリスのラストシーンについて解説

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」の脚本を担当したカズ・フィルポさんが、海外メディア Comic Book Resources とのインタビュ …

ヒュー・ジャックマンさん「ウルヴァリンには戻らない」 ─ MCUでは別の誰かが演じる事を希望

俳優のヒュー・ジャックマンさんがThe Daily Beastとのインタビューで、ウルヴァリン役には戻らないとの胸の内を明かしました。 記事によると 7年前にそれ(X-MENとMCUの統合)が起こって …

【噂話】トビー・マグワイアさん、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の契約合意が出来ていないと報じられる

ソニー・ピクチャーズ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にトビー・マグワイアさんが出演するという噂はかねてより報じられていましたが、海外メ …

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」より新たなキャラクターポスターが公開

現在大ヒット公開中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」からトレヴァーとモリスのキャラクターポスターがマーベル・スタジオ公式Twitterより公開 …

PREV
ソニーはSPUoMCへのスパイダーマン導入をまだ決めかねていると報じられる
NEXT
「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」が大阪大丸梅田店で8月10日から期間限定開催 ─ MCUの体感型展覧会

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年1月28日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。