まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ブリー・ラーソンさん、映画「キャプテン・マーベル2」のニア・ダコスタ監督を絶賛

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・マーベル」の主演ブリー・ラーソンさんが、次回作の監督に抜擢されたニア・ダコスタ監督について、彼女の仕事ぶりや作品を絶賛しました。

sponsored link
 

「A Little Late With Lilly Singh」に出演したラーソンさんは、「すごいことです・・・それが発表されて、話しが出来るようになってとても興奮しています。ニアは素晴らしいし、彼女はふさわしいからこそ、その仕事を手に入れたの。それが私の好きな部分の一つね。彼女は信じられないほどのプレゼンをしてくれたし、私は彼女に刺激を受けているわ!彼女は自信を持っていて、マーベル・ユニバースに足を踏み入れることはとても大きなことだわ。私はここにいるべきだ、という自覚があるリーダーがいることは大切な事です」と語りました。

ダコスタ監督は「ソー」シリーズのブリュンヒルデ/ヴァルキリー役のテッサ・トンプソンさんが出演する「ヘヴィ・ドライブ」で知られるようになり、今回マーベル・スタジオから「キャプテン・マーベル2」の監督として抜擢されました。

「キャプテン・マーベル2」では引き続きブリー・ラーソンさんが主演でキャプテン・マーベル/キャロル・ダンバースを演じるほか、ディズニープラス独占タイトルのドラマ「ミズ・マーベル」よりミズ・マーベル/カマラ・カーン役のイマン・ヴェラーニさん、「ワンダヴィジョン」よりモニカ・ランボー役のテヨナ・パリスさんが登場することが明かされています。

映画「キャプテン・マーベル2」は 2022年11月11日 米国公開予定です。

ソース:Captain Marvel 2 Star Brie Larson Praises Nia DaCosta’s Work on Sequel

-映画
-,

執筆者:

関連記事

脚本家が明かす、映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で初期メンバーが残った理由

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)のラストではサノスが全てを賭けた宿願を達成した結果、多くのヒーローが命を落とす結果となってし …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、ネイモアのあそこが編集されていた事が判明

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」が先日公開され、米国では4.1億ドルから4.3億ドルを売り上げる見込みでヒットして …

2021年以降のマーベル映像作品、公開、配信日まとめ

2020年12月12日現在の、今後のマーベル映像作品の公開日、配信日のまとめです。マーベル・スタジオのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)とソニー・ピクチャーズ制作のスパイダーマン関連の作品 …

セレステ・オコナーさんが映画「マダム・ウェブ」にキャスティング

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」にセレステ・オコナーさんがキャスティングされたと、海外メディア Variety や Deadline が …

マーベル・スタジオが新たに「リブート版デアデビル」や宇宙モノ作品を計画中

ディズニープラス向けドラマ「ムーンナイト」や映画ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の公開を控えるマーベル・スタジオの新たな計画が動き出していると話題になっています。2022年3月1 …

PREV
ドラマ「ワンダヴィジョン」にあのキャラが登場? ─ メイキングが垣間見えるトレーラー、”Story Featurette”が公開
NEXT
映画「ブラックパンサー2」にマイケル・B・ジョーダンさんが再出演と報じられる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。