まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ロキ」、作曲家が予告にしか存在しなかった幻のシーンの詳細を明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のシーズン1がフィナーレを迎え、シーズン2の公式発表を歓迎していますが、シーズン1には失われてしまった映像がいくつかありました。「ロキ」の作曲家ナタリー・ホルトさんは海外メディア The Direct とのインタビューの中で、本編には含まれなかったシーンの内容について明かしました。

最終カットにならなかった曲があるか聞かれたホルトさんは、ロキがアスガルドの王になり、カエルになったソーを見るという、大きくて壮大な瞬間があったと明かしました。

それはエピソード1の瞬間でした。メビウスが(ロキに)自分の人生を見せているとき、そこにはもっと多くの瞬間がありました。ただ、もう少し焦点を絞るために、カットしたのだと思います。しかし、そこにはいくつかの余分な瞬間があり、あの雷神ならぬ「雷蛙」の瞬間もその一つでした。ロキがアスガルドの王冠を手にしたときに、カエルになったソーが登場するという壮大な場面を、実は聖歌隊と一緒に書いていたんですよ。

予告編にあった王座の部屋のシーンと同じかと問われると、そうであることを認めました。

そうです! ロキは、アスガルドの王座に座っていて、王冠をかぶっています。ええ、それは一部でした。登場する予定だったんです。

なぜ削除されてしまったか尋ねられたホルトさんは以下のように述べました。

かなり後半になるまでカットされなかったと思います。楽しいシーンではあるんだけど、なんか、あまりにも突拍子もない感じがしたんですよね。D.B.クーパーのシーンがあったから、エピソード1ではロキを分解する必要があるというように、本題に入る必要があったのですが、そういった軽快な場面が多すぎたのです。それがない方が、より良い作品になったと感じました。でも、とても楽しい瞬間でしたよ。

そして最後に、「この話をしていいのかどうかわからないんです。ロキの監督であるケイト・ヘロンは、このシークエンスを “ある時点での追加シーン “として公開したいと考えていましたが、私にはわかりません。彼らがどこにいるのかわからないんだ。」と明かしました。

5話で一瞬だけ登場した雷蛙ことスロッグはコミックファンの心をすぐさま掴み、ネット上で話題となりました。脚本を担当したエリック・マーティンさんは1話でもっとスロッグのシーンがあったことを明かしていますが、それは予告編にあって本編にはなかったシーンを同じシークエンスだった事が今回のインタビューで明らかになりました。

sponsored link
 

監督は別途公開したいと考えていたようですが、期待してよいのでしょうか。続報があり次第、またブログでお伝えしていきます。

ドラマ「ロキ」シーズン1はディズニープラスで全話公開中です。

ソース:‘King Loki’ Deleted Scene Would’ve Included Thor Transformed (Exclusive)

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ホークアイ」の新たな予告”Tricks”が公開 ─ スタークも再登場

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」から新たなトレーラー「Tricks」が公開されました。30秒と短めの動画の中ではクリント・バートンがトリック …

来週のディズニープラスデイで実写「X-MEN」の発表がある?公式の投稿が話題に

米ディズニープラスの公式ツイッターがディズニープラスデイまであと6日である事を報告、投稿しましたが、その際にヒュー・ジャックマンさん演じるウルヴァリンのgif画像を引用して投稿したことで、「X-MEN …

ケイト・ビショップのMCUリターンについて報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」に登場したケイト・ビショップを演じたヘイリー・スタインフェルドさんが、今後のMCUに再登場する計画があると、海外メディア Varie …

ドラマ「アイアンハート」の撮影現場からアーマーとヴィランの写真がリーク

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アイアンハート」の主演ドミニク・ソーンさん演じる主人公リリ・ウィリアムズのアーマーアップと、アンソニー・ラモスさん演じる …

ドラマ「ロキ」、シルヴィの最後の決断をソフィア・ディ・マルティーノさんが説明

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の最後の場面でのシルヴィの決断について、シルヴィを演じたソフィア・ディ・マルティーノさんが、Marvel.com とのインタビューの中で説 …

PREV
ドラマ「ロキ」、トム・ヒドルストンさんがS2の制作会議が始まっている事を明かす ─ 監督は変更に
NEXT
マーベルオタクを自称するダヴ・キャメロンさん、「機会があれば飛びつきたい」と語る

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。