まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【ネタバレ注意】マーベル・スタジオ社長が「シャン・チー/テン・リングスの伝説」ポストクレジットシーンについて語る

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が明日公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のポストクレジットシーンについて、海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で語りました。

通常、内容についてあまりネタバレをしないファイギ社長ですが、今回はその内容についてギリギリまで触れました。

私たちは何もネタバレしたくありません。しかし、この映画の終わりでは、少なくとも、シャン・チーがどれほど重要で、どれほど直接的にこの世界に足を踏み入れているかについて、かなり明確な方向性が示されていると思います。「アイアンマン1」のタグでニック・フューリーがトニー・スタークに言った「君は大きな宇宙の一部なんだ、君はまだそれを知らないだけなんだ」という言葉が思い出されます。そして、ネタバレしないように、この映画の最後でシャンにもよく似たことが起こるのです。

具体的なネタバレは無いものの、映画「アイアンマン」(2008年)のポストクレジットシーンと似たような事が起こると、ファイギ社長は述べました。

これはシャン・チーがなんらかのチームを組む事を示唆しているのか、あるいは単なるネクストステージを示唆しているだけなのか、詳細は不明です。前者である場合、ニック・フューリーやヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌ、もしくはコミックでエージェント・オブ・アトラスのリーダーを務めた「アントマン&ワスプ」、「ワンダヴィジョン」のジミー・ウーがシャン・チーに接触してくるのでしょうか?

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のポストクレジットシーンについて、デスティン・ダニエル・クレットン監督は「最後まで座って見ていてください」とアドバイスをし、主演のシム・リウさんは「映画の中で私たちのラストシーンは、確かに次を暗示している気がします。」とコメントしています。

映画の公式あらすじは以下の通りです。

sponsored link
 

アメリカ・サンフランシスコで
平凡なホテルマンとして暮らすシャン・チー。
彼には、かつて父が率いる犯罪組織で最強の武術を身に付け、
組織の後継者になる運命から逃げ出した秘密の過去があった。
しかし、悪に染まった父が伝説の腕輪《テン・リングス》を操り世界を脅かす時、
彼は宿命の敵となった父に立ち向かうことができるのか?

映画「シャン・チー/テンリングスの伝説」は 2021年9月3日 日米同時公開予定です。

ソース:Shang-Chi Has Major Ties to MCU Past And Future

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

キアヌ・リーブスさんがマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長と面会した事を認める

俳優のキアヌ・リーブスさんが映画「マトリックス レザクレクションズ」のプロモーションとして海外メディア Comicbook.com とのインタビューに応じた中で、あらためてMCU(マーベル・シネマティ …

【ネタバレ注意】映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、グルートの驚くべき新形態が明らかに

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」に登場するグルートの新たな姿が明らかになりました。2023年春の発売 …

映画「アベンジャーズ」シリーズ4作の新たなポスターが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ」シリーズの新たなポスターが公開されました。ポスターはアーティストのジョン・ガイド氏によるもので、氏のTwi …

映画「ブラックウィドウ」の日本公開が11月6日に決定!─以前と同じく日米同時公開へ

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新作となる映画「ブラックウィドウ」の公開日が 2020年11月6日(金)に決定しました。 当初は5月1日の公開予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡 …

日本のディズニープラスで「アイアンマン」、「インクレディブル・ハルク」、「スパイダーマン」シリーズ6月17日より配信へ

日本で展開中のディズニープラスでMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アイアンマン」、「インクレディブル・ハルク」や、ソニー・ピクチャーズ制作の「スパイダーマン」シリーズ(ノー・ウェイ …

PREV
デアデビル役チャーリー・コックスさん、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」トレーラーのファン理論について言及
NEXT
ケヴィン・ファイギ社長、「インクレディブル・ハルク」はゴジラ映画の影響を受けていると明かす

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。