まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

アニメ「What if…?」、9話のイースターエッグをピックアップ ─ 渋谷大決戦の巻

投稿日:

2021年10月6日配信のアニメ「ホワット・イフ…?」シーズン1エピソード9「もしも…ウォッチャーが誓いを破ったら?」のイースターエッグを中心に原作設定や今後の予想などをご紹介。

※この先はシリーズのネタバレ、および今後の物語のネタバレの可能性が含まれています。ネタバレが嫌な方はご遠慮ください。

sponsored link
 

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

冒頭は2014年公開の映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」のシーンをなぞらえて展開していきます。ただし、映画ではラムロウがブリーフィングするのをスティーブが聞き手に回っていますが、キャプテン・カーターは自らブリーフィングを行っています。

また、キャプテン・カーターのコスチュームは映画版でのキャプテン・アメリカのコスチュームと同じマイナーチェンジが施されています。具体的には1話、及び「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」で着用していたそれぞれの出身国である英国と米国の国旗をイメージしたカラーデザインになっていたものが、ブルーとシルバーの2色に変更されています。

なお、ナターシャのヘアスタイルも映画に準じています。

©2021 MARVEL,Disney

カーターが飛び降りる直前にナターシャが男を薦めるのも映画のオマージュ。ナターシャは映画版でスティーブに「統計分析部のクリステン」を薦めていましたが、こちらではペギーに「経理部のバーナード」を薦めています。「スティーブがよかった?」と一歩踏み込んで言うところを見る限り、二人で恋バナに花を咲かせる事もあるのでしょうか?映画のスティーブはこの後、90を越えたおばあちゃんになったペギーとの再会を果たします。

カーターが飛び降り、着水のポーズまでは映画と同じになっています。船にあがってからは尺の関係もあり駆け足気味にバトロックと対峙します。

バトロック

レムリアスターを襲っているのは神聖時間軸同様にバトロック。本来はフューリーの依頼でレムリアスターを襲っていましたが、ここでは描かれていません。声を担当するのは従来どおり、ジョルジュ・サンピエールさんと山岸治雄さんです。

バトロックとの戦闘中に現れたウォッチャーは「君は選ばれた」とポケモンマスターにでもなったかのようにキャプテン・カーターを連れ去ります。

ピーター・クイルとエゴ、そしてティ・チャラ

続いて2話のラストシーンの直後。アイスクリーム屋さんのデイリークイーンにてクイルを吸収していくエゴ。それを救ったのはスターロード/ティ・チャラでした。

分身とは言えあっさりやられるエゴにちょっと拍子抜けするところはありますが、今度はティ・チャラがウォッチャーに選ばれて連れ去られていきます。

ニダベリアのガモーラとトニー・スターク

次に描かれるのは惑星ニダベリアにいるガモーラとトニー・スタークとドワーフのエイトリ。神聖時間軸ではソーがストームブレイカーを作ってもらった場所です。

ここは別記事でも取り上げましたが、「シーズン1で配信予定だったものがシーズン2に先送りにされてしまったエピソード」の後の世界。新型コロナウイルスの影響で制作が間に合わなかったのだとか。

そういうわけで彼らの物語は説明されないまま話は進行します。

少しだけ展開されるやり取りの中で、このトニーは「銀河」を守るためにアーマーを配備したいという願望を口にしているあたり、この世界の行く末もなかなか不安なものがあります。「世界(地球)」を守るためにアーマーを配備しようとした結果がエイジ・オブ・ウルトロンなのですから。

ワカンダのシュリとペッパー・ポッツ

お次は6話の世界の続きに。キルモンガーがワカンダを支配した世界です。ティ・チャカ王たちが生き残っているかは不明ですが、6話のラストシーンから続くようにシュリとペッパーがドーラミラージュを引き連れて登場します。

しかし突入の直前にキルモンガーが選ばれ、連れ去られてしまいます。

パーティー・ソー

最後にウォッチャーが向かったのは7話のラストシーン。デートに向かいたいソーですがウルトロン・セントリーに邪魔されています。さすがにソーというべきでしょうか、セントリーごときに遅れを取ることはないようです。

しかし相手に夢中になっているソーは強制的に連行されてしまいます。

ネクサス・パブ

パブに集められたキャプテン・カーター、スターロード/ティ・チャラ、ガモーラ、キルモンガー、ソー、そしてドクター・ストレンジ。パブはHUBとも掛かっているのでしょうか?

