まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

アンドリュー・ガーフィールドさん、トム・ハーディさん演じるヴェノムと戦う事に興味を示す

投稿日:

2012年公開の映画「アメイジング・スパイダーマン」でスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じたアンドリュー・ガーフィールドさんが、幻に終わった「アメイジング・スパイダーマン3」でトム・ハーディさん演じるヴェノムと戦ってみたいと、ポッドキャスト The Happy Sad Confused の中で現在の心境を明かしました。

sponsored link
 

ガーフィールドさんはソニーのプロデューサーであるエイミー・パスカルさんとマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ代表に感謝の言葉を交えつつ、「僕は本当に謙虚な気持ちになっています。エイミー・パスカルとケヴィンが僕を再び仲間に入れてくれたこと、もう一度チャンスを与えてくれたこと、そして観客の寛容さに負うところが大きいんです。」と語りました。

また、「僕がしたいのは、人々の生活に変化をもたらすようなストーリーの一部になることです。だから、それが反映され、人々がそれが起こっていると言ってくれることは、私が望むすべての満足感です。」とスパイダーマンを演じた事への満足感を顕にしました。

さらに今後について、「このキャラクターを前進させるという点では、はい、間違いなくオープンです。繰り返しになりますが、それはとてもユニークで特別なものでなければなりませんし、視聴者のため、キャラクターのためになるものでなければなりません。何か遊び心があってユニークで奇妙で予想外のことができると思うんです。それが何なのかはわからないけど、もしそれがわかれば、すごく楽しいですよ。」と述べました。

そしてポッドキャストのホストであるジョシュ・ホロウィッツ氏は、ファンが「アメイジング・スパイダーマン3」でガーフィールドさん演じるスパイダーマンとトム・ハーディさん演じるヴェノムのクロスオーバーを提案したことに触れ、それに対して「とてもクールなアイデアだね」として興味を示しました。

「アメイジング・スパイダーマン2」のラストのライノとの対決シーンのその後を本格的に描く事になるのかは不明ですが、納得の行くストーリーであればすぐにでも参加する意欲を示しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は現在劇場公開中です。

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」は1年中話題になる作品に─プロデューサーがコメント

マーベル・スタジオのプロデューサーを務めるヴィクトリア・アロンソさんがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のワールドプレミアイベントに参加し、会 …

ヨンドゥ役のマイケル・ルーカーさんがMCUに帰ってくる?

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズでヨンドゥ・ウドンタ役を演じたマイケル・ルーカーさんが、マイケル・ローゼンバウムさんのポッドキャスト「 INSIDE OF YOU 」で、ガーディアン …

映画「ソー/ラブ&サンダー」に新たなヴァルキリー登場か ─ とある女優のプロフィールにて発覚

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画に新たなヴァルキリーが登場するとツイッターユーザー Thor: Love and Thunder News によって報じられ …

ディズニープラスで映画「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」が配信開始

動画配信サービス「ディズニープラス」で、2007年に公開された映画「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」が配信開始となりました。2005年に公開された「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」ではダークホールドが大きな役割を果たすという

マーベル・スタジオのベテランプロップマスターのラッセル・ボビットさんが Phase Zero のポッドキャストに参加し、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マル …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。