まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブラックウィドウ」、劇場公開の計画を維持 ─ 柔軟な対応も視野に

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」が新型コロナウイルスの影響で劇場公開を大きく遅延させていることについて、ウォルト・ディズニーCEOのボブ・チャペック氏は、現状は劇場公開の計画のままであることを明らかにしました。

sponsored link
 

チャペック氏はディズニーの2021年度第1四半期決算の電話ミーティングの中で、「ブラック・ウィドウ」の5月公開の状況についての質問があり、以下のように回答しました。

今の所は劇場公開を目指しつつけています。しかし、私達はとても、とても注意深く状況を見守っています。

現状では「ブラックウィドウ」のプレミアアクセスはないとしながらも、柔軟な対応をしていくと述べました。

2020年の夏には実写版「ムーラン」を劇場公開を断念し、ディズニープラス上でプレミアアクセスとして公開、そして今月には「ラーヤと龍の王国」を劇場とディズニープラスによる同時公開を発表しました。プレミアアクセスはディズニープラス会員が追加で2,980円(税込3,278円)を支払うことで、オンライン視聴出来るようになる追加のサービスです。ムーラン、ラーヤと海外でも同じ料金で設定されたため、ブラックウィドウに限らず今後プレミアアクセスとして公開される作品も、この料金設定の可能性が高いように考えられます。

以前よりディズニーは主要な投資家から「ブラックウィドウ」のオンライン公開を迫られていましたが、「ムーラン」の時に起こった劇場側やキャストやクルーからの反発などを考慮し、慎重な姿勢を見せています。また、映画「ブラックパンサー2」までには制作陣への報酬形態なども、同時公開やプレミアアクセスに対応したものに変更していく構えを見せていました。

「ブラックウィドウ」の公式あらすじは以下の通り。

ブラック・ウィドウの前に突如現れた“妹”エレーナ。
姉妹は、自分たちを暗殺者に育てたスパイ組織レッドルームの秘密を知ったことで命を狙われる。
唯一の味方は、かつて組織が生み出した“偽りの家族”だけ。
だが、この家族の再会によって、レッドルームの恐るべき陰謀が動きだす!
ブラック・ウィドウの作られた過去との戦いが、世界の命運を握る。

映画「ブラック・ウィドウ」は 2021年4月29日 より日本公開予定です。

ソース:‘Black Widow’ Still On Course For Theatrical Release

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ブラックウィドウ」脚本家がトニー・スタークのカメオの計画があった事を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の脚本を担当したエリック・ピアソンさんが、 Phase Zero ポッドキャストの中で、アイアンマン/トニー・スタークを演じるロ …

ルッソ・ブラザーズがMCUにおけるアイアンマン復活について語る ─ 「説得力があり革新的ならありえる」

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の監督をつとめたルッソ兄弟が、 海外メディアのCinema Blendのインタビューの中で、トニー・スタークが今後の …

ディズニープラスの新コンテンツ「Marvel Studios’ ASSEMBLED」が発表

ディズニーが自社のストリーミングサービス「ディズニープラス」向けコンテンツとして「Marvel Studios’ ASSEMBLED」の配信決定を発表しました。米国で2021年3月12日か …

マーゴット・ロビーさんがマーベル・スタジオと最終交渉に入っていると報じられる

女優のマーゴット・ロビーさんがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品への出演に関して、マーベル・スタジオと最終交渉に入っていると、海外メディア Giant Freakin Robot が報 …

ケヴィン・ファイギ社長がベネディクト・カンバーバッチさんがMCUのアンカーになった理由を説明

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でドクター・ストレンジを演じるベネディクト・カンバーバッチさんが現地時間2月28日にハリウッドの殿堂入りを果たし、「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム( …

PREV
映画「ドクター・ストレンジ・itMoM」新鋭俳優アダム・ヒューギルさんがリントラ役にキャスティング
NEXT
映画「キャプテン・マーベル2」ヴィラン役にゾウイ・アシュトンさんがキャスティングと報じられる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年1月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。