元の場所に帰りたいという面々にウォッチャーが現状を説明。真のヒーローを探していたものの、チームが必要だという結論に達した事を明かします。これはキャプテン・マーベルに出会ってアベンジャーズ計画を進めるようになったフューリーのようでもあります。

ガーディアンズ・オブ・マルチバース

ウォッチャーは彼らをまとめてマルチバース・アベンジャーズではなく、ガーディアンズ・オブ・(ザ)・マルチバースと名付けます。相変わらず日本語版はガーディアンズ・オブ・ギャラクシー同様にザがカットされます。

ガーディアンズとつくからにはガモーラが中心になるのかと思いきや、やはり我らがキャプテンが中心となるようです。

なお、コミックスでは2010年の「Guardians of the Galaxy (Vol.2) #25」にて カウンシル・オブ・ザ・ガーディアンズ・オブ・オール・ギャラクシーズというマルチバース用のチームが結成された事がありますが、メンバーはアビゲイル・ブランド、ゴーストライダー、ファイアロード、キルレイヴン、チャーリー27といったキャラクター達でひとりも被っていません。

コズミック・ビーイング

ガーディアンズ・オブ・マルチバースの敵となるウルトロンのことを「インフィニティ・ストーンを手に入れてコズミック・ビーイング(宇宙的存在)となった人工知能」と説明するウォッチャー。

日本語で「宇宙的な存在」と表現されたコズミック・ビーイングとはマーベル・コミックスにおいて宇宙の法則に関わる程の巨大な力を持つ、神、もしくは神にも等しい存在達の総称の事です。代表格は、エターニティ、デス、リビング・トリビューナル、イン・ビトウィナー、ギャラクタス、セレスティアルズなどで、過去にMCUに登場したのは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のエゴがこれにあたります(このエピソードでも出ていますが)。

アマツ・ミカボシやオーディン、ソーなど「特定の惑星の神」はこれに該当しないというのも定義のひとつになっています。

今後は「エターナルズ」にて新たなセレスティアルズが登場し、「ファンタスティック・フォー」シリーズでギャラクタスが登場すると考えられています。

なお、今作とコミックにおけるコズミック・ビーイングの定義は少し異なるようで、コミックではインフィニティジェムの所有者をコズミック・ビーイングとは呼びません。

作戦会議

作戦会議において最も気になるポイントは「石6つの力で無敵?」とストーンの力に懐疑的なガモーラ。サノスを倒したと説明されていたこのガモーラですが、石が揃うとどうなるかあまり判っていない様子。にもかかわらずインフィニティ・クラッシャーという明らかに対インフィニティ・ストーン専用アイテムを持っていたりと、延期された幻のエピソードで何が語られていたのかとても気になります。

そして最終的に決まった作戦は「ソウル・ストーンを奪ってガモーラに渡す、そしてガモーラが破壊する間援護する事」。何故ソウル・ストーンなのかは不明です。

なお、インフィニティ・ストーンの基になっているコミック版のインフィニティ・ジェムのうち最も攻撃的ものはソウル・ジェムとされています。その効果はありとあらゆる魂を支配、制御、操作することができ、その範囲は全宇宙にまでおよび、これ一つであらゆる魂を奪い、相手を戦闘不能にすることができると言われる完全なチートアイテムです。つまるところサノスが行った事はソウル・ジェムひとつでも可能でした。

決戦に備えて

誰もいない星にワープした一同。と、突然ストレンジの中の魔物が少し飛び出してきました。中二病を患った日本人が好みそうなキャラクターに仕上がっています。

心配そうに話しかけるキャプテン・カーターと、大丈夫だというストレンジ。お互いの世界の様子を話し合い理解を深めます。

ソーの一言でチームは決戦を前に乾杯。ストレンジが取り出したのはそれぞれの好みが反映された飲み物のようで、とても便利な魔法です。ちなみにソーはビールを、ストレンジとカーターはカクテルを、キルモンガーとガモーラはショットグラスを、ティ・チャラはワインを取りました。

