まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

マーベルオタクを自称するダヴ・キャメロンさん、「機会があれば飛びつきたい」と語る

投稿日:

ハリウッドで最もホットな新星の一人として活躍している女優のダヴ・キャメロンさんは、現在、Apple TV+シリーズの「Schimgadoon!」の配信が始まった他、 実写版「パワーパフガールズ」でバブルスを演じる事になっています。そのキャメロンさんが海外メディア PopCulture とのインタビューの中で、マーベルの仕事にいつでも戻る意欲を示しました。

sponsored link
 

キャメロンさんは、PopCultureに次のように語っています。

私は大のマーベルオタクなのよ。それは私にとって夢のようなことなんです。大のアクションオタクであり、大のコミックオタクであり、何らかの形でマーベルのフランチャイズに参加するというアイデアは、私にとって非常に魅力的なものなのです。だから、もしその機会があれば、飛びつきたいと思っています。

2016年、キャメロンさんはアニメシリーズ「アルティメット・スパイダーマン」のエピソードに、スパイダー・グウェン/グウェン・ステイシーの声で出演しました。その後、彼女はアニメ「マーベル・ライジング」でゴースト・スパイダーの声を担当することになります。2019年には「マーベル・ライジング」のスペシャル番組3本に出演しています。

実写版では「エージェント・オブ・シールド」シーズン5に出演し、コールソン達を苦しめました。

同メディアでは「ロキ」がマルチバースの扉を開いた事でキャメロンさんが戻る機会が生まれ、ルビー・ヘイルやグウェン・ステイシーを演じるのに適していると評価しています。

なお、「エージェント・オブ・シールド」でダヴ・キャメロンさん演じるヒドラのルビー・ヘイルと戦ったS.H.I.E.L.D.のエージェント、クエイク/デイジー・ジョンソンを演じたクロエ・ベネットさんも実写版「パワーパフガールズ」で今度はチームとして共演しています。

アニメ「ホワット・イフ…?」ではコールソンが帰ってくるのではないかとも噂されていますが、ルビーがMCUに来る事はあるのでしょうか?

ソース:Dove Cameron Reveals Whether She’s Open to Returning to the Marvel Universe (Exclusive)

-ドラマ, 映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

【映画紹介】「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」はみ出し者たちが、銀河を救う【MCU Vol.10】

※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 2014年公開の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシ …

【噂話】MCUにビッグ・ヒーロー・シックスからヒロとベイマックスが参戦?

ディズニーとマーベル・スタジオがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界にヒーローチーム「ビッグ・ヒーロー・シックス」からヒロとベイマックスを導入することを計画していると、海外メディアの …

MCU版スパイダーマン3の写真とともにキャストがタイトルをリーク? ─ 新たな形の情報戦が始まる

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン」シリーズの最新作が、今年の年末公開に向けて現在作成中です。本作で主人公ピーター・パーカーを演じるトム …

映画「ブラックウィドウ」日本でも10月6日からディズニープラス見放題配信開始

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」が米国における配信日と同じ2021年10月6日であることが発表されました。MCUフェーズ4の最初の映画で …

ドラマ「ワンダヴィジョン」のアグネスは何者なのか、そして夫のラルフとは? ─ 1話2話からの考察

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」に登場する、”おせっかいな隣人”アグネスについて掘り下げていく記事になっています。また、アグネスの基になっていると言われるコミ …

PREV
ドラマ「ロキ」、作曲家が予告にしか存在しなかった幻のシーンの詳細を明かす
NEXT
ドラマ「ロキ」、6話のイースターエッグをピックアップ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What if…?関連記事

ロキ関連記事

ファルコン&ウィンター・ソルジャー関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本未定)
◆2022年1月28日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。