まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ケヴィン・ファイギ社長、「インクレディブル・ハルク」はゴジラ映画の影響を受けていると明かす

投稿日:

マーベル・スタジオ公式ブック「The Story of Marvel Studios: The Making of the Marvel Cinematic Universe」の中で、スタジオ代表のケヴィン・ファイギ社長が2010年公開の映画「インクレディブル・ハルク」の制作当時を振り返り、本作が日本の伝統的怪獣映画「ゴジラ」シリーズの影響を受けていることを明かしました。

sponsored link
 

ファイギ社長は本の中で以下のように述べています。

全てのゴジラの映画を見ました。「インクレディブル・ハルク」の映画構成は、まさにゴジラの通りです。映画の4分の3は政府がゴジラと戦い、その後、より強大な怪獣が現れ、ゴジラは政府がその怪獣と戦うのを助けるのです。

ゴジラ映画の多くはゴジラが登場し、暴れ、自衛隊と戦い、別のモンスターが登場し、ゴジラと自衛隊が協力して撃退する、という構成になっています。ファイギ社長は「インクレディブル・ハルク」でこの流れを採用し、人類への脅威としてハルクを登場させ軍と戦ったあと、アボミネーションが登場し、ハルクがこれを制圧する構成となった事を明かしました。

また、本の中で、当初この映画が3時間になっていた事を明かし、「アイアンマン」のジョン・ファヴロー監督を交えながら共にスクリーニングしたという裏話も明かしています。

アボミネーションは映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」に再登場し、ハルクに関しても公式に発表されているドラマ「シーハルク」への参加を筆頭にいくつかの噂が浮上している昨今、日本人に馴染み深いゴジラを思い返しながら「インクレディブル・ハルク」を見直してみるいい機会かもしれません。

ソース:Marvel Reflects on Incredible Hulk’s ‘Terrifying’ Production Troubles In New MCU Book

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

ジャック・ブラックさんがマーベル・スタジオと交渉中と報じられる

マーベル・スタジオが俳優のジャック・ブラックさんと交渉中であると、海外メディア Giant Freakin Robot が報じました。ジャック・ブラックさんは、ファンキャスティングでファンタスティック …

デアデビル役チャーリー・コックスさん、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」トレーラーのファン理論について言及

Netflixのマーベルドラマ「デアデビル」で主人公デアデビルを演じたチャーリー・コックスさんが、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のトレーラーに登場しているとのファンセオリーに対して、海外 …

【映画紹介】「インクレディブル・ハルク」ハルク誕生の物語【MCU Vol.2】

(米)2008年6月13日 / (日)2008年8月1日 のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)「インクレディブル・ハルク」日本では「アイアンマン」よりこのハルクが先に公開されてしまったため …

マイケル・キートンさん、バルチャー役の撮影中である事を明かす

ソニー・ピクチャーズ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ホームカミング」(2017年)でメインヴィランのバルチャー/エイドリアン・トゥームスを演じたマイケル・キ …

「アベンジャーズ・キャンパス」がディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーにオープン!

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)をテーマとしたエリア「アベンジャーズ・キャンパス」が7月18日にオープンとなることを、ディズニーが発表しました。 JUST ANNOUNCED: Aven …

PREV
【ネタバレ注意】マーベル・スタジオ社長が「シャン・チー/テン・リングスの伝説」ポストクレジットシーンについて語る
NEXT
チャーリー・コックスさん、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」出演の噂について一転、「台無しにしたくない」と話す

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。