しかしストレンジの乾杯の音頭ひとつが妙に長く理屈っぽいせいで次第にメンバーはイライラ。すかさすティ・チャラが割って入り、さっとまとめてしまうあたりはこれも王の器なのでしょうか。

ビールを飲み干したソーの放った雷を合図に、ウルトロンがガーディアンズ・オブ・マルチバースの存在を嗅ぎつけるのでした。

ウルトロン登場

ウルトロンの登場に合わせてストレンジは急いで「掟破りの呪文」を展開します。詳しく説明されませんが、見た目はエピソード4で見せたヴィシャンティの防御呪文と大差ないように見えますが、黒魔道に落ちたストレンジが白魔法を使うのが掟破りという意味なのでしょうか?この魔法の鎧のデザインがそれぞれ異なるのは興味深いですが、一瞬しか表示されずなかなか勿体ない所です。ガモーラとキルモンガーが所定の別世界で待機し、いざ戦闘の幕開け。

©2021 MARVEL,Disney

ソーが雷をお見舞いするも怯む様子もないウルトロン。ひとりっ子として甘やかされて育ったこのソーは雷神として覚醒しておらず、まだハンマーの神を卒業出来ていないのでしょうか。

しかしそのハンマーもストレンジの魔法で何百にも増えれば話は別。映画ではまだ見たことがなかった4人のコンビネーションを見せ、ティ・チャラが首尾よくソウル・ストーンを強奪し、ガモーラたちが待つ世界へと移動します。

ゾンビ

足止めとばかりにストレンジはポータルを開き、5話の世界のゾンビを召喚。彼もまたネクサス・ビーイングとなってしまったようです。中にはキャプテン・アメリカ、ホークアイ、ファルコンのゾンビが含まれています。一瞬顔をしかめたカーターは気づいてしまったのでしょうか?それともゾンビが嫌なだけでしょうか?

©2021 MARVEL,Disney

ウルトロンの前に一瞬で散っていったゾンビたちでしたが、ゾンビ・ワンダだけは別格でした。「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」ではワンダがウルトロンの計画を阻止し、最後に機械の心臓をえぐり出したいわば天敵。ここでも強力なカオスマジックでウルトロンを圧倒しかけましたが、さすがのゾンビ・ワンダも星を爆破されてはひとたまりもありませんでした。

8話と合流

ガモーラたちと合流する一行、このウルトロンが誕生した8話の世界のようです。さらに舞台は日本の渋谷をイメージした街になっています。劇中では渋谷と分かりづらいですが、クレジットシーンに表示される画像からはハチ公像が確認できる他、バックにもひらがなで「しぶや」と書かれています。

©2021 MARVEL,Disney

そこで8話の世界の唯一の生き残り、ナターシャ・ロマノフが登場しソウル・ストーンを強奪。突然現れたガーディアンズ・オブ・マルチバースを信用しようとしません。

カーターが信用を得るためにナターシャに歩み寄り、「あなたの父親はイワン、育ての父親はアレクセイ」と告げます。なお、吹替はイワンで字幕はアイヴァンになっています。ちなみに「アベンジャーズ/エンドゲーム」でレッドスカルに指摘されたときは吹替、字幕ともにアイヴァンです。こういう所は統一してほしいものです。

で、コミックのナターシャの父親はというと今なお不明です。イワン・ペトロビッチは戦火の中赤子のナターシャを拾い育てた人物です。では養父が二人かというとそうではなく、コミックのアレクセイは父ではなく夫でした。MCU版が実父をイワン・ペトロビッチとするのかはわかりませんが、今後登場するとしれば「What if」のシーズン2以降や「ブラックウィドウ2」でもないと機会がなさそうです。

さらにカーターは、ナターシャが信用しているのは3人だけで、そのうちの一人が自分であると話しかけます。ここはかなり興味深いポイントです。

この8話の世界ではアベンジャーズがウルトロンに倒され、核ミサイルが発射されていました。キャプテン・アメリカの顔は画面上に映っていませんが、割れた盾はキャプテン・カーターのものではなくキャプテン・アメリカのものです。つまりこの世界のペギーは100歳近くまで生きたS.H.I.E.L.D.の大先輩であり、神聖時間軸のナターシャとペギー同様に交流はないものと考えて差し支えなさそうです。

