まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「アメイジング・スパイダーマン3」についてアンドリュー・ガーフィールドさんが言及─「無限の可能性がある」

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公式アートブックの米国での発売が間近に迫る中、この本に掲載されたインタビューでアンドリュー・ガーフィールドさんが次回作について言及している事が判明しました。

sponsored link
 

海外メディア The Direct が伝えるところによると、ガーフィールドさんは「ノー・ウェイ・ホーム」を振り返り、その出来事がピーター・パーカーの人生を変え、ヒーローとして再びインスピレーションを与えられたと説明しています。

それ(ノー・ウェイ・ホーム)は彼の人生を変えました。彼は兄弟のような存在がいることを知って戻ってくるんです。彼は自分の運命、自分の使命、つまり人生の目的に従うことに再びインスピレーションを受けて戻ってくる事になります。MJを捕まえることで、彼は自分の世界で避けようとした恐ろしい悲劇を埋め合わせることができたのです。

もし彼がピーター1(トム・ホランド)の世界にいなかったら、MJもグウェンと同じ運命をたどっていた可能性があります。その点において、彼の存在意義はありました。そして、彼は宇宙や地球のことについて打ちのめされて戻ってくるのだと思います。宇宙とひも理論とマルチバース。彼は信じられないほど元気になって帰ってくる事になるでしょう。

そして、ガーフィールドさんは「アメイジング・スパイダーマン3」ついて次のように述べています。

私たちがそれを撮影するかどうかに関係なく、物語は決して終わることはありません。どこかの宇宙で起こっている物語があります。このキャラクターとさまざまな反復には無限の可能性があります。だから、そうです、彼は間違いなくそこで何かをしています。

もちろん実際に3作目が制作されるかどうかは不明ですが、アンドリュー・ガーフィールドさん自身はヴェノムとのクロスオーバーを希望し、再演には前向きであることを以前の別のインタビューでも語っていました。

一方でソニーはアメイジング・スパイダーマンを利用した公式の釣り動画で先日プチ炎上していました。

「アメイジング・スパイダーマン3」だけでなく、「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」などでの再登場にも期待がかかっているピーター3ですが、今後の再登場は実現するのか、もう少し見守る必要がありそうです。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」はBlu-ray、4k UDHなどのディスクが販売中、各種ストリーミングサービスで配信中です。

ソース:Amazing Spider-Man 3? Andrew Garfield Teases His Marvel Future: ‘Endless Potential’

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「マーベルズ」の海外劇場限定トレーラーが流出

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」の映画館限定で流されている予告映像がSNS上に流 …

映画「エターナルズ」、「FF7」や「千と千尋の神隠し」からインスピレーションを受けている事が明らかに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」の脚本家、ライアン・フィルポさんとカズ・フィルポさんの従兄弟コンビが海外メ …

スカーレット・ヨハンソンさん、映画「ブラックウィドウ」がラストである事を示唆する

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」で主演を務めるスカーレット・ヨハンソンさんが、海外メディア Total …

映画「レッドソニア」リブート版がまたもや暗礁に乗り上げていると報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 リブートが計画されているマーベルコミック原作の映画「レッドソニア」がまたもや暗礁に乗り上げていると、海外メディア Giant Freakin …

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」、キングピンの新たな衣装が目撃され噂を後押しする

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが撮影中(そしてストの影響で一時停止中)のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。