まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「シャン・チー」は早くも次の舞台へ、主演シム・リウさんがほのめかす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の主演シム・リウさんが、海外メディア RadioTimes とのインタビューの中で、はやくも次の舞台があることを示唆しました。

インタビューの中でリウさんは今後のシャン・チーについて「確かに、戻ってきたいと思っています。映画の中で私たちのラストシーンは、確かにそれを暗示しているような気がします。成功を願っています。」と語りました。

また、シャンチーの友人ケイティを演じるオークワフィナさんは「ケイティが何かに興味を持っているかどうかを確認するのはクールだと思います。しかし、本当に、彼女とシャンの関係がどこに行くのかを見たいと思います。」と二人の今後の関係が気になっていることを明かしました。

すでに次を暗示しているシーンがあるとの事で、映画のエンディングシーケンスやポストクレジットシーンで、「シャン・チー2」や他のMCU作品へのクロスオーバーが示唆されるものと考えられます。本作でもいつものように最後まで席に座って鑑賞するのが良さそうですね。

sponsored link
 

映画の公式あらすじは以下の通りです。

アメリカ・サンフランシスコで
平凡なホテルマンとして暮らすシャン・チー。
彼には、かつて父が率いる犯罪組織で最強の武術を身に付け、
組織の後継者になる運命から逃げ出した秘密の過去があった。
しかし、悪に染まった父が伝説の腕輪《テン・リングス》を操り世界を脅かす時、
彼は宿命の敵となった父に立ち向かうことができるのか?

映画「シャン・チー/テンリングスの伝説」は 2021年9月3日 日米同時公開予定です。

ソース:Shang-Chi star says he has his “fingers crossed” for a sequel – and a musical spin-off

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

【噂話】MCUのデイジー・ジョンソンは新しく描かれるという

マーベルテレビジョン制作のドラマ「エージェント・オブ・シールド」に登場していたデイジー・ジョンソンが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)への登場にあたって新しくそのオリジンが描き直されるよ …

「モービウス」の予告編公開! ヴェノムに続くスパイダーマンスピンオフ映画 

ソニー・ピクチャーズ制作の映画、ジャレット・レトさん主演の「モービウス」の予告編が公開されました。 ソニーの描くスパイダーマンシリーズのスピンオフ作品ですが、MCUとの関連性は言及されておりません。ま …

【噂話】映画「サンダーボルツ」にメリーナとビルが参戦か

マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「サンダーボルツ」にレイチェル・ワイズさん演じるメリーナ・ヴォストコフと、ローレンス・フィッシュバーンさん演じるビル・フ …

映画「マダム・ウェブ」のランタイムが判明か、SSU史上最長の映画に

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」のランタイムが判明したかもしれません。ノルウェーの映画チケットサイト filmweb によると、本作 …

映画「クレイヴン・ザ・ハンター」の試写会が行われたと言う

ソニー・ピクチャーズが制作中のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「クレイヴン・ザ・ハンター」の試写会が行われたようだと、海外スクーパーの ViewerAnon 氏が報告しました。劇場 …

PREV
映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」のロケでオコエの姿を確認
NEXT
アニメ「What if...?」からフューリーとブラックウィドウのポスターが公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。