しかしナターシャはカーターの態度を見て、別世界の自分は彼女と親友なんだろうと理解し、信用することにしました。

ちなみにカーターの親友のナターシャが信じる残りの二人は誰になるのでしょうか。クリント・バートン、ブルース・バナー、フューリーあたりが候補になりそうです。時系列的にエレーナたちとの再会はもう少し先になりそうです。

信用しかけた矢先にウルトロンが登場し、ナターシャごとソウル・ストーンを引き寄せて行くのでした。次元移動はストーンが6つ揃っていなくても可能なようで、原理的にはタイム・ストーンとスペース・ストーンがあれば可能なのかもしれません。

ソウル・ストーンの奪い合い

すかさずソーがムジョルニアを投げ、ストーンの強奪を阻止します。ここからは「アベンジャーズ/エンドゲーム」のガントレット争奪戦を思い出させるような、ソウル・ストーン争奪戦が繰り広げられます。

尺の問題という大人の事情もあるため、結成されたばかりのガーディアンズ・オブ・マルチバースは本家アベンジャーズを凌ぐチームワークでウルトロンを翻弄します。戦いは一転二転しながらも、ようやく魔法の鎖でウルトロンを拘束し、ソウル・ストーンを奪取します。

ガモーラがインフィニティ・クラッシャーにソウル・ストーンをセットすると、クラッシャーに魂が宿ったのか自動的にウルトロンの胸部のストーンに向かいローラーでガリガリすると同時に頭部のマインド・ストーンにもアームを伸ばしました。そしてストーンの色に対応したランプが全部灯ると大爆発を起こすのでした。

想像とかなり異なるクラッシャーの使い方でしたが、ガモーラはこれで自分の宇宙のストーンを破壊したのでしょうか?このクラッシャーは二台目?延期された幻のエピソードが気になる所です。

少しずつ違うという事実

終わったかに見えた戦いでしたが、ウルトロンのストーンは無傷でした。ここで「どの宇宙も少しずつ違い、インフィニティ・ストーンも同じではない」という設定が説明され、ガモーラのインフィニティ・クラッシャーはあくまでガモーラがいた宇宙のストーンにしか効果がなかった事が判明します。

この「少し違う」という事はもしかするとかなり重要な要素なのかもしれません。ウルトロンの持つストーンは映画のサノスがやったように、指を鳴らすだけで宇宙すべての生命を奪ったりは出来ないのかもしれません。ウルトロンが気づかなかった、大人の事情でそういう脚本ではなかった、というのはあまり考えたくありません。

ウルトロンはチームの鍵がドクター・ストレンジだと見極め、6つの石で全力攻撃を再開します。

圧倒的なエネルギーの奔流を盾で凌ぐカーターとナターシャでしたが、レッドガーディアンの盾はあっさりと破損。具体的な素材はわかりませんがヴィブラニウム未満の強度のようです。しかしヴィブラニウムシールドも破損こそないものの防ぎきれず、吹き飛ばされた二人でしたが、ナターシャはそこでゾラのA.I.をダウンロードしたクリントの矢を見つけるのでした。

起死回生

ウルトロンがストレンジに気を取られている隙にナターシャが矢を放ち、カーターが飛びついてヴィブラニウム製のヘルメットマスクを開けます。ヴィジョンのボディですから眼球もヴィブラニウムな気がするのですが、それでもヘルメットよりは刺さりやすそうです。クリントの矢もヴィブラニウムにアップグレードされているかもしれません。

ウルトロン内部に侵入したゾラのA.I.はかつて映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でウルトロンがJ.A.R.V.I.S.にしたようにそのプログラムを書き換え侵食、排除していきます。軍事大国アメリカで武器製造産業に携わってきたトニー・スタークが生み出した超兵器が、永世中立国であり平和の象徴的国家であるスイス人のゾラにやられていく様はなんとも皮肉です。その実はヒドラですが。

