まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

ドラマ「アーマー・ウォーズ」はキャンセルか、映画として再起動中と報じられる

投稿日:2022年9月30日 更新日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アーマー・ウォーズ」は2020年後半にプロジェクトが発表されて以降、先日のD23 Expo 2022でも配信日などの具体的な情報はありませんでした。そんな中、海外メディア The Hollywood Reporter は「アーマー・ウォーズ」が全6話のドラマ形式から劇場映画として再構築を始めていると報じています。

sponsored link
 

記事によると、マーベル・スタジオは2023年の生産開始を目指して「アーマー・ウォーズ」を進めていましたが、先週の木曜日、クルーに向けて方向性の変更が通知されたと言います。

「アーマー・ウォーズ」はヘッドライターにヤシル・レスターさんの起用が分かっていますが、公式に監督は明かされていません。

マーベル・スタジオが制作の形式を変更するのはこれが初めてではなく、「ホークアイ」はもともと映画として開発されていたものをドラマへと変更しています。

スタジオのケヴィン・ファイギ社長は以前に「ドラマは映画一本と同じ予算で制作している」とコメントしており、MCUのドラマはかなりの規模で制作されている事が分かっていました。ドラマに映画と同じコストをかける事はまずありませんが、それでも作品のランタイムを考えると、やはり映画のほうが時間単位の予算が高いという事でもあります。つまりドラマのほうが映画より高品質な映像になる事が期待でき、「アーマー・ウォーズ」は映画でなければ描けないと判断されたのかもしれません。

「アーマー・ウォーズ」について詳しいことは発表されていませんが、主人公ウォーマシン/ローディを演じるドン・チードルさんは「トニー亡き世界でローディの過去と、そして未来を探求する。」と語っています。

本作はトニー・スタークの遺産を巡る物語になる事から、トニーの制作物の流れでもあるホワイト・ヴィジョンや後継者とも言えるアイアンハート/リリ・ウィリアムズ、敵対勢力として「アイアンマン2」の武器商人ジャスティン・ハマーや、「アントマン&ワスプ」のブラックマーケットの売人ソニー・バーチなどの再登場が予想されています。

D23 Expo 2022ではドラマ「シークレット・インベージョン」にドン・チードルさん演じるウォーマシン/ローディが登場し、「アーマー・ウォーズ」へと続くとも説明されました。

ドラマ「アーマー・ウォーズ」のリリース時期は未定です。

ソース:Marvel Shakes Up ‘Armor Wars’: Don Cheadle Series Now Being Developed As a Movie (Exclusive)

この話題は後日マーベルによって公式に認められました。

-ドラマ, 映画
-, ,

執筆者:

関連記事

トム・ホランドさん、MCU「スパイダーマン3」に「アンドリュー・ガーフィールドとトビー・マグワイアはいない」と明かす

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン」シリーズの三作目で、引き続き主演を務めるトム・ホランドさんが海外メディア Esquire とのインタ …

X-MENキャストの同窓会にデッドプール役ライアン・レイノルズさんが乱入する動画が公開

先日行われたチャリティーライブ「Global Goal: Unite for Our Future」に映画旧「X-MEN」シリーズのキャスト、プロフェッサーX役パトリック ・ スチュワートさん、マグニ …

ソニー・ピクチャーズはまだ「シニスター・シックス」の計画を維持していると報じられる

ソニー・ピクチャーズは打倒スパイダーマンを掲げる6人からなるヴィランチーム「シニスター・シックス」の実写化計画を維持していると海外メディア Deadline が報じました。1964年のコミックでデビュ …

アニメ「What if…?」よりゾンビ・アベンジャーズのポスターが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ…?」よりゾンビと化したアベンジャーズを描いたポスターが公開されました。アーティストのクリス・クリストドゥールーさんが …

映画「ドクター・ストレンジ/MoM」脚本家がファンタスティック・フォーに関するクレジットシーンを計画していたと明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の脚本家マイケル・ウォルドロンさんが、海外メディア Empire と …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。