まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

Agents of S.T.R.I.K.E.結成─「エージェント・オブ・シールド」メイ役ミンナ・ウェンさんがスト参加を報告

投稿日:

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」でメリンダ・メイを演じたミンナ・ウェンさんがinstagramを更新し、現在アメリカで行われているSAG-AFTRA(俳優組合)のストライキに参加している最中である事を報告しました。また、それにはコールソン役のクラーク・グレッグさんを含む複数のS.H.I.E.L.D.のエージェントも一緒に参加しているようです。

sponsored link
 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ming-Na Wen(@mingna_wen)がシェアした投稿

ウェンさんは「こんにちは、エージェント・オブ・ファミリー」とコメントを添えてストライキ活動中の写真を掲載。

フィル・コールソン役クラーク・グレッグさん、メリンダ・メイ役ミンナ・ウェンさん、グラント・ウォード役ブレット・ダルトンさん、パイパー役ブリアナ・ベンスカスさんといったキャストが参加。脚本家のクレイグ・タイトリーさんは「Agents of S.T.R.I.K.E.」のプラカードを持ってこのチームに参加しています。

クラーク・グレッグさんも自身のインスタストーリーで写真を投稿し、フィル・コールソンとメリンダ・メイのカップルをあらわす #philinda のタグをつけて紹介していました。

今回のストライキの最大の争点のひとつとして、AI俳優の問題があります。

映画などで何の規制もなしに、特定の俳優をモデルにしたAI生成のキャラクターの使用が一般的になったら、俳優は雇用の機会を大幅に失いかねない事で、SAG-AFTRAは「俳優の名前と肖像、演技を複製するための明確なガイドライン」を求めています。

クラーク・グレッグさんはこのAI俳優問題について「ご存知のとおり、私たちはコンピューターに入力される単なる情報ではありません。それは人類の目的ではありません。そして、私たちは芸術という形に魂を残すために戦っているような気がします。」とコメントしています。

また、作品のネット配信に対する俳優への報酬が正当かどうかについても話合われています。

-ドラマ
-,

執筆者:

関連記事

キャスリン・ハーンさん、今後のMCUでもアグネスを演じたい事を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」で「おせっかいな隣人」アグネスを演じたキャスリン・ハーンさんが、海外メディア ニューヨーク・タイムズ とのインタビューでこの先 …

ドラマ「ロキ」のサウンドトラックが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の1話から3話までの楽曲リスト「Loki: Volume 1 (Episodes 1-3),」がマーベル・ミュージック/ハリウッド・レコー …

ドラマ「ワンダヴィジョン」4話のイースターエッグをピックアップ ─ ミズ・マーベルやファンタスティック・フォーとの関連は?

配信が始まったにも関わらず謎が多いMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」は、これまでに公開されてきた映画シリーズと同様イースターエッグがたくさんある作品です。この記 …

チャーリー・コックスさんはデアデビルが映画「デッドプール3」に登場する余地があると考えている

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」で主人公デアデビル/マット・マードックを演じるチャーリー・コックスさんが、ドイツのドル …

ドラマ「ヴィジョンクエスト」の配信予定時期が明らかに

マーベル・スタジオが開発していると噂されているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ヴィジョンクエスト」の配信時期が明らかになりました。この情報は「ワンダヴィジョン」、「アガサ:カヴ …

ロキ シーズン2関連記事

 ロキ シーズン2関連記事

ロキ シーズン2の関連記事一覧はこちら

シークレット・インベージョン関連記事

 シークレット・インベージョン関連記事

シークレット・インベージョンの関連記事一覧はこちら

シーハルク関連記事

◆2023年11月10日「ザ・マーベルズ」
◆2024年2月14日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)
◆2024年5月3日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年7月12日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2024年7月26日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年12月20日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。