ウルトロンとの決着

ウルトロンが倒れ歩み寄るキルモンガー。ずっと大事に抱えていたウルトロン・セントリーの頭部をかざすと倒れたウルトロンのアーマーが剥がれてキルモンガーに装着されていきます。奪ったアーマーがしっかりとブラックパンサーカラーになるのは面白いポイントです。ストーンごとすべて奪ったキルモンガーはインフィニティ・ストーンの力ですべての世界を元に戻そうと提案しました。

しかしチームはそんなことを受け入れられません。一同が拒否すると、キルモンガーは残念だと言いつつストーンの力を解放し始めます。

とは言え、この時点でキルモンガーは5つのストーンしか手に入れていません。サノスのガントレットと違い、ウルトロンのアーマーは5つしかセットできず、マインド・ストーンはヴィジョンの額にセットされています。

ゾラとキルモンガー

そこに割り込んできたのはゾラでした。アーマーを奪われ、あらわになったヴィジョンの腹部にはゾラの顔が浮かび出ています。これはコミックのゾラの特徴をオマージュしたデザインと言えるでしょう。

©MARVEL

ゾラが手をかざすと、キルモンガーの胸にあった5つのストーンが剥がれてゾラのほうへと向かいます。キルモンガーも負けじと手を出し、奪い合いの状態になっていきます。

ドクター・ストレンジは二人がストーンの奪い合いに集中している事に勝機を見出し、ストーンと二人を結界で包み時間を凍結させてしまいます。そしてウォッチャーの力でそこだけを切り取り、コミックに見られるようなポケット次元(ディメンション)にすると、ストレンジのいた世界の牢獄へと戻ります。

ウォッチャーはインフィニティ・クラッシャーが通用しない事やキルモンガーが裏切る事もわかった上での作戦を実行していた事がわかります。神聖時間軸のストレンジも未来を見、宇宙の半数の生命が死ぬ事をわかった上でタイム・ストーンを手放した事がありました。二人は根本的に通ずるところがあるのかもしれません。

ストレンジはウォッチャーの友人として、このままこの小さな次元の見張りを永遠に続けることになるようですが、それはゾラやキルモンガーが出てくる可能性も残されていることを意味するようです。

ガーディアンズの解散

ガーディアンズの面々がそれぞれの世界へと帰っていく中、カーターは一人残されるナターシャが気になる様子。ハッピーエンドを望むカーターに対し、ウォッチャーは大丈夫と後押し、ナターシャも軽くうなづき別れを告げるのでした。

一人になったナターシャは自分の世界には戻らないと告げ、再び見ているだけの不干渉の姿勢を取るウォッチャーに対して「ポップコーンでも食べてた?ウルトロンが私の友達を殺して世界を滅ぼしていた時に」と痛いところ突きます。

不干渉といいつつも最大限の譲歩を見せたのか、ウォッチャーは3話のアベンジャーズ殺人事件の世界へとナターシャを連れていきます。ピム博士の復讐により多くのヒーローを失ったこの世界で、キャプテン・アメリカ、キャプテン・マーベル、そしてフューリーがロキやチタウリと戦っていました。

すかさず加勢したナターシャはロキから杖を奪い、マインドコントロールして決着を迎えます。

ミッドクレジット

今回のミッドクレジットシーン、映画と照らし合わせると気になるポイントが存在します。

以下は二人の会話の流れから考えて、ヒドラ・ストンパーの中身がスティーブ・ロジャースである事が前提となっています。

9話の冒頭は「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」に沿った展開をしているため、1話のラストで2012年に飛んだ後、映画「アベンジャーズ」のイベントをスティーブとペギーの役割を交代して行われたものと推測されました。

キャプテン・カーターの愛したスティーブ(以下IFスティーブ)は1話のラストでヒドラ・ストンパーから放り出された状態で終わり、動力源であった四次元キューブは脇に転がっていました。その後バッキーたちに助けられたのか、ヒドラの残党に捉えられたのかはまったくわかりません。

IFスティーブが神聖時間軸のペギーの人生をなぞったのであれば、SSRに所属し、S.H.I.E.L.D.を創設しているはずで、正常に加齢していればアラ100のおじいちゃんになっています。そんなIFスティーブが船の倉庫の奥、ヒドラ・ストンパーの中にいるというのは相当に奇妙な事件です。

IFスティーブは1話のあとバッキー達に回収され、ハワード・スタークが未来でキャプテン・カーターに会えるようにヒドラ・ストンパーを冷凍睡眠装置へと改造し、IFスティーブを眠らせたのでしょうか?

