まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

【噂話】「アーマー・ウォーズ」がドラマから映画に変更されたのはトニー・スタークのせい?

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

先日報じられたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「アーマー・ウォーズ」がディズニープラス向けのドラマ作品から劇場公開用の映画として作り直されるというニュース。このニュースに対して、海外ファンはトニー・スタークのせいではないかと考え始めています。

sponsored link
 

インサイダーの@GraceRandolph「これが私の理論です。アーマー・ウォーズが映画になったのは、トニー・スタークが AI として戻ってきたからです。単なる理論です。」と投稿。

コミックのトニー・スタークは自身をAI化しており、かつてアイアンマンにJ.A.R.V.I.S.やF.R.I.D.A.Y.と言ったAIが搭載されていたように、現在はアイアンハートにスタークAIが搭載されています。

©MARVEL

@JayBanziaは、「ロバート・ダウニーJr.が存在するだけで『アーマー ウォーズ』のリリースへのオッズが高くなった可能性がある」と述べています。 

ファンダムに人気のアカウント@therealsupesは、アーマーウォーズは本質的に「トニー・スタークの技術が悪人の手に渡る映画であるため、トニーが AI として戻ってくる可能性は非常に高い」と考えているようです。

実際トニー・スタークは映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の最後でホログラム映像技術を完成させており、これとAI技術を組み合わせて、コミックのように自身をAI化し、バックアップしていたとしても不思議ではありません。

また、「アーマー・ウォーズ」ではローディだけでなく、ハーレー・キーナーやハッピー・ホーガン、ペッパー・ポッツとモーガン・スタークもアーマーをまとうのではないかと考えるファンも多く、ドラマから映画になった事でこれらが実現する可能性も上がったと考えられています。

sponsored link
 

本作がどのような進化を遂げることになるのか、今後の情報には要注目となっています。

ドラマ「アーマー・ウォーズ」のリリース時期は未定です。

-ドラマ, 映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」監督がヴェノムとカーネイジの能力の違いを説明

ソニー・ピクチャーズの映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のアンディ・サーキス監督が主人公ヴェノムと、敵対するシンビオート「カーネイジ」の能力の違いについて海外メディア IGN とのインタ …

ドラマ「ホークアイ」の新たなポスターが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」のポスターが公開されました。コミックデザインをベースにしたスーツを着用しているジェレミー・レナーさん演じるク …

「ワンダヴィジョン」配信開始記念、「マーベル・スタジオ始動!カウントダウンキャンペーン」が実施中 ─ マーベル福袋が当たる!

アベンジャーズ公式ツイッターアカウント(@AVG_JP)にて、1月15日のドラマ「ワンダヴィジョン」配信開始を記念して「マーベル・スタジオ始動!カウントダウンキャンペーン」が実施中です。ヒーローたちの …

ケヴィン・ファイギ社長が「MCUフェーズ5のロードマップの一部を数ヶ月以内に目の当たりにするだろう」と語る

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が海外メディア GamesRadar とのインタビューの中でMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の今後について言及しました。ファイギ社長は「人々は次 …

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」公開2周年を祝って舞台裏写真が公開

2019年公開4月26日に公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の公開から2周年を記念して、ルッソ兄弟監督やロバート・ダウニーJrさん、マーク・ラフ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。