まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

チャーリー・コックスさん、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」出演の噂について一転、「台無しにしたくない」と話す

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

Netflixのマーベルドラマ「デアデビル」で主人公デアデビルを演じたチャーリー・コックスさんが、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に登場するという噂について、スティーブ・バーリー氏のYoutube番組のインタビューの中で尋ねられ、このファンの考えを台無しにしたくない心境を明かしました。

sponsored link
 

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に自分が出演することを人々が噂しているのを見て「スリルを感じたか」と聞かれたコックスさんは次のように述べました。

僕はソーシャルメディアをやっていないし、他の人たちがやっているような意識は持っていませんが、明らかに耳にします。母親や妻からも聞いています。私はそれを大規模な、大規模なものとして捉えています。人々がそこまで気にかけてくれていることに、私はとても感謝しています。

今なおファンに愛されている「デアデビル」に対して感謝の意を表しつつも、コックスさんは続けて語りました。

自分の関与を否定したり肯定したりすることで、何かを台無しにしたくありません。私の言っていることが分かりますか?私はどちらにしても、何かを台無しにしたくないと思っています。私も含めて、皆、何が起こるかを待つしかないと思います。

2020年の4月にきっぱりと出演を否定した口調とはうってかわって、今回は噂に対してかなり曖昧な表現にとどめました。コックスさんは先日行われた Comicbook.com とのインタビューで、トレーラーの人物は自分ではない」とファンの考察を否定していますが、それとデアデビルが登場するかどうかは別の問題という事のようです。

一部報道ではこの「トレーラーの人物が自分(チャーリー・コックスさん)ではない」発言を理由に、「やはりデアデビルは登場しない」と断定していますが、コックスさんの発言を丁寧に見れば、まだこの噂はグレーゾーンに維持しておきたい心境のようです。

長くても公開までの約3ヶ月、短ければその間に公開されるトレーラーにて新たな真実が判明するかもしれません。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2021年12月17日 米国公開予定です。

ソース:Daredevil Star Is ‘Anxious’ About Possibly Ruining Spider-Man: No Way Home’s Surprises

-ドラマ, 映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「シャン・チー」監督インタビューにて時系列やポストクレジットシーンの有無が明らかに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作する映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のデスティン・ダニエル・クレットン監督が、海外メディア FANDANGO …

ドン・チードルさん、ドラマ「アーマーウォーズ」はコミック神話をひっくり返すだろうと語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アーマーウォーズ」の主演を務めるドン・チードルさんが、海外メデ …

ドラマ「ロキ」、シーズン2についてミス・ミニッツ役声優が「それを知った人は剪定しなくては」

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 現地時間の2021年10月22日から2021年10月24日にトロントで開催された「Fan Expo Canada: Limited Editi …

ドラマ「シークレット・インベージョン」、監督がヴィランについて「ただの悪人ではない」と語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」のアリ・セリム監督が、海外メディ …

トム・ヒドルストンさんが「ソー4」や「ドクター・ストレンジ2」のカメオの噂について「アンドリュー・ガーフィールドではない」と語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マイティ・ソー」シリーズやドラマ「ロキ」でロキを演じたトム・ヒドルストンさんが、海外メデ …

PREV
ケヴィン・ファイギ社長、「インクレディブル・ハルク」はゴジラ映画の影響を受けていると明かす
NEXT
今度こそ出演?マーベルUKがキアヌ・リーブスさんの誕生日お祝いのツイートをするも即削除し波紋を呼ぶ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。