まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

デアデビル役チャーリー・コックスさん、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」トレーラーのファン理論について言及

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

Netflixのマーベルドラマ「デアデビル」で主人公デアデビルを演じたチャーリー・コックスさんが、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のトレーラーに登場しているとのファンセオリーに対して、海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で触れました。

©2021 Sony pictures

トレーラーの中でトム・ホランドさん演じるスパイダーマン/ピーター・パーカーとやり取りをする顔の見えない男性について「これはあなたですか?」と聞かれたチャーリー・コックスさんは「あれは僕の腕じゃない事を約束するよ」とファンセオリーを否定しました。

デアデビルが「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に登場するという噂はずっと以前からあり、前作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」で殺人容疑をかけられたピーター・パーカーに弁護士が必要である事から、デアデビルやシーハルクの必要性がファンの間で囁かれていました。

コックスさんは昨年春のインタビューで、「そのような噂は聞いていませんでしたが、確かに私のデアデビルには関係ありません。私はそれに関与していません。もしそれが本当なら、私ではなく、他の俳優が出演することになります。他の俳優のデアデビルです。」と述べました。

また、「マーベル映画のファンとして、彼らがあちこちに出てくるちょっとしたネタは大好きなんだけど、Netflixに出演していたから、法的な理由であまりできなかったんだ。でも、ジェシカ(・ジョーンズ)とマット(・マードック/デアデビル)が背景に現れたり、マットがピーター・パーカーに助言する弁護士になったりするアイデアは大好きだよ。それはとてもクールなことだと思います。」とコメントしています。

今年の7月には急遽撮影のためにイベント出席をキャンセルしさらなる憶測を呼んでいましたが、今回のインタビューで「トレーラーのあの人物はチャーリー・コックスさんではない」事が本人の口から明かされました。ただしノー・ウェイ・ホームに出演していないという明言があるわけではなく、コックスさんのいうNetflixとの法的な理由は契約期間を終えクリアになっているため、ファンにはまだいくらかの希望が残されているようです。

sponsored link
 

本作の米公式あらすじは以下の通りです。

スパイダーマンの映画史上はじめて、我らが親愛なる隣人はマスクを外し、スーパーヒーローとしてのリスクと、自らの日常生活とを分けられなくなってしまった。ドクター・ストレンジに助けを求めるも、それはさらなる危険を生み出し、彼はスパイダーマンであることの真の意味を見出さなければならなくなる。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2021年12月17日 米国公開予定です。

ソース:Daredevil’s Charlie Cox Addresses Spider-Man Trailer Forearms Theory

-ドラマ, 映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」撮影終了、オーブリー・プラザさんの役割判明か─ソロ作品獲得とも

マーベル・スタジオが撮影中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」に出演するオーブリー・プラザさんの役割が判明したと、海外メディア Giant Frea …

映画「エターナルズ」は2つの時代について描かれるという

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」は2つの時代について描かれる事が公式のプレスリリースより判明したと報じられました。海外メディア The Di …

ドラマ「ワンダヴィジョン」に10話目が存在する?

ディズニープラスで独占配信中のドラマ「ワンダヴィジョン」は以前に公式のプレスリリースにより全9話であることが明かされていました。ところが追加のエピソードがあるかもしれないと海外メディア The Dir …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、彫刻家がワンダゴアの舞台裏を公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の制作に参加した彫刻家のジョニー・ムーアさんが、イルミナティの玄関前 …

ジェレミー・レナーさん続報、人助けの最中の事故だったと判明

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でホークアイ/クリント・バートンを演じている俳優ジェレミー・レナーさんの事故について、リノのヒラリー・シーブ市長は「立ち往生した車を助けようと除雪車から降 …

PREV
ゲーム「Marvel’s Midnight Suns」のゲームプレイトレーラーが公開 ─ 主人公「ハンター」は外見変更も可能
NEXT
【ネタバレ注意】マーベル・スタジオ社長が「シャン・チー/テン・リングスの伝説」ポストクレジットシーンについて語る

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。