まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

サノス再び!?海外で”サノスリターン計画”の情報

投稿日:2020年7月13日 更新日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ1から3までのインフィニティ・サーガにおいて、ラスボスとも称されるスーパーヴィランのサノスはその圧倒的なパワーと行動をアベンジャーズたちに見せつけ君臨していました。

sponsored link
 

そんなサノスも「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019年)にて、ついに倒されてしまいスクリーンから去ることになりました。

そんな中、海外メディアのThe Directが、マーベル・スタジオが今後のMCUで再びサノスを登場させる計画があると伝えています。

記事では遠くない未来にサノスが戻ってくる、と記されていますが具体的な情報として言及されていません。

フェーズ4のリストでいうと、直近で可能性が高いのは映画「エターナルズ」。ここにサノスの登場余地があるかもしれません。

MCUでサノスの家族は養子であるガモーラとネビュラしか描かれていませんが、父親の名前だけはヴォーミアにてレッド・スカルから「アラース」と指摘されています。

コミックでのアラースはエターナルズのメンバーであり、メンターという名で活動しています。そして、サノスの弟エロスもまたエターナルズのメンバーであります。アラースやエロスが映画「エターナルズ」に登場するかはわかりませんが、登場する場合は回想シーンなどでサノスが登場するのは自然な流れと言えます。

もうひとつの可能性としては、ドラマ「ワンダヴィジョン」と映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」から本格的に描かれるマルチバースから別のサノスが登場してくること。

しかしマルチバースという設定はなんでもありになってしまうので、実写映画での運用はかなり慎重になるのではないでしょうか。


サノスがメインヴィランとして帰ってくる可能性は低いと思いますが、登場すること自体はそこまで不自然ではありません。

果たしてサノスはスクリーンに戻ってくるのでしょうか?

ソース:Marvel Studios Reportedly Considering Thanos’ Return in Upcoming MCU Movie

-映画
-,

執筆者:

関連記事

【映画紹介】「アベンジャーズ」チーム誕生の物語【MCU Vol.6】

※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 2012年公開の映画「アベンジャーズ」MCU(マーベル …

映画「ブラックパンサー」─ 金曜ロードSHOW!で3月20日(金・祝)地上波初放送!

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の18作品目、映画「ブラックパンサー」が地上波初放送となります。 ブラックパンサーの初単独作品なので、MCUが初めてでも大丈夫。本作はアメコミ映画で初めて …

映画「ブラックウィドウ」日本語吹替版のキャストが発表

2020年11月6日公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)最新映画「ブラックウィドウ」の日本語吹替キャストが公式サイトで発表されました。 主役のナターシャ・ロマノフ役には映画「アベン …

東京コミコン2020が12月4日~6日に開催決定 ─ 会場は例年通り幕張メッセに

今年もポップカルチャーの祭典「東京コミコン2020」が12月4日(金)から6日(日)の3日間、開催決定となりました。会場は例年通り幕張メッセとなります。 Youtubeで公式PR動画が公開され、昨年の …

ジョン・ジョナ・ジェイムソン役のJ・K・シモンズさん、複数の「スパイダーマン」映画出演の契約をしていることを明かす

俳優のJ・K・シモンズさんがPeopleTVの番組「Couch Surfing」内でのインタビューにて、今後のスパイダーマン映画への出演を契約していることを明かしました。 sponsored link …

PREV
「ウルトラマンの日」を記念して、コミック「ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン」のプレビューが公開
NEXT
ヒュー・ジャックマンさん、米ディズニープラスで配信開始となった映画「X-MEN:フューチャー&パスト」で自身のお尻が無修正であることを確認

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

◆2021年4月29日(金)「ブラックウィドウ」MCU
◆2021年6月25日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本未定)
◆2021年7月9日「シャン・チー」MCU
◆2022年1月21日「モービウス」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。