まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」、オーディンの最期のシーンの変更の真相が明らかに

投稿日:

2017年公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」では当初オーディンの死とヘラの復活はニューヨークで起きるイベントとして制作され、その事は予告動画でも描かれていましたが、実際に公開された映画では異なっていました。先日、米国にて発売された裏話満載の公式本「The Story of Marvel Studios: The Making of the Marvel Cinematic Universe」で、タイカ・ワイティティ監督がこの変更についてコメントをしています。

sponsored link
 

開発初期では、アンソニー・ホプキンスさん演じるオーディンはニューヨークの路地裏で死ぬ予定でした。話の流れとしては、トム・ヒドルストンさん演じるロキがオーディンを老人ホームに連れて行き、すぐに出て行ってニューヨークの路上で浮浪者になったというものでした。ここから実際に公開された映画に向けての変更について、本には以下のように記載されています。

「しかし、トニー(ホプキンス)は、ハリウッドやハリウッド映画の感傷のようなものに反応していて、それは当然のことなんです。」と監督は語りました。「私は、”ああ、トニー。僕もそういうのは嫌いだから、そこから脱却しよう。どうすればこれを覆して、もっと面白い死のシーンにできるだろうか”と一緒に考えました」。

そしてワイティティ監督は、その答えはシンプルで、ファンが切望していたシーンを提供することだったと語りました。

「観客は我々のようなひねくれ者ではなく、映画の中にちょっとした感情を求めていることを理解しています。そこで私は、『彼らが望んでいる、そして彼らが長い間待っていた、あのバージョンのオーディンの死のシーンを絶対に与えるべきだ』と思いました」。

この変更についてはブルーレイのコメンタリーでも少し説明された事があり、監督は試写会でのオーディンの死に感傷が集まりすぎた事や、前バージョンのシーンはあまりにも都合が良すぎたと語っています。

元々、ニューヨークのセットで撮影したものもあるんです。私たちがやりたかったのは、彼らが地球に降り立ち、ドクター・ストレンジと出会うというものでしたが、ドクター・ストレンジが突然、道の先の路地にいるというのは、あまりにも都合が良すぎると感じました。また、それまでのすべての出来事は、あまりにもテンポが速く、あちこちで起こっていました。私たちは、どこか平和な場所に行って、登場人物たちと一緒にくつろいだり、オーディンが知恵を授けている間に一緒にいたりしたかったのです。

最終的にオーディンの死は単に悲しい出来事から、物語上意味があって面白みのあるものにするため、アンソニー・ホプキンスさんの提案を受け一緒に監督と考えたと言います。そして、トレーラー公開後、映画公開前の土壇場になって急遽変更される事になりました。

現在、「ソー」シリーズは4作目となる「ソー/ラブ&サンダー」の撮影を終え、公開に向けてポストプロダクションの真っ最中。

最新作では引き続きクリス・ヘムズワースさんがソーを演じ、ヴァルキリー、コーグ、ミーク、レディ・シフがシリーズから再登場する他、ガーディアンズのメンバーが登場する事が公式に明かされています。

その他、ラッセル・クロウさんがゼウスを演じる事を明かしています。また、シリーズでロキを演じているトム・ヒドルストンさんは再登場を否定しています。

映画「ソー:ラブ&サンダー」は 2022年7月8日 米国公開予定です。

ソース:Thor: Ragnarok Director Taika Waititi Explains Why They Decided to Redo Odin’s Death Scene

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の米国レーティングはPG-13に

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の米国におけるレーティングが、前作「ヴェノム」と同じくPG-13になることがソ …

【映画紹介】「アントマン&ワスプ」さらに小さな世界へ【MCU Vol.20】

※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 2018年公開の映画「アントマン&ワスプ」(原題:AN …

トム・ホランドさん、MCU「スパイダーマン3」の撮影現場から写真を公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じるトム・ホランドさんが、最新作となる「スパイダーマン3」(タイトル未定)の撮影風景を、自身のInstagramに …

映画「スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム」が4月のWOWOWに登場

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の23作品目、フェーズ3の締めくくりとなる映画「スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム」が4月のWOWOWで放送されることがWOWOW公式サイトで公開され …

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」公開日が2021年9月17日に再延期

ソニー・ピクチャーズが制作する映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の公開がさらに延期されることが報じられました。この情報は複数の海外メディアが報道し、プレスリリースによると本作は3ヶ月延期 …

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年1月28日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。