まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

サノス再び!?海外で”サノスリターン計画”の情報

投稿日:2020年7月13日 更新日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ1から3までのインフィニティ・サーガにおいて、ラスボスとも称されるスーパーヴィランのサノスはその圧倒的なパワーと行動をアベンジャーズたちに見せつけ君臨していました。

sponsored link
 

そんなサノスも「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019年)にて、ついに倒されてしまいスクリーンから去ることになりました。

そんな中、海外メディアのThe Directが、マーベル・スタジオが今後のMCUで再びサノスを登場させる計画があると伝えています。

記事では遠くない未来にサノスが戻ってくる、と記されていますが具体的な情報として言及されていません。

フェーズ4のリストでいうと、直近で可能性が高いのは映画「エターナルズ」。ここにサノスの登場余地があるかもしれません。

MCUでサノスの家族は養子であるガモーラとネビュラしか描かれていませんが、父親の名前だけはヴォーミアにてレッド・スカルから「アラース」と指摘されています。

コミックでのアラースはエターナルズのメンバーであり、メンターという名で活動しています。そして、サノスの弟エロスもまたエターナルズのメンバーであります。アラースやエロスが映画「エターナルズ」に登場するかはわかりませんが、登場する場合は回想シーンなどでサノスが登場するのは自然な流れと言えます。

もうひとつの可能性としては、ドラマ「ワンダヴィジョン」と映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」から本格的に描かれるマルチバースから別のサノスが登場してくること。

しかしマルチバースという設定はなんでもありになってしまうので、実写映画での運用はかなり慎重になるのではないでしょうか。


サノスがメインヴィランとして帰ってくる可能性は低いと思いますが、登場すること自体はそこまで不自然ではありません。

果たしてサノスはスクリーンに戻ってくるのでしょうか?

ソース:Marvel Studios Reportedly Considering Thanos’ Return in Upcoming MCU Movie

-映画
-,

執筆者:

関連記事

ソーがオーストラリアの天気予報番組に出演し話題に

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)で雷神ソーを演じる俳優のクリス・ヘムズワースさんが、オーストラリアのニュース番組「The Today Show」のお天気コーナーにサプライズ出演し、その動 …

クラーク・グレッグさんがMCUに登場すべきS.H.I.E.L.D.エージェントを語る

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」に出演中の俳優のクラーク・グレッグさんが、LooperとのインタビューでMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)における今後のS.H.I.E.L.D.につい …

映画「ブラックウィドウ」の新しいポスターが公開

映画「ブラックウィドウ」から新たなポスターが公開されました。ポスターには、ナターシャ、エレーナ、メリーナ、アレクセイ、O・T・ファグベンルさん演じる謎のキャラクター(ポスター右上)、タスクマスター、そ …

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」から削除シーンの写真が公開 ─ ストレンジをサポートするワンダの姿

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019年)から削除されたワンシーンの写真が公開されました。 ハリウッドの写真家であるチャック・ズロトニックさんがweb上でシェアしたものです。 Deleted …

LEGOもトニーの誕生日をアイアンマンのブロックでお祝い

先日、4月4日はトニー・スターク(アイアンマン)を演じるロバート・ダウニーJrさんの55歳のお誕生日でした。 SNS上では共演した俳優さんたちがお祝いのコメントを寄せていましたが、マーベルとビジネス関 …

PREV
「ウルトラマンの日」を記念して、コミック「ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン」のプレビューが公開
NEXT
ヒュー・ジャックマンさん、米ディズニープラスで配信開始となった映画「X-MEN:フューチャー&パスト」で自身のお尻が無修正であることを確認

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

◆2021年3月19日「モービウス」(日本未定)
◆2021年5月7日(金)「ブラックウィドウ」MCU
◆2021年6月25日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本未定)
◆2021年7月9日「シャン・チー」MCU






管理人ミルク

アメコミと出会ってはや10年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。