映画のスティーブに目をやると、ペギーに面会しに行くなど、現代に蘇ってからS.H.I.E.L.D.の記録などで居場所を突き止めていた様子が描かれていましたが、キャプテン・カーターとIFスティーブの間にはそういったものがない様子である事もこのシーンでわかることです。これはSSRやS.H.I.E.L.D.がIFスティーブの足跡を追えていない、あるいは追っていなかった事を意味しているようです。ハワードが残してくれたと考えるには何の伝言も残されていないのが少し合点が行きません。

そしてこのレムリアスターはS.H.I.E.L.D.の船ですが、神聖時間軸ではその実態はヒドラがインサイト計画のために制御している船でした。ヒドラの船から発見されたアーマーの中にいる人物は果たして正常な人間なのでしょうか?加えて「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」をなぞっている以上、ウィンター・ソルジャー計画の被験者が登場することは理にかなっています。キャプテン・アメリカの親友として描かれたバッキー・バーンズが本来のウィンター・ソルジャーでしたが、キャプテン・カーターの親友は描かれていません。となると、恋人ポジションであるIFスティーブがウィンター・ソルジャーにされている可能性は否定出来そうにありません。

ハッピーエンドのようであり、良からぬ空気感もするこのミッドクレジットシーン。IFスティーブの人生に何があったのか、シーズン2で描かれる事はあるのでしょうか?


以上、今回のイースターエッグ、その他チェックポイントでした。

キルモンガーがいた世界のシュリとペッパーは仇を失い、いつ戻ってくるのか死ぬまで不安と怒りに苛まれそうでなかなか辛いところです。

ウアトゥがウォッチャーの誓いを破った罰についてシーズン1では言及されませんでした。コミックでは誓いを破ると裁判にかけられ、場合によっては罰を与えられますが、それらはシーズン2で描かれるのかもしれません。

アニメ「ホワット・イフ…?」シーズン1はディズニープラスで全話配信中です。

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ワンダヴィジョン」のS.W.O.R.D.基地などのコンセプトアートが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」のコンセプトアートが公開されました。アーティストのMattTkocz氏が公開したもので、ドラマに登場したS.W.O.R.D.の …

ドラマ「ミズ・マーベル」、主演イマン・ヴェラーニさんがカマラそっくりだと話題に

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」の主人公ミズ・マーベル/カマラ・カーンを演じるイマン・ヴェラーニさんが、コミックのカマラそっくりだと海外 …

ドラマ「シーハルク」でハルク対ティターニアが描かれるのではと憶測が広がる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク」のヴィラネスとして報じられているジャミーラ・ジャミルさん演じるティターニアですが、ジャミルさんがSNS上で公開した写真から、ハルク/ …

【噂話】ドラマ「ミズ・マーベル」撮影開始延期の可能性 ─ 先行して別作品でのデビューの話も

ディズニープラスで制作が予定されているドラマ「ミズ・マーベル」ですが、当初の予定よりもスケジュールが後ろ倒しになるとの話しが出てきています。 sponsored link   海外スクーパーのマーフィ …

【ネタバレ注意?】ドラマ「ロキ」、トレーラーに既に複数のロキが存在している? ─ 海外ファンが指摘して話題に

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の配信開始まで3週間を切り、トレーラーやポスターなどが公式から続々と公開される中、先日公開されたトレーラー「Miss Minutes」の中 …

PREV
ゲーム「Marvel’s Guardians of the Galaxy」よりコスモのシネマティックトレーラーが公開
NEXT
アニメ「What if...?」、シーズン2の他にティ・チャラのスターロードのスピンオフ計画があった

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What if…?関連記事

ロキ関連記事

ファルコン&ウィンター・ソルジャー関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本未定)
◆2022年1月28日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。