まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブラックパンサー2」にマイケル・B・ジョーダンさんが再出演と報じられる

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー2」に、前作でメインヴィランのキルモンガーを演じたマイケル・B・ジョーダンさんが再出演すると海外メディア FandomWire が報じました。

「ブラックパンサー2」は制作が進行中である事が明かされているものの、主演であるブラックパンサー/ティ・チャラ役を務めていた俳優のチャドウィック・ボーズマンさんが亡くなっているため、今後の展開がかなり不透明な状況となっています。

しかしスタジオ側は公式に、ティ・チャラ役をリキャストしないこと、ティ・チャラをCGで再現しないことを現状で名言しているため、選択肢として考えられるのは今の所「ワカンダの新たな王、ブラックパンサーを物語の中で擁立すること」しかなくなっています。

マイケル・B・ジョーダンさんは1作目でメインヴィランのエリック・キルモンガーを演じ、ブラックパンサーと死闘の末倒れ、最後は自身の骨を海に散骨して欲しいとティ・チャラに告げました。その後、エリックが実際に死亡したのか、散骨したのか、といったことは言及されていません。

エリックはティ・チャラとは従兄弟にあたる人物で、血縁としてはワカンダの王族になるため、改心しているのであればブラックパンサーとなってもおかしくない人物の一人です。ワカンダの技術で再生されている可能性の他、突飛なところではマルチバースを介して善人のエリックが登場する、などが話題となっています。

その他、コミックに基づいてシュリが女王となりブラックパンサーとなる可能性や、ティ・チャラの元カノ、ナキアが引き継ぐといった話題も出ていますが、実際にどうなるかはまだまだ不明です。

sponsored link
 

単に回想シーンやハーブの儀式の際の不思議な空間での出演なども考えられるため、ジョーダンさんが主演候補として考えられているのかはわかりません。今後の続報にも要注目となります。

映画「ブラックパンサー2」は 2022年7月8日 米国公開予定です。

ソース:Michael B. Jordan Returning For Black Panther 2 (EXCLUSIVE)

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「マダム・ウェブ」の新たな舞台裏写真でスーパースーツ姿の人物が目撃される

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」の新たな舞台裏写真がリークされ、主演のダコタ・ジョンソンさんとその傍らに立つスーパースーツ姿の人物が …

「アベンジャーズ5」脚本家が「アクロス・ザ・スパイダーバース」への関与を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ」5作目の「ザ・カーン・ダイナスティ」や「アントマン&ワスプ:クアントマニア」の脚本を担当するジェフ・ラヴネスさんが、ソニー・ピクチ …

「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」、ウォンが主人公説にベネディクト・ウォンさんが「本当に僕なの?」と困惑

マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」でウォンが主人公であるという噂について、ウォンを演じるベネディクト・ウォンさん …

映画「サンダーボルツ」のアートが公式から消えたと言う

2022年のD23 Expoにて発表されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「サンダーボルツ」。イベント時に同時に公開された公式のコンセプトアートが、公式ウェブサイトやアートを描いた …

【噂話】MCU「スパイダーマン4」はSSUへの接続を探求し始めると言う

マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン4」が、2018年の「ヴェノム」から始まったSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニ …

PREV
ブリー・ラーソンさん、映画「キャプテン・マーベル2」のニア・ダコスタ監督を絶賛
NEXT
貼ってはがせるマーベルデザイン壁紙「Decol」発売中

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。